ゆうゆうブログ 

子育て、遊び場、食事など「子供と一緒」を楽しむブログ

大阪から『水木しげるロード』へ車で行って来ました。電車、バス、車を比較!

妖怪好きな息子のため『ゲゲゲの鬼太郎』の聖地、鳥取県境港にある『水木しげるロード』へ行って来ました。

f:id:nyuuko:20170310214832j:plain
私が行く前に実際に調べたバス、電車、車の交通費と所要時間をご紹介したいと思います。これから境港へ行こうと思っている皆さまの参考になれば嬉しいです。

 

大阪から境港へのアクセス方法

f:id:nyuuko:20170308113154g:plain

 近くて遠い、鳥取県。バス、電車、車で行く事が出来ます。

 

【バ ス】

例≫

梅田(8:30)⇒米子(12:05)
米子(13:01)⇒境港(13:49)

 

【所要時間】
米子まで3時間40分
米子から境港まで約50分

 

【料 金】
4,800円(梅田⇒米子)+650円(米子⇒境港)

*1 大人1名の片道料金。子供は半額
*2 バスは日本交通と日の丸自動車利用

 

安いのが魅力のバス。けれども小さな子供連れには難しそうです。限られたトイレ休憩や、長時間大人しくしているのは至難の業。しかも車酔いしやすい。

一番のネックはトータルの時間でした。

実は米子から境港までのバスの本数は非常に少なく、1時間に1本程度。大阪から米子のバス到着時間にピッタリあったバスがないんです。

米子から境港までの電車も1時間に1本程度。こちらもやはり、タイミングがなかなか合わず、米子駅での待ち時間が非常に長くなってしまいます。

自宅からだと6時間はかかりそうなので、却下となりました。

  

【電 車】

例≫

梅田(8:53)⇒米子(12:18)
米子(12:29)⇒境港(13:13)

*新幹線、特急やくも利用(乗換有)

 

【所要時間】4時間20分

 

【料 金】
10,490円

*大人1名の片道料金

 

 運転もしなくて良いし、乗り物酔いも殆どない、と思い電車で行く事を考えましたがいかんせん運賃が高い。大人の運賃だけで、

往復4万円以上掛かってしまいます。

 しかも、大阪から米子まで運転している『JR特急やくも』は振り子式電車で揺れが激しく電車酔いする人が続出するとのこと。息子も私も酔いやすい体質なので、断念しました。

 

【 車 】

自宅⇒境港

 

【所要時間】4時間弱

 

【料 金】
約5,000円/片道
*ETC利用

 

無茶苦茶安いです。しかも、荷物も家から積んでいけます。短所は私の負担が大きい事。

私は約10年程のブランクがあるペーパードライバーで運転には全く自信なし。しかも夫は運転出来ないので、運転手は私一人です。

正直近くのスーパーまでの道程もドッキドキなのに、夫と幼子2人を乗せ、米子までの280キロの道のり(+境港)を、果たして無事に運転できるんだろうか?と、不安でしたが、この料金を見て結局車で行く事に決めました。

 

大阪から境港までのドライブ

境港よりも米子の方が宿の選択が多い事から米子に宿を取りました。一日目は米子までのドライブです。

 

大阪から米子までの車のルート

 大阪市内⇒中国自動車道⇒米子自動車道

 

 ルートとしては大阪市内を抜け、中国自動車道を通って米子道へ入ります。

ただ大阪市内から中国自動車道へ入る道は車線も多く、車線変更もバンバン皆するのでここを抜ける事が私にとっては最難関でした。

 けれども中国自動車道にさえ入れば簡単。後はひたすら道なりに走るだけで、しかも週末でも道がすいていて走りやすく、快適でした。手に汗はかいていたんですけどね(笑)

 

加西サービスエリアで休憩がおススメ!

加西までで、ちょうど米子までの半分弱の距離です。

f:id:nyuuko:20170310215337j:plain
加西サービスエリアは大阪から米子へ行くまでで一番大規模なサービスエリアになります。

手軽に食べれるフードコートから、レストラン、ベーカリー、土産物屋、給油、インフォメーションセンター等充実しています。

f:id:nyuuko:20170310215509j:plain
写真はランチに食べたラーメンなのですが、海苔に「加西ラーメン」と書いていて子供達が読めないながらも喜んでいました。

加西SAまで自宅を出発してからすでに2時間程たっており、

本当にたどり着けるのかな?

と不安でしたが、幸い加西から落合JCTまでは思ったよりも早く着き、気持ちが軽くなりました。

でも、実は米子道が私にとっては難関だったんです。

 

米子道のトンネルに要注意!

 米子道を走るまで、全く知らなかったのですが実はこの道は

トンネルが無茶苦茶多いんです。

蒜山や、大山等の名だたる山々が連なっているため、落合からゴールの米子まで約60キロの道中のトンネル数は何と

 20個以上

何の予備知識もなく連続トンネルを運転しなくてはいけなくなり、私は半泣き状態でした。一番長い摺鉢山トンネルなんて、4キロもあります。人生でこれ程長いトンネルを通った事などなかったのでビビりまくりました。

子供達は私の緊張を感じ取ってかトンネルに入る度に

かぁか、頑張れ~!

頑張れぇ~

と惜しげもない頑張れコールと、小さな手で拍手を送ってくれ、チビッ子たちの励ましのお陰で乗り切れました。お母さん、頑張りました!

不幸中の幸いで、トンネル内でも私たちの車しか走っていない程空いており、何とか走り抜ける事が出来ましたが、もしビュンビュン車走ってたら絶対ムリだったと思います。米子に着いた時は、ちょっと涙が出ました(笑)

 

 

大阪から米子までの時間

車のナビでは4時間弱でしたが、実際に大阪の自宅から、ゴールの米子までは5時間かかりました。休憩は加西SAで一度ランチ休憩を取っただけです。

とにかく休憩よりも一刻もゴールにたどり着きたい!との思いで運転しましたが、もう少し休憩しながら行った方が後で疲れなかったかと思います。

子供達に関しては車中で寝る事が多く、長時間の乗車でしたが比較的スムーズに移動出来ました。

f:id:nyuuko:20170310221103j:plain
写真は米子ICを降りて直ぐにあるお菓子の壽城です。

何のお城なんや??

と謎でしたが、米子城を再現した有名なお土産屋さんらしく、山陰のお菓子や海産物から和菓子の製造工場を見学出来たり、山陰の歴史の展示を見れたりする観光スポットとの事でした。

私達は全く知らず、素通りしてひたすら宿を目指してしまいましたが、もし皆さまが米子に行ったら寄ってみると良さそうだなぁ、と思って記事に載せてみました。

 

米子から境港までのドライブ

 米子から境港までは約30分のドライブ。道も道なりなので、分かりやすかったです。

水木しげるロードのある境港は日本でも有名な漁師町なので、あちこちに美味しい魚が食べれるお店があります。私達は水木しげるロード内でランチを食べましたが、車があると、色々なお店にいけるかと思います。

www.yuyublog.net

 

ゆうゆう的まとめ

慣れない長距離運転ですっかり疲れてしまいましたが、それ以上に家族を無事に米子まで連れてこれた満足感でいっぱいでした。

帰りの運転もあったので、旅行中もずっと緊張感が続いてしまい、物凄くハイテンションでしたが楽しく過ごすことが出来ました。

実は帰阪後、熱を出して寝込んでしまったんですけどね(笑)

この後、随分運転に自信をつけ、1,2時間の運転なら「米子に比べたら近い」と思ってするようになりました。

運転は相変わらず苦手で嫌いなのですが、普段行けないような場所に家族で出かけられると「頑張ろう!」と思えます。

皆さんも、機会があれば鬼太郎がいる鳥取県まで遊びに行って見てくださいね!

 

ゆうゆうでした