ゆうゆうブログ 

子育て、遊び場、食事など「子供と一緒」を楽しむブログ

読んだら絶対にはまる!『バムとケロ』シリーズは楽しい仕掛けがいっぱい。

『バムとケロ』シリーズの『バムとケロのそらのたび』を借りて来ました。

このシリーズ、ずっと前からその存在は知っていましたが犬のバムの顔がどうしても受け付けず(笑)手に取る事を躊躇していました。でも、一度読むと

無茶苦茶面白い!

今ではすっかり子供達だけでなく、私のお気に入りの本にもなっています。

今日は読めば絶対好きになる『バムとケロ』シリーズをご紹介したいと思います。

 

10秒で説明『バムとケロ』シリーズ

しっかり者で、包容力のある優しい犬バムと、散らかし名人のカエルのケロちゃんが繰り広げる日常を描いたお話。

 

対象年齢

・幼児から~

【出てくる文字】
全て平仮名/カタカナ(3,4単語)

【1ページの文字数】
30文字前後

 

出てくる字は全て平仮名です。一部カタカナもありますが、数単語のみなので幼児でも助けてあげれば何とかなりそうなレベルです。(まぁ「バム」と「ケロ」がそもそもカタカナやし)

 

『バムとケロ』シリーズの魅力って? 

バムとケロちゃんが可愛い

しっかり者で心優しいバムと、子供みたいに手のかかるケロちゃん。この全く違う性格のコンビの相性が最高に良い。

特にケロちゃんは部屋の中を散らかすのですが、バムは文句ひとつ言わずに片づけてあげています。あぁ、バムみたいになりたい・・・

正直読む前は、バムの首の皴や、特徴のあるマブタなど

何でこんな不細工なんや

と思っていましたが(ゴメンナサイ)、読み進むうちにこれが可愛く見えてくるから不思議!まるで『王家の紋章』のメンフィスマジックです。

 

ミニキャラクターに注目!

『バムとケロ』シリーズには、他にもキャラクターが沢山出て来ます。犬に、虫に、ハムスターに、3本耳のウサギに、モグラ・・・・。

大抵のミニキャラ達は、ストーリーとは全く関係ない事をページの中でしています。

椅子の下に、籠の中に、とアチコチに出現するキャラクター達は、ページをめくる事に移動したりしてそれを見つけるのがまた楽しい!絶対に見つけたくなる事間違いありませんよ。

 

食べ物が美味しそう

食いしん坊の私は、かなり真剣に絵本の中の食べ物を見る人間です(笑)

ジュースにケーキにドーナッツ、た~っぷりシロップの掛かったパンケーキ。どれを見ても本当に美味しそう♡

作中に出て来たお菓子やお料理のレシピが載った『バムとケロのおいしい絵本』と言う本まで出ており、私も早速図書館で借りようと思ったら全て貸出中でした。やっぱり大人気!

 

 インテリアが可愛い

バムとケロちゃんは一緒に暮らしているのですが、そのお部屋のインテリアが可愛いんです。

犬足?の椅子に、カラフルな ヘビのヌイグルミ、犬やカエルの形のベッドや椅子。とにかく遊び心いっぱいの家具や小物が沢山あって、まるで夢の国のお部屋みたいです。

現実の世界では機能性や実用性重視の物になりがちなので、絵本の中で夢みてます(笑)

 

細部まで丁寧に描かれた絵

ストーリー自体は極々普通のお話ですが、とにかく描かれる絵によって、話にグッと奥行きをもたらしており、独特な世界観を作り上げています。

1冊1冊の絵がとにかく丁寧で、細かい!小さなレースや、沢山のコウモリの目、ボタンに、小さなキャラクター達。どのページを開いても、思わず目を凝らしちゃうコト間違いなしです!

 

まとめて読むとさらに楽しめる

実は『バムとケロ』シリーズは、同時に複数冊持っているとより楽しむ事が出来ます。

と言うのはシリーズ内で出てくる物がいつも一緒だったり、少しだけ変わっていたりして、その違いを見つけるのが面白いんです。ちょっとした間違い探し、みたいな感じ。

なので、購入する時や図書館等で借りる時も、一度に手元に2冊以上あると、より楽しむ事が出来ますよ!

  

『バムとケロ』の著者について

著者は島田ゆかさんで、カナダ在住です。

島田さんは、東京デザイン専門学校を卒業後、パッケージデザインを経てフリーになりました。書店でアルバイトをしたのがきっかけで絵本に興味を持ち、絵本作家養成塾へ通ったのち作家デビュー。『バムとケロのもりのこや』で第4回MOE絵本屋さん大賞を受賞されています。

この『バムとケロのもりのこや』は、色塗りに約4年半の歳月をかけた、との事。スゴイ~!私はまだこの本を読んでないので是非とも読んでみたいです。

 

『バムとケロ』シリーズは何巻まで出ているの?

シリーズは、2017年6月現在『バムとケロのにちようび』の日曜日から始まって、木曜日までの5冊出ています。

最新刊はMOE絵本屋さん大賞を受賞した『バムとケロのもりのこや』。2011年1月に発売されたものなので、個人的にはもうそろそろ次の本が出て欲しい・・・。

絵本ではないですが、レシピ本『バムとケロのおいしい絵本』は2015年3月に発売されています。こちらは書き下ろしの4コマ漫画や、イラストに隠された美味しい秘密等が書かれているそうなので、こちらを最新刊としても良いかも知れませんね。

 

ゆうゆう的まとめ

『バムとケロ』シリーズは実際に手に取ってみるまで「絵が苦手」と言う人が多いのではないでしょうか?

作者の島田さんご自身も「ちょっと気持ち悪い顔」と認識して描かれています(笑)不細工を絵本の主人公にする、と言うこの発想にシビレます。

食わず嫌いならぬ読まず嫌いな方も多いかと思うので、是非とも見かけたら一度手に取って欲しいと思いながら今回記事にしました。

沢山の方が、バムとケロの魅力に気付きますように!

 

ゆうゆうでした。