ゆうゆうブログ 

「子供と一緒」を楽しむブログ

映画『かいけつゾロリZZ(ダブルゼット)のひみつ』を観た感想など♪

2017年11月25日(土)公開の『かいけつゾロリZZ(ダブルゼット)のひみつ』を初日に観に行って来ました。今日は混雑状況や感想等を述べたいと思います。

映画の特典の小冊子

 

 

あらすじ

「いたずらの王者」を目指すキツネのゾロリと子分であるイノシシの双子イシシ&ノシシは、ひょんなことから過去の世界にタイムスリップしてしまう。そこで出会った素敵なレディに一目ぼれするゾロリだったが、なんと彼女は若き日のゾロリママ、ゾロリーヌだった。ゾロリたちは謎の怪獣に飲み込まれてしまったゾロリーヌを救い出すため、トレジャーハンターのゾロンド・ロンとともに立ち上がるが・・・。
出典:映画Com

 

ゾロリの声は、 山内宏一さんが続投。山内さんって「七つの声を持つ男」と言われているんですね。

気になって調べてみたら、アンパンマンの名犬チーズやルパンの銭形警部から、キアヌ・リーヴス、ブラットピット、トムハンクス等有名俳優さんの吹き替えまでされています。流石「七つの声を持つ男」凄い!

ゾロリーヌは「ももいろクローバーZ」の百田夏菜子さんが担当。私はももクロについて、何も知らないのですがとても可愛い声でした♡きっとももクロを採用したのは、「Z」が付いてるからでしょうね。芸が細かい。

もう一つ芸が細かい、と言えば、ゾロリ達をタイムスリップさせる事になるメカ「ゾロリ庵」。これ、バックトゥザフューチャーに出てくる車「デロリアン」から来てますね(笑)

 

感想

子供向けとは言え、結構面白かったです。親(ゾロリママとゾロリパパ)と子(ゾロリ)の話なので、子供がいる親は結構感情移入しちゃいそうです。私はまたもや子供アニメ映画なのに泣いてしまいました(涙)

今回、ゾロリの衣装についているZZ(ダブルゼット)の秘密が明かされるのですが、見ていて切なくなる展開です。お母さんであるゾロリーヌと、お父さんのゾロンド・ロンの馴れ初め等についても出て来て「へぇ~」と言った感じ。

切ない場面もありますが、いつも通りゾロリの寒いギャグや、イシシ、ノシシの強烈なオ〇ラも出て来ます。私の2人の子供達は、大笑いしてました。

また、作中には作者の原ゆたかさんと、奥さんの京子さんも出て来るんです!もちろん声もご本人たちのもの。結構大事な役をしていますが、どんな役で出たかは劇場でのお楽しみにして置いて下さいね。

混雑状況

 私たちは映画の前売りを購入した『なんばパークスシネマ』に見に行きました。映画初日で週末だった事から混雑を心配しましたが、ゆったりと見る事が出来ました。

★映画かいけつゾロリ『ZZ(ダブルゼット)のひみつ』前売券の特典


お昼の12時半からの上映でしたが「シアター3」の118席座れる館内で、3分の一くらいの観客数。丁度食事中の時間だった事から、少し少なめだったのかも知れません。

 

特典

映画の特典として、原ゆたかさん書き下ろしの『かいけつゾロリのなぞのファミリーヒストリー」と言う小冊子が付いています。全部で24ページ。ゾロリの本の「かいていたんけん」「ちていたんけん」のひみつ付きで、二冊とも持っている私たちは「へぇ!」とか「おおぉ!」と驚いちゃいました。

 

おわりに

子供が大好きなかいけつゾロリ。今回初めて映画を観に行きましたが、本同様、遊び心いっぱいで、親子共々楽しむ事が出来ましたよ♪

どんな本であっても映画化はこちらの抱いているイメージとギャップがあったりして難しい所ですよね。映画ゾロリも私のイメージしているゾロリとはちょっとギャップがあるのですが、ZZ(ダブルゼット)のママ、パパとゾロリのお話は面白かったです。

お子さんがゾロリ好きなら、是非とも観に行ってみて下さいね~

ゆうゆうでした

//トップに戻るボタンの設定
//トップに戻るレンジの設定