ゆうゆうブログ 

「子供と一緒」を楽しむブログ

『えんそく ごいっしょに』

『えんそく ごいっしょに 』を借りてきました。この本は幼児向けの本です。「えんそく ごいっしょに」なんて、楽しそうだと思いませんか?

今回は楽し気なタイトルと、ユーモラスな絵に惹かれて借りて来た『えんそく ごいっしょに』をご紹介したいと思います。

f:id:nyuuko:20170705163246j:plain

 対象年齢 

幼児~

年長の娘に借りてきました。全て平仮名で書かれており、少しずつ字を読む練習をしている5,6歳の子供にピッタリ、と言った感じの本です。

10秒で説明えんそくごいっしょに

遠足に出掛けた泥棒達が、出かけた山の中で刑事さん達に出会います。一緒に遠足をする事になったのですが、泥棒達は、正体が気付かれないかとドキドキハラハラ。 

優しく、そしてユーモラスある絵とお話

泥棒達の顔は、皆悪そうなのに何だか憎めない。刑事さん達も、いかにも正義感のある人達です。

普通は「捕まる」「捕まえる」仲の泥棒と刑事が一緒に遠足に出掛けるのですからドキドキ、ハラハラ。いつバレるの!?と思いながら、最後まで読みました。

f:id:nyuuko:20170705165613j:plain

娘はお兄ちゃんと違い、積極的に本を読むタイプではありませんが、この本は面白かったようで「何か好きなんよなぁ~」とのこと(笑)何度も読んでとせがまれました。

まだ字を「単語」としてとらえるのが難しい5歳の娘。なかなか自分自身で話を読みませんが、絵は良く見ます。

本を開いてじっ~と絵だけ見つめながら、読んで貰ったお話の内容を思い出したり、自分で色々と想像したりしているんでしょうね。そう考えると「絵本」って本当に良いな、と思います。 

『えんそく ごいっしょに』の著者


お話は小竹守道子(こたけもりみちこ)さん
が、絵はひだきょうこさんが描かれています。

小竹さんは子育て中に子供の本の楽しさに目覚め、童話を書き始めた方で、絵本講座を受講後デビューされたそうです。素敵ですね。

ひださんは、神奈川県生まれの絵本作家、イラストレーターです。優しく、ユーモラスのある画風で何とも魅力的な絵を描かれています。

日本だけでなく、フランスや韓国などでも本が出ており、優しい色合いの絵は特に女の子が好きそうだと思いました。
娘のために、またひださんの別の本を借りて来ようと思っています。

えんそくごいっしょに

えんそくごいっしょに

 
まほうのケーキをつくりましょ (カラフルえほん)

まほうのケーキをつくりましょ (カラフルえほん)

 
むぎちゃんのピクニックシート (むぎちゃんのえほん)

むぎちゃんのピクニックシート (むぎちゃんのえほん)

 

 

//トップに戻るボタンの設定
//トップに戻るレンジの設定