ゆうゆうブログ 

子育て、遊び場、食事など「子供と私」を楽しむブログ

ケアンズ市内の動物園『ワイルドライフドーム』でトカゲや小ワニにタッチ

f:id:nyuuko:20181226210803j:plain

ケアンズ市内の動物園、プルマンリーフホテルカジノ内にある『ワイルドライフドーム』へ家族で行って来ました。

ケアンズ中心部にあるので、たいがいの宿泊先から歩いていける場所にあります。とても小さな動物園ですが、コアラや爬虫類たちと写真を撮ることも出来るんですよ!

今日は「ワイルドライフドーム』について、出来るだけ詳しくご紹介したいと思います。

 

ワイルドライフドームの場所と入場料

『ワイルドライフドーム』はケアンズの中心部、エスプラネード近くにあるプルマンリーフホテルカジノの屋上にあります。

ケアンズは自然豊かな場所ですが、やはり車やツアーでないと動物を見るのが難しいので、街中にいながら動物が見れると言うのは大きな魅力!

本格的に沢山の動物を見たい場合は別ですが「ちょっとオーストラリアに生息する生き物を見たいな」と思っている程度なら、ワイルドライフドームで良いかも知れません。

ただし、物凄~く小さいです。

 

【マメ知識1】

日にもよると思いますが、朝は空いています。夕方には日本人がビックリするくらい沢山いました。

f:id:nyuuko:20181226211302j:plain

 

 

ワイルドライフドームで出来るコトとその魅力

コアラや爬虫類と写真が撮れる

有料ですが、コアラを抱っこして写真を撮ることが出来ます。

コアラはとても繊細な動物で、保護の意味で近年抱っこ出来る州が限られています。ここケアンズでは大丈夫ですが、シドニーやメルボルンでは禁止されているんですよ。

ケアンズ内でコアラを抱っこ出来る場所は、この『ワイルドライフドーム』の他に、キュランダの『コアラガーデンズ』でも出来ます。子供達はキュランダで撮影して貰いました。

また『ワイルドライフドーム』ではコアラの他に、トカゲやヘビとも写真を撮ることが出来ます。

コアラは撮影時間が決まっており、9時半から夕方の6時半までの間、1時間毎の撮影ですが、時間の変更があるかも知れないので必ずHPで確認してくださいね。

  • 1種 27ドル(≒2,160円)
  • 3種 49ドル(≒3,920円) 

 

【マメ知識2】

撮影場所が受付横にあるため、入園しなくても写真だけ撮ることも可能です。自分のカメラでの撮影は禁止。キュランダへ行く予定があるなら、コアラガーデンズでの撮影をおススメします。そちらだと自分達のカメラでも撮らせてもらえますよ!

 

ショー(プレゼンテーション)は絶対見るべき!

f:id:nyuuko:20181226210843j:plainワイルドライフドームに入った時「何これ、小さすぎ!」とちょっとショックを受けた私達。それくらい小さいです。

でも、ガッカリするなかれ。プレゼンテーションが凄く良いんです!

私達は爬虫類を見たのですが、会場に生き物を連れて来てくれ、見せながらお喋りしてくれます。

勿論、英語があまり分からなくても楽しめますよ~。

なぜなら・・・・

触らせてくれるから!

f:id:nyuuko:20181226210906j:plainしかも、最後には係員が「写真撮りたい人はおいで~」と言ってくれて写真撮り放題。

f:id:nyuuko:20181226210928j:plainもはや、有料写真撮影は何のためにあるんやろ?と言うくらいの大盤振る舞いでした。

f:id:nyuuko:20181226210940j:plain

動物達を触らせて貰えるので子供達も大喜び。私もトカゲ、触っちゃいました。ひんやりとして、硬かったです。

 

4日間入場可能のチケット

f:id:nyuuko:20181226211004j:plain

1度入場料を払うと、その後4日間入場が可能になります。

入った直後は動物園の小ささに「4日も絶対に来ない」と思っていましたが、爬虫類のショーがすごく良かったので、タイミングが合えば、別の生き物の時間帯にまた来ても良いなぁ、と思いました。(行けませんでしたが)

ショー(プレゼンテーション)は一日7回あります。

スケジュールをのせておきますが、行かれる方は必ずHPを確認してから行って下さいね! 

10時:鳥のエサやり
11時と14時:爬虫類プレゼンテーション
13時:コアラ
15時:ワニのショー
16時:鳥のエサやり
17時:夜行性動物ショー

 

フレンドリーなスタッフたち

ちょうど動物園を出た所で別の飼育員の方と出会い、子供達がヘビを触らせてもらいました。

f:id:nyuuko:20181226211048j:plain「ショー見た?ヘビ見た?えっ?見てないの?じゃあ、触る?写真も撮って良いよ」と言う軽いノリ。親切なスタッフ方が多いのも、小さな動物園ながらポイントが高かった1つです。

私はヘビ、怖くてさわられなかったです。

 

滞在時間の目安と見るコトの出来る動物

とても小さいので、30分もあれば十分見て回れると思います。

ショーがなければ10分くらいで大丈夫かも(笑)。

ただ、同じ施設内にあるアトラクション『ズーム(ZOOM)』をすれば、もっと長い時間楽しめると思います。

f:id:nyuuko:20181226211120j:plain

アトラクションではワニの頭上を歩いたり、タイヤロープを渡ったり出来ますのでチャレンジしたい方は是非どうぞ~。

f:id:nyuuko:20181226211145j:plain私はお金貰っても無理・・・(身長制限120㎝以上。別料金)

 園内は鳥が多い印象でした。

f:id:nyuuko:20181226211833j:plain珍しいオースとラリアに生息する鳥からオウムまで、色々。

f:id:nyuuko:20181226212222j:plainその他ワニやヘビ、コアラもいました。

f:id:nyuuko:20181226212256j:plainケージが小さくて、ちょっと可哀想に思えましたが、ホテルの屋上なので狭くなるのは仕方ないかも知れませんね。・・・。

 

お土産屋さんもあります

f:id:nyuuko:20181226211208j:plain入場しなくても、お土産を見ることが出来ます。

ヌイグルミやリュック、キーホルダーなどの細々した小物など、定番の物が売られていました。

f:id:nyuuko:20181226211222j:plain娘はオーストラリアらしいコアラの笛(4.5ドル≒360円)を買いましたが結構可愛いくておススメですよ~。

 

 【マメ知識3】

お土産屋さん裏手には、テーブル席があります。私達は受付でアイスを買ってそこで食べました。もちろん入るのは自由休憩場所として利用しても良さそうです。

 

 ゆうゆう的まとめ

『ワイルドライフドーム』いかがでしたか?

街中にある小さな動物園ですが、コアラと写真を撮ったり、爬虫類を触ったり出来る貴重な場所です。

こちらに行ったら是非ともスケジュールを調整してショーを見て欲しい、と思います。苦手でなければ爬虫類のプレゼンテーションは触らせてくれるので特におススメですよ!

この記事が、ワイルドライフドームについて知りたい方の役に立ったなら、とても嬉しいです♪

 

ゆうゆうでした。