ゆうゆうブログ 

美味しい食べ物と子供とお出かけブログ

菅原神社のおひざ元、御菓子司『天神餅』の天神餅

ちょくちょく行く和菓子のお店、御菓子司『天神餅』。お店のすぐ東側には堺で有名な進学校、泉陽高校があり、西側に進むと以前ご紹介したメロンパンで有名なパン工房プランタンがあります。【関連記事】堺市プランタンのメロンパン 

f:id:nyuuko:20170607220339j:plain

 こちらの名物はお店の名前の通りの

 

天神餅!

 

創業1952年以来の商品で、北海道産の小豆と滋賀県産の餅粉を使用した素朴な味わいのお餅です。

f:id:nyuuko:20170607220258j:plain

ちょっと平たい形が良いんです♪中は粒あんがギッシリ入っていて、優しい甘さで子供達もペロリ。

 

お店では、この天神餅をはじめ、苺大福、葡萄大福等のフルーツの入った大福や、豆乳プリン、くるみ餅などがあります。

f:id:nyuuko:20170607220656j:plain

 

面白いのがコレ。

f:id:nyuuko:20170607220813j:plain

 堺のいにしえ

 

古墳の形をしたお菓子です。何と、抹茶バター生地を古墳の形をした最中に流し込んだそうで、抹茶の緑が古墳にコンモリと繁る木々の様!気になる中は、タンカンジャム(柑橘類)が入っています。堺のお土産としては、とってもインパクトがあるのではないでしょうか。

 

次に思わず2度見してしまうのがコレッ!

f:id:nyuuko:20170607221244j:plain

 

勝栗です。

 

f:id:nyuuko:20170607221259j:plain

上手く写真を撮れず、面目ないですが何がスゴイって、その大きさなんです。

大人の拳位の大きさデカい!

 

 名前の通り、栗の入ったお菓子です。縁起の良さそうな名前から

 

受験生のオヤツや、取引先への手土産に良さそうです!

 

そうそう、こちらの天神餅さん、どうして天神さんと言う名前がついているか分かりますか?『天神餅』のお店は、菅原神社の近くにあり、この神社を地元では「天神さん」と呼んでいるんです。

f:id:nyuuko:20170607222516j:plain

あまり大きな神社ではありませんが、由緒ある神社で菅原道真公を祭っているため、受験生には人気の神社です。また、産業振興の守護神、天穂日命も祭っている事から1月には戎祭りが行われ、沢山の参拝者が訪れて大賑わいになります。

 

また、境内には蛍が飼育されており、6月の中旬には一般の人々に向けて無料で蛍の鑑賞会が行われます。私は一度子供を連れて行った事があるのですが、凄い人で待つのが大変でした。確か1時間以上待ったと思います。でも、暗闇の中を飛ぶ蛍は幻想的でした。

 

今日のお土産

f:id:nyuuko:20170607223023j:plain

みんな大好き、わらび餅です。

 

f:id:nyuuko:20170607223051j:plain

一つが大きいので、切り分けてきな粉をタップリかけていただきます。プルっプルで美味しいです♡

 

この他、天神餅もいただきました。何かご利益ありそう~♡

 

天神さんに由縁のある『天神餅』、お近くまでいらっしゃったら是非除いて見てくださいね~♪

 

【住 所】大阪府堺市堺区車之町東3丁1-1

【電話番号】072-233-0987

【営業時間】9:00~19:30(日曜日のみ19:00)

【定休日】月曜日

【駐車場】無

【アクセス】

阪堺線「花田口」より東へ徒歩5分

南海本線堺駅より東へ、高野線堺東駅より西へ徒歩約15分

【その他】

堺高島屋の名菓百選で、毎週日曜日「豆乳プリン」販売

 

//トップに戻るボタンの設定
//トップに戻るレンジの設定