ゆうゆうブログ 

「子供と一緒」を楽しむブログ

恐竜博2016 大阪 

大阪の天保山で開催中の、

恐竜博2016に行って来ました。

 

f:id:nyuuko:20161230195937j:plain

 

2017年、1月9日までなので後11日。

結構ギリギリですね(笑)

 

年末なので、空いているかな?と思ったのですが、

思ったより沢山の人達がいました。

店員さんに聞くと、ここ2,3日で来場者が増えている様です。

年末休みの効果ですね。

また、直ぐ隣が海遊館なので、海遊館から恐竜博に来たり、恐竜博から海遊館に行ったりする人達が結構いたようです。

 

入館料

 当日券だと

大人:1500円

大学生:高校生:1000円

中学生、小学生:800円

 

海遊館入館セットの券だとお得です。

*(カッコ内が海遊館入館料)

大人:3600円(2300円)←200円お得

大学生:高校生:3100円(2300円)←800円お得!

中学生、小学生:1800円(1200円)←200円お得

www.kaiyukan.com

 

駐車場

私達は車で行ったのですが、駐車場は海遊館に停めました。

1300台停めれて海遊館と隣接するマーケットプレイスの地下にあります。

何せ直結していて小さな子供がいると便利なので

海遊館に来る時はいつもこの駐車場を利用しています。

 

平日 200円/30分(最大料金1200円)

土日祝 250円/30分(最大料金2000円)

 

少し歩いても大丈夫、と言う方は、

徒歩3分の場所に

TOMOパーキング天保山があります。

平日の最大料金が700円 

土日祝は1400円なので、何とも魅力的ですが、駐車台数はわずか5台。

空いているかどうかは運しだいです。

 

8分くらい歩けるならタイムズ海遊館前第3駐車場もあります。

平日の最大料金が600円

土日祝は1800円

こちらも駐車台数が19台なので、なかなか難しかも知れません。

 

食事について

天保山マーケットプレイスが隣接しているので

食事場所に困ることはありません。

レストランや、フードコートなど沢山あります。

ただ、年末年始のこの時期は何時もにも増して観光客が多くなっているので、

遅くても12時前にはレストランに入ることをお勧めします。

でないと、かなりの待ち時間を要する事になるかと思います。

 

もちろん恐竜博を開催している大阪文化館でもレストランがあり、

現在は恐竜博とコラボして、恐竜カレーのメニューが出ていました。

 

恐竜博について 

この恐竜博、そんなに大規模ではないのですが、展示が工夫されており、恐竜をリアルに感じられるようになっています。

 

実物化石がある 

f:id:nyuuko:20161230195838j:plain

 竜脚類の本物の化石がありました。

そして、触れます。

ザラザラしている箇所は、筋や肉が付いていたそう。

何だか生生しくて、ドキドキしてしまいました。

 

 

日本初公開の化石がある

f:id:nyuuko:20161230200133j:plain

恐竜に最も近いアシリサウルスや、

恐竜の赤ちゃんなどの、日本初公開の化石がありました。

 

 恐竜の歯に触れる事が出来る

f:id:nyuuko:20161230200411j:plain

こちらは本物ではありませんが、

ティラノサウルスと、スピノサウルスの歯が

どの様な形、感触をしていたかを体験できます。

 

恐竜の鳴き声が聴ける

f:id:nyuuko:20161230200701j:plain

パラサウロロフスの子供にタッチすると、鳴き声を聴くことが出来ます。

 

その他、研究者たちのエピソードのビデオや、

ティラノサウルスやスピノサウルスの全身骨格の標本が大迫力であったりして

とても楽しませてくれました。

 

お土産屋さんも盛況で、

沢山の人たちがヌイグルミやマグネット、

本や、鉱物を手にレジに並んでいました。

個人的には恐竜博オリジナルチョコボールが一押し!

4個が1セットになっており、2セット買うと何と1セットがタダになります。

4個セットが702円なので、12個を1404円で買える事になるので

通常のチョコボール100円を買うのとそんなに変わらなくなりますよね。

お土産には可愛いし、珍しいし、値段もお財布に優しいので

沢山配る予定がある人にはなかなか良いと思いました。

 

f:id:nyuuko:20161230202117j:plain

 

恐竜博も後わずかですが、もし時間がある方は是非行ってみて下さいね♪

 

 

 

//トップに戻るボタンの設定
//トップに戻るレンジの設定