ゆうゆうブログ 

子育て、遊び場、食事など「子供と私」を楽しむブログ

簡単『黒蜜わらび餅』とおまけ『ブルーベリーわらび餅』のレシピ

f:id:nyuuko:20180612110150j:plain
暑くなって来たので『黒蜜わらび餅』と『ブルーベリーわらび餅』を作ってみました。

始めは普通の『黒蜜わらび餅』だけを作る予定でしたが、作業時間が5分も掛からず終わってしまい呆然。思わぬ早さで出来てしまったので「わらび餅粉」の袋に書いてあった『ブルーベリーわらび餅』も作ってみる事にしました。

手作りわらび餅の良い所は超短時間で出来る事。黒蜜やきな粉も家で用意すれば、かけ放題出来るので嬉しい♪

それでは2種類のわらび餅の作り方、行って見ましょう♪

 

 

『黒糖わらび餅』の作り方

f:id:nyuuko:20180611115911j:plain

 

1)鍋にわらび餅粉と水を入れ、よく混ぜる。

f:id:nyuuko:20180611221129j:plain2)完全に溶けたら中火にかけ、砂糖をいれる。
3)焦がさないよう、しゃもじで常に混ぜ続ける。
4)30秒程したらダマが出てくるので、火を弱火にする。

f:id:nyuuko:20180611221153j:plain5)段々ダマが増えて来、ひと固まりになるまでしっかりと強く混ぜる。
6)透明の固まりになれば火を止める。

f:id:nyuuko:20180611221216j:plain

7)⑥を水でぬらしたタッパーに入れ、氷水で15分程冷やす。

f:id:nyuuko:20180612110133j:plain
8)きな粉に同量か少な目の砂糖を混ぜる。

f:id:nyuuko:20180612103812j:plain

9)黒糖をお湯で溶かして黒蜜を作る。
10)食べやすい大きさに切り、きな粉と黒蜜を好きなだけ掛けて食べる!

 

ポイント

  1. 冷やすタッパーを水で濡らしておかないと、取りにくくて大変な事になるので必ず水で濡らした状態で入れて下さい。
  2. 冷蔵庫で冷やしても構いませんが、あまり長時間冷やすとウイロウのように白く固まってしまうので注意して下さい。硬くなってしまったら、レンジで温め治すと柔らかくなります。
  3. 黒糖のお湯は、自分で調整しながら入れて下さい。黒糖が大きくて溶けにくい時は、最初に小さく砕いておくか、火にかけて溶かして下さい。
  4. 鍋を洗う時、わらび餅がくっ付いてて取るのが面倒かと思います(私は:笑)。鍋にお湯を入れ、ゴムベラ等で鍋にくっついているわらび餅をこそげ落すと取りやすいです。飴ちゃんと一緒ですね。こそげ落す時にお湯がこぼれて火傷しないように注意して下さいね!

 

『ブルーベリーわらび餅』の作り方

f:id:nyuuko:20180611115950j:plain

『黒蜜わらび餅』の①の段階で、分量のブルーベリージャムを入れて作る。 後は全て同じです(笑)f:id:nyuuko:20180611221244j:plain私は家にあったブルーベリージャムを使用しましたが、何のジャムでも良いと思います。

出来上がり色が思わぬダークだったので、冷凍ブルーベリーとラズベリーを飾ってみました。

f:id:nyuuko:20180612110213j:plain

本当は生クリームをつけたらゼリーの様な見た目になるので、つけたいなぁ~、と思ったのですが、流石に「わらび餅に生クリームはないかな?」と思い、飾りは果物だけにしました。苺やミントがあればもっと可愛くなったと思います。

 

『ブルーベリーわらび餅』を食べてみた感想

どちらかと言えばしっかりしたゼリーに近く、「わらび餅とちゃうやん」と思いました。これなら全然生クリームを添えて良かった。

私は固かったので好きではありませんでしたが、娘は「グミみたい」と食感を喜んでいました。なるほど、グミと思えば美味しいかも(笑)

f:id:nyuuko:20180612121030j:plainレシピを載せるのを一瞬躊躇したのですが、娘の「グミみたい」の一言で、一応載せてみました。なので、おまけレシピです(笑)

 

『わらび餅』マメ知識

スーパーの『わらび餅』には蕨や葛は入ってない

『わらび餅』はわらびの根を粉にしたもので作りますが、わらび粉は超高級品。50gが1,000円程の値段で売られています。

なので、スーパーで売られている『わらび餅』には一切わらびは入っておらず。蕨(わらび)はおろか、葛(くず)すら入ってません。入ってるのは、ジャガイモやタピオカのデンプン。ちょっとガッカリ(笑)

スーパーで気軽に入手出来る手作り用の「わらび餅粉」も同じ。殆どがジャガイモやタピオカから採れるデンプンが材料です。でも?こちらは葛粉(くずこ)が入っている物を選ぶ事が出来ます。

葛粉は葛と言うマメ科の植物の根から採れる粉で、薬効を持っています。漢方の風邪薬『葛根湯』(かっこんとう)の最初の漢字は「葛」。マメだから、イソフラボンも入ってる。買うなら葛粉入りが良いと個人的には思います。

 

「黒糖」常備のおススメ

f:id:nyuuko:20180612115010j:plain

私は家に黒糖を常備しています。

「わらび餅の時に必ず黒蜜をかけたいから」と言う訳ではなく(かけたいんだけど)、ちょっと甘い物が食べたくなった時のおやつ用です。

カルシウムやカリウム、亜鉛、リン等のミネラルや、微量ですがビタミンBも入っているので、飴ちゃん食べるよりずっと健康的。

そして、知ってますか?

砂糖には賞味期限がないんです。

万一買った後、長らく忘れて食べなかったとしても、思い出した時に食べる事が出来ます(笑)私はいつも、冷蔵庫に入れて保管して食べてます。

ただし1歳未満の赤ちゃんや、透析を受けている人は食べない方が良いので注意して下さいね!

 

ゆうゆう的まとめ

『黒蜜わらび餅』と『ブルーベリーわらび餅』いかがでしたか?

私は正直、普通のわらび餅の方が断然美味しかったですが、娘は『ブルーベリーわらび餅』が美味しかったようです。息子は2種類のわらび餅がテーブルに置かれただけで、テンション高くなって喜んでました。

大抵簡単に出来るお菓子ばかり作っていますが、こうやってレシピを書いて見ると、本当に簡単(笑)。こんな程度で出来るなら、手作りしなけりゃ損、と言うものです。

皆様も機会があれば作ってみて下さいね~ 。

 

ゆうゆうでした