ゆうゆうブログ 

「子供と一緒」を楽しむブログ

オセロを買いに行ったら、リバーシになっていた!違いって何?

先日従妹の家で、子供達がオセロをさせて貰いました。面白かったようで「オセロ欲しい!」とのリクエストを受け、早速我が家でも買う事に。

善は急げと近くの玩具屋さんに行ったら・・・

「リバーシ」って名前になってる!!

 

f:id:nyuuko:20171021212634j:plain

えっ!?オセロじゃないの!??と驚きつつも、ど~みてもオセロだったので購入しました。

ハイ。結果購入した商品自体は私の知っているオセロと同じでした。プラスチック製のボードには凹凸があり、駒が動かない!すごい~!進化してる~!

じゃあオセロとリバーシって、何が違うの?と言う訳で調べてみました。

 

オセロとは

1973年に長谷川五郎氏が挟み囲碁から考案したゲームです。

オセロと言うネーミングはシェークスピアの『オセロ』から来ており、黒白の駒は、肌の黒いムーア人のオセロと白人の妻を連想させます。

ボードの色が緑色なのは『オセロ』の舞台であるイギリスの緑の平原を表しているそう。

また、英語圏では嫉妬=緑色が連想されるので、嫉妬と復讐をテーマとした『オセロ』の話からも、ボードの色が緑になっているのかも知れませんね。

まさに敵、味方が頻繁に裏返る『オセロ』はネーミングとしてはピッタリです!

オセロゲームは

  • 先手は黒から
  • マス目は8x8
  • 最初にボードに置く駒は中央の左下と右下が黒。右上と左下が白


等のルールが決まっています。
そう言えば、最初に駒を置く場所、昔母親に言われた気がする・・・(←遠い)

遊び方は駒を黒白交互に挟んでひっくり返し、駒が多い方が勝ち。単純だけど、子供も大人も結構熱中しちゃいます。

 

リバーシとは

1883年にイギリスで考案されたゲームで『Saturday Review』と言う当時のロンドンの新聞でこのゲームについて述べられています。

ボードの中央に駒を2つずつ並べる事からスタート。同じ駒(グループ)で挟んで自分の仲間を増やしていく方法は、オセロと同じ。マス目の数も、色も特に決まっておらず、比較的自由なボードゲームになります。

 

可愛いリバーシを発見!


じゃあ結局オセロやん!と思ったのですが、Amazonで「リバーシ」で検索すると色々可愛いのが出て来ました。

 

エントリーナンバー1番

猫好きにはたまらない白猫、黒猫のリバーシ。ボードはクリスタルになっていて、インテリアとしてもお洒落。でも、5,000円近くするらしい。た、高い!

SHIRONEKO・KURONEKO REVERSI

SHIRONEKO・KURONEKO REVERSI

 

 

エントリーナンバー2

「 レア派」と「こんがり派」に分れて対決するBBQリバーシ。串も6本ついていて、串焼きにしたり、おままごとに出来たりしてかなり楽しそうです。無茶苦茶可愛い!

BBQリバーシ10

BBQリバーシ10

 

 

 エントリーナンバー3番

 サンタさんやトナカイが可愛い♡絵合わせも出来ます。駒数も少ないので、小さなお子さんへのプレゼントに良さそうです。木製。

リバーシ&えあわせクリスマス

リバーシ&えあわせクリスマス

 

 

おわりに

オセロはリバーシの一種で、よりゲーム性の高いものなんですね。世界的に愛好者がいるオセロゲームの考案が、日本人によるものだと知って、嬉しくなっちゃいました。

購入してから結構頻繁にやりますが、5歳や7歳の子供達にも全力で立ち向かってしまいます(笑)手加減したら、負けそうで(恥)

お兄ちゃんは学校にもあるそうで、意欲的にやっています。娘も意外と楽しんでやっており、ちょっとビックリしました。こちらは駒をヒックリ返すのが単に楽しいみたい。

これから寒くなって来るので、お家でリバーシをするのも良さそうです。ミニサイズなら百均にもありますよ。退屈しのぎだけでなく、指先や頭の体操にもなって一石二鳥。熱中する事間違いなし!冬のお供にリバーシを♪

  
ゆうゆうでした~

 

//トップに戻るボタンの設定
//トップに戻るレンジの設定