ゆうゆうブログ 

子育て、遊び場、食事など「子供と私」を楽しむブログ

レゴランド大阪の混雑状況、食事やショップについてのご紹介

大阪天保山にあるレゴランド・ディスカバリーセンター大阪(以後レゴランド大阪)は日本で2つしかないレゴディスカバリーセンターの1つです。

レゴ大好きならば、是非遊びに行って貰いたい遊び場!

今日はレゴランド大阪の混雑状況や、食事場所、お店等についてご紹介したいと思います。

f:id:nyuuko:20170713112641j:plain

 

レゴランド大阪の混雑状態は?

GWやお盆などの特別な期間をのぞくと、平日が空いています。と言っても子供連れで平日はなかなか難しいですよね。

土日祝なら10時のオープン同時入場か夕方16時以降が狙い目。しかも16時以降なら事前予約で一人1,600円と言うお得なチケットが入手出来ます。

レゴランド大阪は再入場不可(年間パス保持者除く)のため、ランチを済ませた人たちや、すぐ傍にある海遊館で遊んだ人たちが入って来るのでお昼以降は大変混雑します。

特に土日のお昼過ぎは凄い人なので、出来る事ならその時間帯は避けたいものです。

 レゴランド大阪の食事

①レゴランド大阪内にあるカフェで食べる

施設内一番奥にカフェがあります。

f:id:nyuuko:20170114173045j:plain

持ち込み禁止にもかかわらず、食事は軽食しかありません。

【食事メニュー】
カレーライス(600円)
ホットドック(450円)
おにぎり(150円)
サンドイッチ(380円~)

 

【スイーツ】
キャラメルポップコーン(300円)
マフィン(300円)
アイス(400円)
クッキー(200円)

 

【ドリンク】
コーラ等(S280円、M320円)
コーヒー等(350円)
パックジュース(100円)
その他(160円~200円)

 

正直、もう少し、メニューを改善して欲しい。
特に冬場は暖かい食事がカレーしかなく、辛かった・・・。
爽健美茶が200円・・・。高いです!

f:id:nyuuko:20170114205754j:plain

 

 ②天保山マーケットプレイスで食べる

午前中に入場して2、3時間遊んだら退場し、マーケットプレイス内で食べる、と言う手もあります。

レゴランド大阪が入っている天保山マーケットプレイスには、9つのレストラン・カフェと、フードコート、「なにわ食いしんぼ横丁」の21店舗が入っており、かなりの選択肢があります。

我が家は夫も息子も大のお寿司好きなので、大抵『がんこ寿司』へ。がんこは比較的空いており、席も広々としているので落ち着いて食事が出来るのでおススメですよ。

「大阪の老舗の味を食べたい!」と思うなら、「なにわ食いしんぼ横丁」
関西名物グルメのフードテーマパークだそうで、お好み焼きの「ぼてぢゅう」や、オムライスの「北極星」等、大阪の老舗のお店が入っています。その他、ラーメンや丼物のお店もあって「B級グルメ街」と言った感じで面白いですよ。

時間によってはとても混雑しています。12時、1時頃にランチを天保山マーケットプレイスでとろうとすると、物凄く混んでいるので1時間近く待つハメになります。注意してくださいね。

  

レゴランド大阪のレゴショップの品揃えは?

f:id:nyuuko:20170114212931j:plain

出口を出ると、レゴランドのショップがあります。
このショップはレゴランド入場者以外の人も利用可能で、豊富な種類のレゴブロックに目移りしそう!

キーホルダーや、人気のレックスナイツやニンジャゴーのグッズもありましたよ。

お値段はトイザらスやアマゾンで購入した方が絶対的に安いですが、自分でオリジナルのミニフィグを作れるビルドアミニフィグや、好きなパーツを量り売りで購入できるピックアブリック等があり、ついつい何か記念に買って帰りたくなります。

我が家は大抵ミニフィグを購入します。これが一番安い(笑)

年間パスポート保有者は10%オフなので、パスをお持ちの方は提示を忘れない様にして下さいね。

レゴショップの営業時間は11時から。レゴランドの入場時間は10時からなので、1時間遅れで開店です。ご注意下さいね。

 

ゆうゆう的まとめ

いかがでしたか?

食事はレゴランド内だとあまり選択はなく、再入場も出来ないのでマーケットプレイスで食べるか否か、悩む所。個人的にはもう少しカフェを充実して欲しいなぁ、と思っています。

とにかく時間を良く考えて来ないと、混雑した中で遊ぶ事になってしまいますので予定をたて、楽しい時間を過ごして下さいね!

 

ゆうゆうでした