ゆうゆうブログ 

「子供と一緒」を楽しむブログ

子供の英会話教室は個人?大手?体験レッスンを受けさせて思った事

ゆうゆうです。昨日子供達に英会話の体験レッスンをさせて来ました。つ、疲れた~。

体験レッスン:plain

子供達はまだ7歳と5歳。英語は早いような気もしつつ、春からずっと見ているEテレ『エイゴビート』の視聴ですっかり英語に興味を持つように。

【関連記事】
 子供の英語の勉強はNHK講座で結構イイ線行けそうな気がする

何か物を渡すと「センキュー」。眠たくなると「アイムスリーピー」と言って来ます。別に親が教えている訳でもないのに、こんな風に話す(と言う程でもなけど)姿を見ると、親バカな私は「これは英会話に行かせる?行かせどき??今がそう?」と思ってしまい、個人教室の体験レッスンへ行かせる事に。

実は夏休みにも時間があったので、大手英会話教室の体験にも行かせた事が。二人とも「無茶苦茶楽しかった~!」と喜んでいましたが、あまりの授業料の高さに尻込みし、そのままにしている状態です。

大手と個人教室、どちらの体験もさせたので、感じた事をまとめてみようと思います。もしこれからお子さんを英会話教室に通わそうかと迷っているなら、参考にして貰えると嬉しいです。

 

体験で感じたこと

≪大手教室≫

メリット
  • 先生の質がある程度保証されている
  • テキスト等が良い
  • 幼児クラスは日本人スタッフがヘルプ 
デメリット
  • 料金が高い(テキスト代も)
  • 先生の出身国を選べない
    (英語が母国語でない先生も)
  • 大手スーパー内等に入っており、余計な買い物をしそう

 

≪個人教室≫

メリット
  • アットホーム
  • 融通が利く
  • 料金が安い(事が多い)
  • 先生の出身国で選べる  
デメリット
  • 先生の質がマチマチ
  • 子供のクラス分けが曖昧 
  • テキスト選びも先生次第  

 

昨日行った教室は、ネイティブの方が個人でされている教室で、待合室等にソファやテーブル、おもちゃ等があり、とても寛げる空間になっていました。

特筆すべきなのは「スナックタイム」があったこと!子供は単純にオヤツが貰えて嬉しいし、お菓子の準備や食べる時、お皿を下げる時等の会話を学ぶ事が出来ます。

親も自由にレッスンを見る事が出来るので、授業のススメ具合や子供の様子も分かるのは勿論、私自身のヒアリングの練習にもなって一石二鳥。

ただ、先生が早口でドンドン話すので、ハッキリ言って幼稚園児の娘はかなり戸惑っていました。何をしているのか分からないのに、授業だけは進んでいく状態。

ネイティブの自然なスピーキングのスピードはヒアリングに良いかも知れませんが、それ、大人レベルじゃないですか??と思ってしまいました。

私自身も現在ゆる~い英会話教室に通っていますが、分からない事は先生に質問し、授業に参加しています。分からないと面白くないのは大人も一緒です。

1週間に1度のレッスンで慣れるとは思えず。「習うより慣れよ」方式なら最低でも週2,3回は行かせたいけど、当然お金も時間も掛かってくるので考える所です。


子供達の感想

実際に体験した子供達に、夏休みい行った大手の英会話教室か、昨日行った個人教室かどちらが良かったか聞いてみました。

 【兄:7歳】どちらも楽しかった。
   ≪大手≫英会話自体が楽しかった。
   ≪個人≫お菓子が出て来たり、ゲームをしたのが楽しかった。

 

【妹:5歳】大手の方が楽しかった。
≪大手≫分からない所は(日本人の)お姉さんに聞けた。
≪個人≫分からなくて困った。でもお菓子は貰えて嬉しかった。

 

子供達、完全にお菓子の魅力にヤラレテます(笑)
でも、英会話自体は二人とも大手の方が楽しかった良く分かったよう。今回体験させた2つの教室では、大手に勝敗が上がった感じでした。

 

おわりに


私自身も個人や大手の英会話教室に通った事がありますが、やはり大手はカリキュラムがしっかりしています。組織なのでその辺りは厳格。

ただ先生がネイティブでない場合も。トルコやフランスの方が講師だったりすると、「そうなの!?」と思う私。英語はネイティブ並みなんだろうけど、出来ればイギリス、カナダ、アメリカ辺りの講師にお願いしたいなぁ。

個人教室は自分の頑張り次第で生徒が減ったり増えたりするので、サービス精神旺盛な方が多いですが、英語を分かりやすく教える技術にはかなり個人差が。ある程度話せる人なら会話力を伸ばす意味では良さそうです。

大手の方が、我が家の子供達には良かったですが、如何せん授業料が高いので、もう少し他も探してから行かせるかどうか決定したいと思います。体験レッスンなど行った時は、またレポートしますね!

ゆうゆうでした!

//トップに戻るボタンの設定
//トップに戻るレンジの設定