ゆうゆうブログ 

「子供と一緒」を楽しむブログ

カビまで取れる!エアコンクリーニングで分かった事(料金、方法)

エアコンクリーニングをしました。エアコンを買って10年。初めての経験です。

夏に酷使した我が家のエアコン。かつてない程カビくさい臭いがしたため自ら掃除したものの、全く臭いが改善せず。これはもうプロに頼むしかない!と今回初めて申し込みました。

結果は「早く頼めば良かった」

料金や、クリーニング前後の写真も載せているので、エアコンクリーニングを考えている方は参考にして貰えると嬉しいです。

どの業者を選ぶ?

さて、エアコンクリーニングする事には決めたけど、何処の業者さんにするか随分迷いました。いかんせん初めてなので予備知識ゼロ。

ホームセンターや、ダスキンなどのお掃除屋さんに頼んだらよいのか。全く分からなかったので、取り合えずネット上で探して見る事にしました。

 

基本料金や時間の目安

 

  • 壁掛けタイプ 
    (1万円前後/台)
  • 天井埋め込みタイプ 
    (1万7千円前後/台)  
  • 所要時間:2~3時間 


これに今はやりの「お掃除機能付き」エアコンになると、料金が5千円程度プラスされます。

また、複数台にすると、割引価格になる事が殆どのようです。因みに我が家は2台(1万7千円)して貰いました。その内1台にオプションの消臭コート(2千円)とドレパン取り外し(3千円)を付けて貰い、合計2万2千円のクリーニング代になりました。


基本料金に何が含まれているのか

以下は一般的な目安です。業者によって違う事もあるので必ずご確認下さい。

  • 外装カバー清掃
  • フィルター洗浄
  • 内部の高圧洗浄
  • ドレインパン洗浄    

これに消臭コートや室外機洗浄などのオプションを付けて料金を決定します。

 

口コミの大切さ

私は何かを選ぶ時、必ず口コミをチェックします。勿論口コミは100%ではありません。人によって感じ方や捉え方も違うでしょうし、中にはお金を払って良い口コミを載せる悪質なケースもあります。

それでもやはり、おおよその感触を得るために口コミは大切かと思います。

比較サイト利用のメリット

一つずつ業者を検索するには時間が掛かります。比較サイトがあれば、複数の業者の口コミを見れるので、比較サイトの利用をおススメします。

 

ゆうゆうが選んだ比較サイト

「くらしのマーケット」

ハウスクリーニングや家事代行、不用品回収などのサービスをネット上で予約できるサイトです。たまたま検索していて出て来たサイトでした。

こちらのサイトで良かったのは、料金やサービスの明記は勿論、現在までの予約状況が分かる事。これが分かると予定が立てやすいので申し込みまでスムーズでした。

この他にも色々比較サイトがあると思うので、是非とも調べて見てくださいね!

 

クリーニングの様子

 見てください!ちょっと分かりくいかも知れませんが、クリーニング前にはブルーのファン部分がブルーだと分からない位に汚れていました。高圧洗浄後はピカピカです。

エアコン清掃前
エアコン清掃後

  ドレパン部分も外して洗浄して貰いました。通常ドレパン部分まで清掃する必要はないそうですが、(ファン洗浄時にドレパン部分の汚れはある程度落ちるため)私が数日前にこの羽部分を強引に引っこ抜いて掃除してしまい、本体に取り付けられなくなったためドレパン部分も取り外しして貰いました。

「綺麗になった!」と羽部分を洗った時には喜んだんですが、3千円も余分な出費に(泣)本格的な掃除はやはりプロに頼まないとダメな物なんですね。

清掃前
清掃後


 掃除時は周囲に汚れが付かないよう、完全にエアコンを囲ってくれます。

汚水の流れるホース

 凄い色した汚水がバケツの中に!
これ、全部カビやホコリかと思うと卒倒しそう。

掃除後の汚水

 

おわりに

自分で言うのもなんですが、結構綺麗好きでこまめに掃除はしていた方だと思います。フィルターは勿論、中も手が届く範囲で拭いていました。

でも、10年もファン部分を掃除しないと恐ろしい事になってるものなんですね。我が家の息子が喉が弱いので、クリーニングして本当に良かったと思いました。

エアコンはもうカビ臭くないし、出てくる空気も綺麗な気がする!

今回クリーニングしてみて良かったので、業者さんにクリーニング時期の目安を聞いてみました。エアコンの使用頻度にもよりますが、2、3年に一度で良いとの事。

私の頼んだ業者さんは基本料金が2台1万7千円だったので、1台8千5百円。3年に一度だとすれば、年間にすると3千円以下で綺麗にして貰えます。

夏が終わって秋が来て、すぐに寒い冬がやってきます。そうなる前に、一度エアコンクリーニングをしてみても良いかも知れませんね。

ゆうゆうでした

//トップに戻るボタンの設定
//トップに戻るレンジの設定