ゆうゆうブログ 

子育て、遊び場、食事など「子供と私」を楽しむブログ

パッチワークのカラフルなゾウ『ぞうのエルマー』はいつでも陽気

f:id:nyuuko:20180829113616j:plain

『ぞうのエルマー』シリーズを借りて来ました。

初めてエルマーを借りたのは、息子が3歳の頃。

とっても色が鮮やかな色彩が印象的で「まだ内容がわからに小さな子供にも良いなか?」と思った事がきっかけでした。

このエルマーシリーズ、沢山本が出ており、今でも時々借りて来ます。

子供達も

あっ、エルマーや

と言う程、我が家では馴染みのある絵本です。

それでは今日は『ぞうのエルマー』シリーズをご紹介したいと思います。

 

10秒で説明『ぞうのエルマー』シリーズ

普通の象たちとは姿の違う、カラフルなパッチワーク模様のぞう「エルマー」が、森の仲間たちにいたずらしたり、冗談を言ったりして楽しく、仲良く過ごすお話。

 

対象年齢

・幼児から~

【出てくる文字】

平仮名/カタカナ/漢字(1,2つ)

【1ページの文字数】
200文字前後

 

出てくる字は殆ど平仮名です。もともとイギリスの本なので、名前はカタカナで出て来ます。(エルマー、ウィルバー、ゼルダ等)

漢字もありますが、「木」など、簡単なものが1つか2つのみなので、殆ど気にならないと思います。

 

『ぞうのエルマー』シリーズの魅力って? 

 

絵だけでも楽しめるカラフルな色彩

象は象でも「パッチワークのぞう」と言うだけあって、エルマーは普通の象とは違い、カラフルな象です。

カラフルなのはエルマーだけでなく、ジャングルに咲く花々や植物、動物達も豊かな色彩で溢れており、真っ白なページが無いほど。

どのページをめくっても、楽しむ事が出来ます。

とにかく絵自体が、とても可愛らしく、カラフルなので、グッズも数多く販売されています。

エルマーシリーズを読んだことのない人でも、思わず手に取ってしまう程の可愛らしさですよ!

 

 

他者を認める大切さが描かれている

エルマーシリーズ一番最初の『ぞうのエルマー』では、エルマーが皆と違う外見に悩むお話しです。

エルマーは「違う事」=「個性」として受け入れ、話は終わります。

エルマーシリーズには、ちょっぴり変わり者が出て来たりしますが、それらの存在をいずれも認めたり、寄り添ったりするお話となっています。

大切な事が描かれているけど、そこにはあまり深刻さはなく、むしろ陽気な優しさに満ちている、そんなシリーズです。

 

『ぞうのエルマー』の著者について

著者はデビット・マッキー氏。英語から日本語訳は、きたむらさとし氏です。

 

デビット・マッキー氏

1935年イギリス南デボン州生まれ、現在はフランス在住。プリマスの美術学校を卒業後、19世紀から続くイギリスの週刊風刺雑誌『パンチ』(2002年に停止)や新聞等にマンガを描いていました。

もともと象を描くのが好きだった事と、画家のパウル・クレーのブロックカラー絵が好きだった事からエルマーが誕生。

また、イギリスのテレビアニメ『King Rollo』(ローロ王)や『Mr.Benn』(ミスター・ベン)のお話も描いています。

ローロ王は洋書のみですが、ミスター・ベンは日本語訳が出ていました。初めて知ったので、是非とも読んで見たいと思います。

 

きたむらさとし氏

1956年東京生まれ。高校中退後、イラスタレーターの仕事をされていました。1979年にイギリスに渡り、以後30年近く滞在。(2009年帰国)

エルマーシリーズでは翻訳をされていますが、絵本作家としてもとても有名な方で、『ぼくはおこった』でイギリスの新人絵本画家マザーグース賞を受賞。英日で、数々の絵本を出されています。

 

実は子供達と私はきたむらさんの『ミリーのすてきなぼうし』が大好き!

物凄く素敵なお話で、普段本をあまり読まない娘も何度も読んで(見て)ました。

絵が素敵なのは勿論ですが、想像力と、優しさ溢れる素敵な内容なので、興味があれば、是非とも手に取って欲しい本です。その内このブログでもご紹介出来れば、と思っています。

 

『ぞうのエルマー』シリーズは何巻まで出ているの?

シリーズは、2018年8月現在29冊出ています。(大型本等を除く)

最新刊は2017年7月に発売された『エルマーとクジラ 』です。くじらって、海やん・・・。

  

ゆうゆう的まとめ

『そうのエルマー』シリーズ、いかがでしたか?

私はエルマーに関しては、本の内容よりも絵を楽しんでいます。

世界20カ国以上で翻訳されいる人気シリーズですが、個人的に話の内容が「アレッ?」と思うコトがよくあるんです(笑)。エルマーの冗談のツボが、私とは少しずれているのかも知れませんね。

色とりどりの絵は、まだ文字も読めないようなお子さんにも刺激を与えると思います。字が読めるなら、陽気なエルマーのいたずらを楽しめそうです。

機会があれば、是非とも手に取ってみて下さいね~

 

 

ゆうゆうでした。