ゆうゆうブログ 

「子供と一緒」を楽しむブログ

気軽に遊べる『咲くやこの花館』へ行って来ました

大阪で開催中の『虫を食べる植物展』を見るため『咲くやこの花館』へ行って来ました。初めての『咲くやこの花館』は思ったよりコンパクト。夏休み中はスペシャルスタンプラリー等のイベントが多く開催されているので、子供を連れてちょっとお出かけするにはピッタリです。

f:id:nyuuko:20170724202555j:plain

 

『咲くやこの花館』とは

1990年に開催された『花と緑の博覧会』のメインパビリオンとして建設されました。建物の外観は鶴見緑地がかつて湿地帯だったことから、そこに咲く「蓮」をイメージして建てられたそうです。花って、複雑な形ですよね。

熱帯から極地までの草花を栽培しており、常に300種類以上の花を見る事が出来ます。
特別展示室や、植物に関する絵本コーナーから、家庭の植木の相談も出来る「花と緑の相談コーナー」も。園芸好きには何とも嬉しい施設です。

 

『咲くやこの花館』の入場料と割引

・大人500円、中学生以下無料
(30人以上は1割の団体割引)
・年間パスポート2,500円
(プレゼント付き)
*当日のみ再入館可


また、以下の乗車券、カードの提示で入場料が1割引(450円)になるのでお持ちの方は忘れず携帯して来て下さいね。

・大阪市交通局1日乗車券
「エンジョイエコカード」
・OSAKA PiTaPa
・スルッとKANSAI
・イオンモール鶴見緑地カード

 

f:id:nyuuko:20170724164439j:plain

  

『咲くやこの花館』での注意点

・日傘使用禁止
  日傘が植物に当たる可能性があるので使用禁止です

・夏場は虫よけスプレーを使用
 外部園庭には蚊等の虫がいます。館内入口で無料でかしてくれるので、是非使用することをおススメします。

 

『咲くやこの花館』で何が見れるの?


館内は大きく4つのパーツに分かれており、全く違った植物を見る事が出来ます。
この4つの部屋から外部園庭へと進むことが出来るのですが、夏場は結構暑く、日傘をさせないので覚悟が必要です。

①熱帯雨林植物室(ジャングルの世界。蘭、睡蓮、ガジュマル等)

f:id:nyuuko:20170724165649j:plain


②熱帯花木室
(インドネシア等の熱帯の雰囲気。バナナ、マンゴー、ブーゲンビリア)

f:id:nyuuko:20170724165709j:plain


③乾燥地植物質
(世界の乾燥地の植物。サボテン、多肉植物)

f:id:nyuuko:20170724165726j:plain


④高山植物室
(冷涼な地域の植物を自生地の環境に近い状態で栽培)

f:id:nyuuko:20170724165851j:plain

 

北極圏の植物も見る事が出来ます。コーナーとしては僅かなスペースでしたが、普段見る事のない、極寒の地で懸命に咲く植物の姿に感動しました。

f:id:nyuuko:20170724170042j:plain

 

『咲くやこの花館』のランチはどこでする?

【館内のレストラン】

レストランが1つあり、簡単な食事が出来ます。
お弁当(700円)やカレーライス、きつねうどん(600円)、フライドポテト(300円)等のメニューがあり、レストランというより食堂に近い感じです。

f:id:nyuuko:20170724200724j:plain

 このレストランは入館者以外も利用出来るため、館内へ戻る場合は出口で入場券の半券か、再入場券を見せなければいけないのでご注意を!

 

【館内で食べる】

一部エリアでは飲食可能なので持ち込み出来ます。また、再入場が出来るため、気候が良い日は外で食べると良いかも知れません。添付の地図にコンビニ表示しておきましたので参考にして下さいね。

 

 おわりに

全部見て回っても、1時間程かと思います。今回は食虫植物展を見たので2時間以上滞在しました。

館内にはいつも美味しく食べているマカダミアナッツや、アボカドの木があり、とても興味深かったです。もし行ってみたら、探して見て下さいね!

 

【関連記事】

ウツボカズラがいっぱい!食虫植物が見れる大阪の植物園『咲くやこの花館』

 

 

『咲くやこの花館』の基本情報 

【住 所】
〒538-0036 大阪市鶴見区緑地公園2-163

【電話番号】
06-6912-0055

【営業時間】
10:00~17:00
(入館は16:30まで)

【定休日】
月曜休館 休日の場合はその翌平日)
年末年始(12/28~1/4)

【駐車場】
花博記念公園 鶴見緑地「中央第2駐車場」200台 
100円/20分(最大1,000円)

【アクセス】 
≪電車≫
地下鉄長堀鶴見緑地線「鶴見緑地駅」から徒歩約10分
≪車≫
・近畿自動車道大東鶴見I.C
(北行)より約8分
・近畿自動車道門真I.C
(南行)より約10分 
・阪神高速守口線
 森小路ランプより約10分

【その他】授乳室、貸出ベビーカー、コインロッカーあり

//トップに戻るボタンの設定
//トップに戻るレンジの設定