ゆうゆうブログ 

子育て、遊び場、食事など「子供と一緒」を楽しむブログ

子供の習い事は「どんな大人になって欲しいか」で決めてみる

f:id:nyuuko:20180517164844j:plain

子供の習い事って、本当に沢山ありますよね。

そして、どれも凄く良さそうに思えるのは、私だけでしょうか?

我が家では、息子にロボット教室(月2回)、娘に絵画教室(月3回)、兄妹揃って体操教室(週1回)に行かせています。一人2つずつ。

正直、私としては他にも色々させてみたい。でも、もうこれ以上はお金も送迎も無理(笑)

とにかく今は子供の可能性を広げるため、沢山の選択肢があって色々迷ってしまいます。

丁度息子が小学校にあがった頃、周りのお友達が皆揃ったように学習塾や、ピアノ等に通いだし、どんどん差がつくような気がして焦った時期がありました。
そんな時に私が思った事を、今日は書いています。
 

東大や京大に行かせたいのか?

周囲の子供達が色々な習い事に行き始め、

ウチの子、遅れをとらへんかな?

と不安に思った時、夫に相談しました。すると返って来た答えが

東大や京大に行かせたい訳とちゃうやろ?普通にやってたらソコソコやるで

の一言。
ふ~む、なるほど。「ソコソコ」がどの辺りかは分かりませんが(笑)確かに私は息子を「東大や京大に行かせたい」と思っている訳では確かにないなぁ。
 

そう、ソコソコやってくれれば良い。

アレ?待てよ?じゃあソコソコって、一体どんな風になって欲しいと思ってるんだ??
夫に言われた事により、ちょっと立ち止まって考えてみました。
 

自分の子供が将来どんな大人になって欲しい?

とにかく、子供にはなるべく苦労させたくない。それが一番に思う事。

苦労して欲しくないから、ソコソコ良い大学に行き、安定した仕事に付き、それなりのお給料を貰って安穏たる暮らして欲しい。

でも、これってこれからの時代通用する考えなのかなぁ?正直、厳しい気がする。それにもしかしたら、親が「苦労してる」と思っていても、子供にとっては「苦労している」と感じない事もあるかも知れない。

そこで、私が将来子供に望む事を考えてみました。

  1. 思いやりのある人になる
  2. 食べていけるだけの収入がある
  3. 健康で毎日をHAPPYに過ごす

考えたら、求めているのはこの3つ。

別に東大に行って欲しい訳でもないし、大手企業で働いて欲しい訳でもない。ただ心身ともに健康で、食べていけるだけの収入を得て、楽しく毎日を過ごして欲しい。

もちろん、そこにプラスαがあればもっと良い(笑)でも、取り合えず大切なのは、この3つ。それが大事。

そう考えると、あんまりアレコレさせる必要なんてそんなにないのかも、と言う結論に達しました。

 

本当に子供の頃の習い事が将来に役立つ?

習い事について考える時、ついつい

ピアノは頭に良いらしいなぁ

とか、

ソロバンやってたら計算強くなるよな

とか、そう言った事を考えてしまいます。

でも、有名になった人が皆ピアノを習っていた訳ではないし、ソロバンは日本の物なので、海外の数学者は恐らくやった事はないハズ。

「色んな事(習い事)をして脳を刺激する」と言う意味では有効かも知れませんが、習い事を沢山させる事によって、睡眠不足や家計の圧迫などの弊害が出てくる可能性もあります。

それよりも、子供自身が自主的に「やりたい!」と思ったものを厳選してさせる。そうした方が、習い事によって身に付けた技術だけでなく、達成感や集中力も付くような気がします。

 

強制的にさせた方が良い習い事もある?

ただ、親が強制的?に習わせた方が良いよなぁ、と個人的に感じる物もあります。

それは「お習字」の類。

これ、子供から「行きたい!」ってなかなかならない習い事ですが、やってると本当に役立つ。綺麗な字を書く人は、やっぱりカッコイイし素敵。AIの世界になっても、人が字を書くことがゼロになる事はないと思うので、大人になったら絶対に子供に感謝される事間違いなし!

私は字が下手だから、

何で習わせてくれへんかったんよ!

と若干逆恨み気味(笑)

こればかりは子供に強制してさせたいですが、

絶対に嫌!

と拒まれてるので諦めてます。

まぁ、夫曰く

外国人の字なんか、無茶苦茶やで

だそう。確かに・・・。

 

ゆうゆう的まとめ

もし沢山ある習い事の中で何をさせるか迷っているなら「将来どんな大人になって欲しいか」と考えてみると1つの目安になるかも知れません。

私はもともとノンビリしている性格なので「思いやりがあって、健康で、食べていけるならそれで充分」と思っていますが、人によってはもっと高みを目指している人もいるかも知れません。

また、友人の子供のように、週に4つも5つも習い事をしているお子さんも「色んな事をやってみたい!」と思って毎日充実した時間を過ごしているのかも知れません。

一番大切な事は、習い事をさせるのは「子供のため」と言う事。それに尽きます。

「させる」のではなく「これをやってみたい!」と言った時に、好きな事を応援してさせてやる。ノンビリしているかも知れませんが、私はそんなスタンスでいたいなぁ、と思っています。

 

ゆうゆうでした。