ゆうゆうブログ 

子育て、遊び場、食事など「子供と私」を楽しむブログ

明日はクリスマス!ビスケット作りでサンタさんを迎える準備万端

今日はクリスマスイブ。毎年恒例になっている、サンタさんへのビスケット作りをしました。

クリスマス用の焼きたてビスケット 私と息子、娘の3人で毎年作っているのですが

ビスケット作ろうか♪

外で友達と遊んでるー

と、何ともつれない息子の返事。こうやって、少しずつ親から離れて行くんですね。シクシク。

でも、幸い娘の方はノリノリ。

やるやる~!

ちょっぴりホッとしました。

 

サンタクロースへのプレゼントを用意

プレゼントを持って来てくれるサンタさんに、お礼を込めて用意するのがこのビスケットとミルク。欧米では一般的なのですが、日本ではあまり知られていないようです。

初めて知った時に「素敵だな」と思い、それ以降、子供達にお礼の手紙と一緒に用意させるようにしています。

今年の息子の手紙には「いつもプレゼントありがとう。来年もよろしくお願いします」と書かれていました。・・・ちゃっかりしてます。

 

ビスケットとクッキーの違い

ところで皆さんはビスケットとクッキーの違いって知ってますか?

実は、同じものです(笑)

バター等の油分が多い物をクッキーと言う事もあるようですが、そもそも「クッキー」はアメリカ英語。

イギリスにはクッキーという言葉がありません。なので、イギリスでは私たちが普段クッキーと呼んでいるお菓子はビスケットなんです。

私はイギリス大好き人間なので、普段からクッキーの事をビスケットを言ってます(笑)

 

ビスケットをスペシャルにしよう!

我が家では、いつもビスケットにアイシングやチョコペン等でデコレーションします。見た目が可愛くなるし、美味しくなるし、何せ楽しい♪

娘がビスケットにデコレーションしている様子子供達はあれこれ工夫しながら色んなデコレーションでスペシャルビスケットにしていきます。

正直着色料が気になるのですが「ほんの少量、たまに使う分には良いかな?」と自分に言い聞かせて使っています。

チョコペンは百均で購入する事が殆ど。今は茶色、白、ピンクだけでなく、紫や黄色等、色んな色があってカラフル。

アイシングは大量に使う事が多いので、ちょっと面倒ですが手作りします。材料は卵白と粉糖と食紅のみ。シンプルで、簡単なので、作り方を載せておきますね。

アイシングの作り方

【材料】

  • 卵白(1個分)
  • 粉糖(200g)
  • 食紅(好きな色)   

 

【作り方】

  1. 粉糖と卵白を混ぜる
  2. 食紅を入れて着色

 

以上! 
ね、無茶苦茶簡単でしょ(笑)

 

【ポイント】
食紅はほんの少し入れただけでかなり色が付くので、色を見ながら少しずついれていくと良いと思います。

アイシングを全体に塗りたい時は水を入れると良いですが、数滴入れただけでとても緩くなるので注意しながら入れて下さい。もし入れすぎてしまった時は、また粉糖を足して硬さを調整して下さいね!

サンタさんへあげるビスケット

ゆうゆう的まとめ

趣味でお菓子を作っているので、少しぐらい焦げようが、割れようが、全く気にならず(笑)

子供には、ほんの少しアドバイスする程度でチョコペンや、アイシングで飾る分には好きにさせています。垂れる程アイシングを大量に載せてみたり、手に付いたチョコを食べてみたり。観察してるだけで随分面白いです。

明日はいよいよクリスマス。サンタさん達も明日の仕込みに張り切ってるかと思います。明日の朝、皆さんも子供達のニッコリ笑顔が見れますように!

 

ゆうゆうでした