ゆうゆうブログ 

「子供と一緒」を楽しむブログ

漫画『日本の歴史』が面白い!入門に「戦国人物伝」をおススメする理由

今日も今日とて息子のために本を借りて来ました。コミック版の日本の歴史シリーズの「戦国人物伝」です。

 

f:id:nyuuko:20171015220116j:plain

『加藤清正』を学校の図書で借りて来てから戦国時代にハマってます。
「お母さん、何の七本槍だった?」なんて言う質問がガンガン来るのでスマホが手放せない私です。(正解は、賤ケ岳の七本槍)

私自身、学生の頃は歴史が好きで大学は史学科を選びました。でも、悲しいかな、全く記憶に残っていません(涙)今回子供のために借りて来た本を読んで、私自身も「そうそう、そうだったよね~!」とテンションが高くなる始末です。

それでは、今日は漫画で読む『日本の歴史』(戦国人物伝)をご紹介したいと思います。

 

対象年齢

小学生低学年~

出てくる漢字は普通の小説並みにありますが、振り仮名が打たれています。昔の地名や名前等が特にややこしいですが、漫画なので抵抗なく読む事が出来ます。

 

10秒で説明戦国人物伝シリーズ

企画・原作・作画が分かれており、漫画本としては思いのほかしっかりとした内容になっている。1巻で1人の人生を読む事が出来るので非常に読みやすい。

 

 

戦国人物伝シリーズをおススメする理由

 

魅力的な登場人物と時代背景

今も昔も、好きな時代を問われると「戦国時代」と答える人が結構いるのではないでしょうか?戦国時代には、魅力的な人物が沢山出て来ます。

そして、実力のある者がのし上がっていく下克上の時代。生き残りをかけて、叡智の限りを尽くして生きる姿は何ともドラマティックです。

 

絵が綺麗

とにかく主人公が皆イケメン。伊達政宗なんて、惚れてしまいそうな程のカッコよさです。巻によって、作画が違うので、同じ人物でも主人公になればイケメンで、サブや敵役なんかになると、すっごい悪者顔になってる事もあり面白いです。

漫画はやはりビジュアルの影響が大きいので、綺麗な絵だと子供の興味を惹きつけやすいと思いました。

 

簡単に読める

やはり漫画なので、スムーズに読めます。沢山漢字が出て来て読み飛ばしたとしても、絵があるのでそれ程困る事なく読み終える事が出来ます。気になる所も、漫画なら抵抗なく何度も読み返すことが出来ます。

 

結構本格的

決まったページ内で完結させなければならないため、結構話を端折っていたりする所がありますが、重要な箇所はそれなりにインパクトを持たせるように描かれています。参考文献もかなり多く、1巻で本格的な内容になっています。

巻末には年表等もあり、何年に何が起こったのかを分かりやすくまとめています。

 

 

戦国人物伝シリーズは何巻まで出ているの?

戦国人物伝シリーズは、2017年6月現在29巻まで出ています。最新刊は、2017年4月に出た『今川義元』。家康や信長本でブサイク顔で出ていた義元が、無茶苦茶イケメンで思わず突っ込みを入れたくなりました。

↓コレが最新刊の『今川義元』本

戦国人物伝 今川義元 (コミック版日本の歴史)


こちらが他の本に出てくる今川義元。もはや完全たる別人です・・・

今川ブ
今川ブサイク

まさに、歴史は勝者の側から書かれる物なんですね。

 

おわりに

子供には、歴史の勉強と言うより、自分が「こう言った歴史があったからこそ、今ここに生きている」という事を感じて欲しいなぁ、と思っています。まだ低学年なので、難しい事は分からないでしょうけどね。

戦国時代と比べると、今生きているこの時代は何て平和で素晴らしいんでしょう。心底ありがたく感じます。息子よ、君もこのありがたさを分かっておくれ。

大人が読んでも面白いので、もしお子さんに借りてきたら、是非とも読んで見てくださいね。


ゆうゆうでした

 

戦国人物伝 伊達政宗 (コミック版 日本の歴史)

戦国人物伝 伊達政宗 (コミック版 日本の歴史)

 
戦国人物伝 織田信長 (コミック版日本の歴史)

戦国人物伝 織田信長 (コミック版日本の歴史)

 
戦国人物伝 前田利家 (コミック版 日本の歴史 (36))

戦国人物伝 前田利家 (コミック版 日本の歴史 (36))

 
戦国人物伝 武田信玄と上杉謙信 (コミック版日本の歴史)

戦国人物伝 武田信玄と上杉謙信 (コミック版日本の歴史)

 
//トップに戻るボタンの設定
//トップに戻るレンジの設定