ゆうゆうブログ 

「子供と一緒」を楽しむブログ

御飯時の、子供のお米の量が、全く読めないっ!!

我が家には小学2年生のお兄ちゃんと、年長さんの妹がいます。

御握り

お兄ちゃんは扁桃腺が大きいせいか小食気味でしたが、夏頃から急に物凄~く食べるようになりました。

だいたい我が家の夕食はこんな感じ。

  • 子供茶わん一杯のお米
  • 味噌汁
  • お肉か魚
  • 野菜(付け合わせ)
  • 野菜や大豆(煮物や豆腐等)

 
そんなに多くもなく、少なくもないですよね?(ですよね!??)

最近は品数だけでなく、おかずのボリュームも増やすようにしています。
でも、パクパクパク~と食べてしまうと

「お米お代わり」

と言われる事が。

 「はいはい~」

と答えて取り合えずお茶碗に半分位入れてみる。

すぐに食べる。

「お代わり」

「えっ?まだ食べるん?」


今度はちゃんと、一杯入れて見る。

「お代わり」

「ホンマに食べれるかっ!?」

 

おかずを全て食べてしまっている時は御握りにしたり、フリカケをかけて食べさせています。

お茶漬けを許可した日なんかには恐ろしいコトに。普段あまり食べさせていないため「食べて良い」と言われた日の反動がスゴイ。

炊いたお米が家からなくなるまで食べつくします。君たちはイナゴですか!?

そして、5歳の娘の方もお兄ちゃんに対抗してか、単に食いしん坊なだけか、同じように食べます。明らかに食べ過ぎ。お腹がヒキガエルみたいになってるもの。

そして、炊いたお米や冷凍していたお米等食べつくすと

「バナナ食べた~い」

「こんにゃくゼリー食べた~い」

と言う始末。おかしいでしょ、キミ達。

「御飯の総量、少ないのかな?」と悩んで別の日にお米を多めに炊くと・・・

「お米ちょっとで良い」


なんでやねんっ!!

ハッキリ言って「どっちなんよ~(泣)」と思います。

お兄ちゃんは小柄なので、沢山食べてくれると嬉しい。けど「今日は沢山食べるのか、食べないのか」でちょっぴりドキドキします。毎日お米を何合炊けば良いのか、まるでロシアンルーレットの様な日々。

今はまだ小学校低学年。コレ、中高生になったらどんだけお米食べるのかな?

中学生のお兄ちゃんがいる知り合いで「外食前にオニギリ食べさせてから行く」と言うお家があるんですが、我が家もそうなるかなぁ。と思いました。

皆さんのお子さんは沢山食べますか?

モリモリ沢山食べてくれると「お米がなくなる~!」「お代わりのオカズがもうない~!」と思いつつも、何だか嬉しくなっちゃいますよね。

と言う訳で、今日もセッセと多めにお米を炊いておこう、と思ったゆうゆうでした。

//トップに戻るボタンの設定
//トップに戻るレンジの設定