ゆうゆうブログ 

「子供と一緒」を楽しむブログ

「英語が話せて良かったなぁ」と思ったちょっとしたコト。

40代専業主婦の私。特に何の展望もないのに英会話を習いに行っています。昔イギリスに数か月滞在したコトがあるけどもう15年以上も前で、あの頃の面影は全くナシ。

日本の街その通っている英会話さえも予習、復習もせず本当に「行って座ってる」だけなので、完全な趣味の域です。(否、勉強した方が、良いよね・・・)

そんなゆる~~い英語環境でも「昔取った杵柄」と言うやつで、簡単な英会話ならなんとなく出来たりして。

普段は家でかなり引きこもった生活をしているのですが、たま~に電車に乗ったり、難波や梅田なんか行くと、外国の人に話しかけられる事があります。

昨日も大阪市内を歩いていると、たまたま韓国の人に話しかけられました。

と言っても道を尋ねられる程度なんですが、そこで「え~、英語分かんないっ!何言ってるの~?」みたいな事にはならず、一応ちゃんと応える事が出来る訳です。

たったそれだけの事なんですが、やっぱり通じると楽しい。勿論、相手も喜んでくれて双方ハッピーに。人によっては「どこから来たの?」何てそのまま少し、お喋りをしたりして。

そういう時に、本当に英語を話せて良かったなぁ、と思うんですね。「話す」って言う程のレベルじゃないかも知れないけど、嬉しい。

例えば自分が海外旅行に行くと、分からない事が沢山あるので現地で色々尋ねるハメになる訳で、そういう時に親切にして貰うとかなり嬉しい。何せ「分からないコト」がある上に、そこは「異国」で心細いから。

ついでにちょっと会話が続いたりすると、もう「第二の故郷」とまでは行かなくとも、その国の印象がグッと良くなるから不思議。

だから、私は私で日本のイメージアップに多少は貢献しているのかも知れないなぁ、な~んて都合よく思ったりして。

もし外国の人に、突然何か尋ねられたら、どうするか。応えられるなら勿論、OK。きっと貴方も相手もハッピー、ハッピー。

でも、もし英語を喋れなかったら?
そんな時は、

日本語で応える!

ノープロブレム。全然大丈夫。日本語で応えても、大抵通じます。相手が場所を尋ねて来る時は、大体地図やスマホを持ってるから。指さしながら「こっちだよ~」とか「この角を曲がってね」何て言えば、大概通じるハズ。

だって、ホラ、海外のお客さんを相手にしているお店の人、日本語で対応してたりするでしょ?でも、ちゃんと買い物出来てる。なので、大丈夫です。

もし「日本語分かりません」と言われたら、「私も英語、分かりません。ソーリー」と言えば良し!

一番残念なのは、分からないから聞こえないフリして通り過ぎてしまう、とか、誤魔化し笑いして行ってしまうこと。自分が海外でされたら、ちょっとショックなので。(結構打たれ弱い私)

じゃあ英語喋れなくて良いじゃない、と言う話になるんですがそうはならない。話せないより、話せた方が、ずっと込み入った話が出来るから。

お店の場所を教えるくらいなら日本語で済むだろうけど、「そこのお店のアレ、美味しいよ!」とか「その近くにもっと素敵なお店があるんだよ」何て話まで出来ない。出来なくても良いけど、出来るともっと楽しい。

それに「ここは日本だから、日本に来たら、日本語で喋ってよね」と言う意見も聞くけど英語は世界共通言語なので、英語で尋ねられたら英語で返せたら良いな、と思う訳です。

英語はコミュニケーションツール。話せて通じると、単純に嬉しいし、相手も嬉しい。別に英語でディベートが出来る程流暢にならなくても良いけど、ちょっとした会話を沢山の人が出来れば、国内でも国外でもずっと楽しく過ごせそう。

そんなコトを考えて、「英語が話せて良かったなぁ」と思える人が沢山増えると良いなぁ、と思ったゆうゆうなのでした。

//トップに戻るボタンの設定
//トップに戻るレンジの設定