ゆうゆうブログ 

子育て、遊び場、食事など「子供と一緒」を楽しむブログ

1冊あると重宝する『めいさくえほん』シリーズのご紹介

f:id:nyuuko:20180702124520j:plain

今日の本は『おんなのこ・おとこのこの めいさくえほん』。

我が家にも3冊あるのですが、これがなかなか重宝するんです。

何がって、

1冊の中に名作が20話以上入ってる!

収納も、お話もコンパクトにまとまっているので、扱いやすく、子供でもかなり読みやすいんです。

それでは今日は『おんなのこ・おとこのこの めいさくえほん』について詳しくご紹介して行こうと思います。

 

10秒で説明『おんなのこ・おとこのこの めいさくえほん』

女の子、男の子向きの童話や昔話などが20話以上入っている絵本。誰もが子供の頃に聞いたり、読んだりした事のあるお話が数多く入っています。

 

対象年齢

・幼児から~

【出てくる文字】
平仮名/カタカナ

【1ページの文字数】
400文字前後

 

出てくる字は全て平仮名です。一部カタカナもありますが、数単語のみなので幼児でも助けてあげれば何とかなりそうなレベルです。

 

『めいさくえほん』シリーズの魅力って? 

 

 絵が可愛い

絵が無茶苦茶可愛いです♡

それだけで、特に女の子は興味を持って読もうと(見ようと)するハズ。

女子はビジュアル重視なので、絵が可愛いと言うだけで一気に本読みのハードルが下がります。文字が読めなくても、絵を見るだけでも楽しいです。

 

一話が短い

一話が短いので飽きずに読めます。短くいお話しで6ページ。長くても10ページ程度です。

その分、沢山のお話が載っているので、色んな物語を読む事が出来ます。

イメージとしては「楽しい幼稚園」なんかの雑誌に載っている物語が沢山ある、って感じでしょうか。

話が短いので、子供だけでなく、読む親の負担が少ないと言うメリットもあります。

 

沢山の種類のお話が読める

このシリーズの最大の利点は、やはり沢山の名作を1冊で読める、と言う事。

20以上の話が1冊にまとまってるので、色んな話を読めます。20冊独立した絵本だと場所を取って仕方ない(笑)

物語を読む親の方も、子供がどういう話に興味を示すのか、どんな絵が好きなのかが分かるので、その後の本選びの参考になります。

娘はとにかく絵が可愛いのお話が好き。物語より、絵を重視です。

一方息子は冒険ものや、怖い話が好き。小学3年生になっても、たまにこの本を読む事があります。1冊の中から好きな話を選んで読めるのが良いみたいです。

 

『めいさくえほん』の著者について

著者はささきあり氏です。

ささきさんは千葉県のご出身。出版社を勤務された後にフリーランスの編集記者を経て作家デビューされています。『おならくらげ』でひろすけ童話賞を受賞。

童話作家以外にも、ノンフィクションや学校の読み物など書かれており、広く活躍されている作家です。

旦那様のささきかつお氏も同業者。ご夫婦揃って作家だなんて、どんな感じなんでしょうね!

 

『めいさく絵本』シリーズは何巻まで出ているの?

『めいさくえほん』シリーズは、2017年7月現在11冊出ています。

小さな手のひらサイズの『女の子のてのひら名作えほん』もあり、電車や病院の待合などのお出かけ用に良さそうです。

『めいさく絵本』シリーズの他にも『おんなのこのでんきえほん』もあり、ヘレンケラーから与謝野晶子まで、色んな著名な女性の物語となっています。

 

ゆうゆう的まとめ

『めいさくえほん』シリーズ、いかがでしたか?

 「シンデレラ」や「がくや姫」「ピノキオ」などの定番のお話から、「びんのなかのおばけ」や「まほうつかいのでし」等、あまり馴染みのないお話まで載っていて、私自身も面白く読んでいます。

とにかく色んな種類のお話が沢山載っているので、家に1冊あれば、かなり楽しめますよ。

購入したのは娘が4歳ころでしたが、小1になった今でも読む事があります。学校で平仮名も習い、スムーズに自分で読めるようになって来たのできっと面白いんでしょうね。

興味があれば、是非とも手に取ってみて下さいね!

  

ゆうゆうでした。