ゆうゆうブログ 

子育て、遊び場、食事など「子供と私」を楽しむブログ

オーストラリア家族旅行(5日目)キュランダ観光は子連れにもおススメ

f:id:nyuuko:20180929174419j:plain

ケアンズ4日目は、キュランダ観光へ行きました。

キュランダは、ケアンズ近くの世界最古の熱帯雨林の村。世界遺産にも登録されており、世界中から沢山の観光客が訪れる場所です。

でも、正直森なので

世界最古って言われても・・・

と微妙に思っていました(笑)。

でも、実際に行ってみると、思っていたよりもずっと楽しかったですよ♪

今日は私達が過ごしたキュランダ観光の1日をご紹介したいと思います。

 

 

キュランダ観光1日の流れ

私達は、行きはキュランダ鉄道、帰りはスカイレール(ロープウェイ)を利用してキュランダ観光をしました。

 

  • 8:00   ケアンズ駅着
  • 8:30   ケアンズ駅出発
  • 9:30   下車して滝を見る
  • 10:30 キュランダ駅着
        バタフライ
        バードワールド
  • 11:50 昼食
  • 12:50 コアラガーデンズ
  • 14:00 買い物
  • 14:30 スカイレール乗車
  • 15:20 スミスフィールド着
  • 16:00 バスにて宿へ

 

8時半にケアンズ駅出発のキュランダ鉄道に乗る為、30分前に駅へ行きました。30分前にチェックインするのはグリーン島への船と同じですね。

グリーン島滞在の記事はコチラ

滞在していたサザンクロス アトリウム アパーツメンツ がケアンズ駅から徒歩2,3分だったので、8時少し前に出て向かいました。

f:id:nyuuko:20180929174638j:plain

駅でチェックインを済ませ、既に停まっているキュランダ鉄道と一緒に写真撮影♪

ケアンズ駅からの乗車だったからか人も少なく、ゆっくりと撮影出来ましたよ~。

時間通り、8時半に出発!

列車はスンゴイ遅くて

いつ着くんやろ??

と思う程でした。

しかもかなり揺れます。子供も私も酔い止めを飲んでいなかったのでちょっと心配しましたが、何とか大丈夫でした。

f:id:nyuuko:20180929190141j:plain

サトウキビ畑や、山の中を、牧歌的な雰囲気でノンビリと登って行くのですが、途中、ケアンズ湾と山のどちらも見える景色が楽しめました。

親は旅情に浸っていましたが、子供達は殆ど景色も見ず、ポケモンごっこで大盛り上がり(涙)。

f:id:nyuuko:20180929194237j:plain

2時間乗車の半分辺りで有名な滝「ストーニークリーク」を見るために10分程停車し、写真撮影した後は、ひたすらキュランダ村へ向かって進みました。

 

【マメ知識1】

乗車の後半に、乗務員さんが写真を撮りに来てくれます。手持ちのスマホやカメラを渡すと撮ってくれますよ~♪ 

 

キュランダ鉄道とスカイレール乗車についての詳しい記事はコチラ 

 

 

キュランダってこんな所だった

f:id:nyuuko:20180929174730j:plain

駅に着いて左手にある階段を上ると、右がキュランダ村行き、左がスカイレール乗り場行きの道に分かれています。

まずはキュランダ村へGO!

ゆるやかな坂道が続く中、お店が沢山ありました。

f:id:nyuuko:20180929174751j:plain

工芸品や宝石店、スイーツやレストランなどアレコレ目移りしちゃいます。

しちゃうけど、いかんせんこちら子供連れ。ひたすら第一目的地、バタフライサンクチュアリを目指してゆるやかな坂道を登りました。

 

おススメのキャンディー屋さん「キャンディーキッチン」

行きの道中で唯一立ち寄ったお店があります。

それが

キュランダ キャンディーキッチン

f:id:nyuuko:20180929190206j:plain

こちらのキャンディーは無添加、防腐剤も一切使われていない手作りキャンディー。

時間によってはキャンディーを作っている様子を見る事も出来るのでおススメです。 私は以前メルボルンで見た事があるのですが、飴ちゃんがゴムみたいに伸びてすんごく面白いんですよ~!時間があれば、是非見てみて下さい♪

私達はここで、4ドル≒320円の「飴ちゃんお楽しみセット」を購入。

箱に入ったくじ引きの要領で、薄紙につつまれている袋を箱の中から取るんです。何が入ってるかは袋を開けてからのお楽しみ。

f:id:nyuuko:20180929190227j:plain

4ドルでこれだけ入っていました♪

あぶれた商品が入ってるのかも知れませんが、子供達にとっては色々バラエティーがあって嬉しかったようです。

メルボルン店は最近になって閉店してしまったそうなので、後で

もう2つ、3つ買っておけば良かった~!

と後悔(涙)。かなりお得ですよ~。

また行きたい!

 

バタフライサンクチュアリの中はこんな感じ

f:id:nyuuko:20180929190313j:plain

キュランダ駅から徒歩約15分程で第一目的地、バタフライサンクチュアリへ到着。

印象としては、かなり小さな園でした。

f:id:nyuuko:20180929204808j:plain

園内には1500羽以上のチョウいるそうで、入ってみると沢山のチョウがあっちをヒラヒラ、こっちをヒラヒラ。

ここでは青い色の蝶ユリシスが「幸せを呼ぶ蝶」として有名らしいですが、実際にいたのは殆ど白黒の蝶と山吹色した蝶でちょっとガッカリ。

f:id:nyuuko:20180929190752j:plain

それでも色々な蝶が頭や足、服等にとまると嬉しくなるものです♪

小規模ながらお土産屋さんの蝶グッズが女子力高く、娘は園内よりも土産屋さんの方が滞在時間が長かったです(笑)。

f:id:nyuuko:20180929190814j:plain

 

所要時間はどれくらい必要?

人によるかと思いますが、多分15~20分位かと思います。

大人でゆっくりと説明を見ながらだともっとかかると思いますが、私達は15分位の滞在でした。

娘は5分位で

もう出よ

と言う始末。

もう少し喜んで見てくれ~!(涙)

 

 

 

 迫力満点のバードワールド

f:id:nyuuko:20180929191730j:plain
お次はキュランダヘリテージマーケット内にあるバードワールドへ。

ぶらぶらとマーケットを見ながら歩いていくと、一番奥まった場所にありました。

バタフライサンクチュアリはそれ程でしたが、次に行ったバードワールドが凄かった!

何が凄かったかって?

その放し飼いぶりが(笑)

f:id:nyuuko:20180929191843j:plain

入場料を払って扉を開くと、もうそこはまさしく

バードワールド!

鳥たちの世界です。

f:id:nyuuko:20180929191911j:plain

そこら中に鳥がおり、飛んでたり、おトイレしたり、ご飯食べたり、好き勝手しています。

それはもう、

怖いくらい

「鳥の世界にちょっと人間がお邪魔してる」という感じ。

ここで目を引くのは色とりどりの美しいインコやオウム達。人懐こくて、手からエサを食べます。(エサは園で3ドル=240円で購入出来ます)

園に入ってからかなりの時間、夫のリュックにインコが居座っていました。

園には「世界一危険な鳥」と呼ばれるヒクイドリの姿も。

f:id:nyuuko:20180929192034j:plain

人を一蹴りで殺傷してしまう程のオッソロシイ鳥は、流石に柵の向こう側にいました。

息子はヒクイドリに会えた上にエサまで上げる事が出来、物凄くハイテンション。大満足だったようです。何せ自宅に「鳥」の図鑑、2冊持ってますから(笑)。

鳥がかなり幅を利かせている園なので、小さな子供はちょっと怖く感じるかも知れません。(大人もちょっと怖かったヨ)爪もかなり鋭いので、腕に乗られると痛い位です。

しかも、屋根のあるエリアでは、頭上から糞が落ちてくる危険性大。

肩や手にのって来るのも最初は可愛いのですが、

お~い、いつまでいるん?

と来るのも去るのも鳥の気分次第。

f:id:nyuuko:20180929192116j:plain

息子は最後の最後でエサをあげていたインコに誤って指を噛まれてしまい、痛いのとビックリしたので大泣きしてしまいました。

まぁこれも、旅の彩り、かな?

 

 

 

キュランダ村のマーケットでランチ

f:id:nyuuko:20180929192151j:plain

キュランダ村はコンパクトながら、それなりにレストランとカフェがあるので食べる事には困りません。

私達はバードワールドのすぐ傍にある『フロッグス』と言うレストランでランチをしました。

知らなかったのですが、この『フロッグス』、ワニやカエルの料理も食べれるそう。

f:id:nyuuko:20180929192256j:plain

私達は、普通にピザ(13.9ドル≒1,100)やフィッシュ&チップス(18.5ドル≒1,500円)を注文しましたよ~。

f:id:nyuuko:20180929192242j:plain

子供用のメニューもありました♪

f:id:nyuuko:20180929203403j:plain

これに各自ジュースを付けて4人で分けましたが、それ程お腹も空いていなかったので、それで充分な量でした。

 

 

キュランダコアラガーデンズはコアラ以外にも色々いる

f:id:nyuuko:20180929203429j:plain

バードワールドと隣接した、コアラと一緒に写真が撮れる場所です。

正直入るまでは

観光客相手にコアラと写真撮るだけの所やけど、子供達のために一応入ろっか

くらいの気持ちだったのですが、入ってみると

色々いるやんか~!

とオーストラリアの動物達が沢山おり、嬉しい驚き。

コアラは勿論の事、

f:id:nyuuko:20180929192723j:plain

ワニからトカゲなどの爬虫類、

f:id:nyuuko:20180929192859j:plain

ウォンバットやワラビーなどがいて、エサもあげる事が出来ました。

規模は小さいですが、コアラと写真撮るだけ、と思っていた私達にとっては十分すぎる程でした。

 

【マメ知識2】

入場料を払うと、可愛いコアラのキーホルダーが貰えます。ちょっと嬉しい♪ このキーホルダーは、ケアンズの空港で普通に販売されていました。

f:id:nyuuko:20180929193154j:plain

 

 

コアラとの撮影は手持ちのカメラやスマホでも出来る!

f:id:nyuuko:20180929193846j:plain

コアラガーデンズの入園料と別料金を支払うとコアラと一緒に写真を撮る事が出来ます。

以外と?保守的な娘は撮影を嫌がり、息子だけが撮影を希望。

娘も一緒に撮らせてあげたいなぁ

と思っていたら、何と!抱っこは無しだけど一緒に写真に入って良い、との事で、コアラを抱っこした息子のすぐ隣に娘が立って写真を撮って貰えました。

f:id:nyuuko:20180929193222j:plain

しかも、手持ちのスマホやカメラで自由に撮影も可能!

その上、最後は夫と私も一緒にスマホでの撮影をして貰えました。

沢山の人が順番待ちしているので、時間は短かったですが、家族全員写真を撮る事が出来て大満足。

子供がいない時は

コアラと写真なんて全然撮りたくない

と思っていたのに、今や家族全員で撮って貰えて大喜びしている私です(笑)。

 

 

【マメ知識3】

コアラガーデンズのHPではコアラとの撮影を「写真1枚につき1名です」と書かれていますが、実際は皆一緒に撮影して貰っていましたよ!(いつもOKなのかは不明です)

 

 

お得な共通チケット「ワイルドライフ エクスペリエンス」

バタフライサンクチュアリ、バードワールド、コアラガーデンズの3園行くなら、お得な共通チケットを購入する事も出来ます。

 

 

ただ、バードワールド以外の施設には、家族4人での入園なら子供1名分が無料になるファミリー入場料が設定されています。

どれくらいお得になるかはメンバー次第なので、行かれる予定がある方は、一度計算してみて下さいね。 

因みに我が家の場合は200円ちょっとしか安くなりませんでした。トホホ。

 

 

 キュランダ村のマーケットでの買い物

バードワールドやコアラガーデンズがある「キュランダヘリテージマーケット」とそこから道を挟んだ「オリジナルキュランダレインフォレストマーケット」がキュランダ村の2大マーケット。雑多とした出店と言った感じです。

f:id:nyuuko:20180929212723j:plain

メイン通りのCoondoo St.沿いや、マーケットへ向かう道にもお店が並んでいます。(キャンディーキッチンはCoondoo St.沿い)

この他、スカイレール駅でもお土産が沢山あります。また、発着駅のスミスフィールドにもお土産屋さんはあるので安心して下さいね~。

 

【マメ知識4】

キュランダ村で万一時間がなくなっても、帰りにスカイレールを利用するなら終点のスミスフィールド駅にもお土産物屋さんはあるので慌てなくて大丈夫ですよ!

 

  

ホームメイドトロピカルアイスクリームは食べる価値あり?

マーケット内で、日本人に最も有名なお店と言えば「キュランダホームメイドトロピカルアイスクリーム」

 

アイスが食べたい!

絶対に食べたい!!

との子供達からのリクエストを受け、折角ならば、とガイドブックに載っていたこのアイスクリーム屋さんへ行きました。

場所はレインフォレストマーケット沿いの道にあります。

大人気店だけあって、結構人が並んでました。

日本のガイドブックに大々的に紹介されている事もあってか、お店のおじいちゃんは大の日本人好き。

f:id:nyuuko:20180929193336j:plain

日本人と分かると

「あい~ん」

とか

「超超まいう~」

等、若干古めのギャグを連発して来ます。

私としては普通に接して欲しかったけど、どうやらこれが名物らしい・・・。

f:id:nyuuko:20180929193401j:plain

アイスのお味の方は、甘さ控えめで素朴な味でした。

私はクリーミーで濃厚なジェラート系が好きなので、ちょっと物足りない感じでしたが子供達は喜んで食べていましたよ~♪

シングルアイスは4ドル≒320円だったので、良心的な値段だと思いました。

 

スカイレールはちょっとしたアトラクション

f:id:nyuuko:20180929194058j:plain

キュランダからケアンズ市内への帰りはスカイレールを利用しました。

2時半のスカイレールチケットを取っていたので、アイスを食べたら横目でチラチラお店を見ながら大急ぎでスカイレール駅へ。

スカイレールは熱帯雨林の上を通るロープウェイなのですが、これが

すっごく良い!

これ1つがアトラクションのようで、子供も大人も物凄く楽しむ事が出来たのでおススメです♪

f:id:nyuuko:20180929194044j:plain

スカイレールの乗車時間はノンストップだと約40分程。

間に2つの駅があり、熱帯雨林の中を散策したい場合は途中下車する事が出来ますよ♪

 

スカイレールでの途中下車

f:id:nyuuko:20180929193538j:plain

駅に着くと、自動でゴンドラの扉が開くので途中下車したい場合は降ります。

駅に出るとボードウォークの上を歩けるので、熱帯雨林の中を散策する事が出来ますよ!ボードウォークの距離は結構短いです。

HP上では滞在時間は20~30分で案内されていますが、子供連れなら10分もあれば十分かと思いました。(我が家はそれくらい)

再度スカイレールに乗車する時は、駅に戻って空きのゴンドラが来るまで待ちます。

ゴンドラは6人乗りなので、場合によっては相乗りになるかも知れませんが、それも楽しいかも♪

 

スカイレール発着駅のスミスフィールドの様子

3時20分ごろスミスフィールド駅に到着。

f:id:nyuuko:20180929193643j:plain

スカイレールの発着駅だけあり、そこそこの大きさがありました。

お土産物屋さんもなかなかの充実ぶり。

f:id:nyuuko:20180929193817j:plain

宿行きのバスを4時に予約していたため、構内のカフェでアイスコーヒーを飲もうと注文したら

「ホイップのってるけど良い?」

と聞かれました。

普通のアイスコーヒーが良いんやけど・・・

と言うと

「これがケアンズスタイルやで」

と言われ、ホイップ付きのアイスコーヒーを飲む事に。

f:id:nyuuko:20180929193704j:plain

いや、これ、コーヒーちゃうやろ・・・・

と言う程のクリーム量で、結局殆どを子供達が飲んでしまいました。

 

ケアンズ市内へのバスの様子

f:id:nyuuko:20180929193728j:plain

スミスフィールド駅のすぐ傍にあるバス停前では、バス待ちの人達が沢山いました。

お土産物屋さんでアレコレ見たり、カフェで過ごしたりしながら皆ジリジリ待ってる感じ。

4時少し前になるとバスが2台来て、宿によって振り分けられます。座席の指定は特になく、バスだけ分けられました。

娘はバスに乗る前から夫に抱っこされて爆睡。バスの乗車中ずっと寝ていました。その点、3年生になる息子はずっと起きてお喋り。やっぱり体力は違いますね。

 

キュランダ鉄道とスカイレールにケアンズ市内までのバスがついたチケットはH.I.S. でも購入出来ます。時期によっては現地よりも安く購入出来る事もあるので是非ともチェックして見てくださいね!

 

ゆうゆう的まとめ

 キュランダはこじんまりとした村で、子供連れにとって動物との触れ合いやスカイレール等が楽しめるおススメの観光地だと思います。

大人だけだとショッピングがメインになるかな??もしくは逆に、もう少しワイルドな事も楽しめちゃうかも。

私達は参加しませんでしたが、キュランダでは水陸両用のアーミーダックで熱帯雨林探検ツアーや、アボリジニ文化体験 などが出来るツアーもあります。特にアーミーダックに参加したかったですが、息子と私の乗り物酔いを考え、今回は見送りました。

「ただの山」と言えばそう見えるキュランダの熱帯雨林ですが、こじんまりとした村にお店やパークがあり、非常にまわりやすい場所だったのでおススメです♪

この記事が、これからケアンズへ遊びに行こうと思っている方の参考になれば、嬉しいです!

 

ゆうゆうでした。