ゆうゆうブログ 

子育て、遊び場、食事など「子供と一緒」を楽しむブログ

// 階層化

目指せ!スタバのアメリカンクッキー。しっとりチューイーなクッキーの作り方

スタバのアメリカンクッキー、お好きですか?私は大好き!どうしてもあのチューイーなクッキーが食べたくなり、作ってみました。

f:id:nyuuko:20180205105045j:plain
ナッツやチョコがたっぷり入ったクッキーは、ミルクティーと飲むとと~っても美味しい♡

今日は、歯にネットリとくっつくようなチューイーなアメリカンクッキーのレシピ等について書こうと思います。

 

アメリカンクッキーとは

ゴロッとした大きめのチョコレートが入った、やわらかい食感のクッキーです。市販のお菓子では、カントリーマアムが一番近いでしょうか。

f:id:nyuuko:20180206212351j:plain大きさも大きいのが特徴。とにかく食べ応えがあります。

手作り感のあるアメリカンクッキー、と言えばスタバのクッキーを思い出すのですが、実はものすご~く砂糖が入っているので高カロリーのクッキー。

それでも美味しくって大好きなので

体重と刺し違えても良い

と思って毎回買ってしまう私です。

 

アメリカンクッキーの作り方

f:id:nyuuko:20180205112121j:plainレシピ引用Cpicon クックパッドのMinPekoさんより

 

 

 

f:id:nyuuko:20180205112311j:plain

ポイント

  • バターに卵を混ぜる時は、数回に分けて入れて下さい。一度に入れると上手く混ざらなくなります。

  • 焼きあがるとビックリするぐらい大きくなるので、生地と生地の間隔は多めにとっておいた方が良いと思います。

  • オーブンによって色んな癖があるので、見ながら焼いて下さい。ほんのり小麦色になってきたら、出来上がりです。

  • クッキーをクッキークーラーに移し替える時は、柔らかすぎて手では不可能です。フライ返し等で行って下さいね。冷めるとちゃんと、硬くなりますよ~

f:id:nyuuko:20180205112335j:plain

材料について

無塩バターですが、今回は四つ葉の無塩バターを使用しました。

無塩バターをスーパーで購入すると、とんでもなく高くつく事になるので、お菓子作りを頻繁にしようと考えているならネットや製菓材料店で購入する事をおススメします。

ブラウンシュガーに関しては、私は家で普段使っているきび砂糖を使用しましたが、三温糖や、黒糖もブラウンシュガーです。茶色い砂糖の総称なので、茶色ければ何でも大丈夫。

 ナッツはこれまた家でいつもオヤツ代わりに食べている、ミックスナッツを適当に刻んで入れました。

いつも大量に食べるので、1キロ入りを成城石井やアマゾンで購入しています。おやつにも、お菓子作りにも、お料理にも使えておススメですよ!

 

スタバのアメリカンクッキーになったのか?

f:id:nyuuko:20180205112423j:plain

完成したクッキーは、と~~っても甘いクッキーでした。

否、コレ、甘すぎるやろ

砂糖の分量を量った時に

こんなに入れて、大丈夫なん?

と恐れ、おののいていましたが、やはり無茶苦茶甘いクッキーが出来上がりました。

感想から言うと、スタバのクッキーよりもずっと甘くて、平たいです。1回目の焼き上がりで平たくなる事が分かったので、2回目の時に生地を随分かさ高くして焼いたのですが、結局生地が広がって大きめのクッキーが出来ただけでした。

でもこのチューイーな食感は、大量の砂糖からきているので仕方ないと言えば仕方ないですね。もっと他のレシピも見て完成度を高めたいです。(←どーしてもスタバのクッキーを家で作りたい:笑)

一方、夫や子供達には大好評で、特に息子は

無茶苦茶美味しい!何枚でも食べたい!!明日も明後日もコレ作って~

と大絶賛の嵐でした。

ヨシヨシ、またお母さん頑張ります(笑)

欧米の、特にアメリカのお菓子は何を食べても砂糖がタップリ入っているので、これが正統と言えば、正統なのかも知れませんね。

 

ゆうゆう的まとめ

しっとりしたクッキーって、本当に美味しいですよね。あの歯にくっ付く感じが何とも言えません。自分で作ると、好きなだけチョコやナッツを入れれるのが手作りの良い所。

私は子供の頃からおにぎりせんべいも、カールも食べる一日前から袋を開けて、しけらせてから食べる程チューイーを愛する人でした。まぁ、ただの変人と言えばそれまでなんですが(笑)

アメリカンクッキーはチューイーなのが命なので、堂々とこの食感を好き、と言えて嬉しい限りです♪

皆さんも家で沢山作って、好きなだけ食べてみて下さいね!

 

ゆうゆうでした

//トップに戻るボタンの設定
//トップに戻るレンジの設定 //階層化