ゆうゆうブログ 

子育て、遊び場、食事など「子供と私」を楽しむブログ

雛人形をしまうのが遅れると婚期が遅れる?雛人形にまつわる私のエピソード

f:id:nyuuko:20190302205106j:plain

「雛人形をしまうのが遅れると婚期が遅れる」と言う迷信を信じていた母は、3月3日の桃の節句が過ぎると早々に雛人形を片づけていました。

エエ、私が高校卒業するぐらいまでは。

それ以降は、数日過ぎてから片付けることが多くなりました。母もきっと面倒になって来たんでしょう(笑)

そのせいとは思いませんが、私が結婚したのは30歳を過ぎてから。

妙齢の頃には何度か私の頭の中に家の雛人形が浮かびました。それは「お雛様をしまうのが遅れて婚期が遅れた」と言うより、別の事件があったから。

それは多分、小学3、4年生の時のコト。

お殿様の首を折ってしまったんです・・・

そう、お殿様を手に持っていた時にツルッと落としてしまい、首がポロリと取れてしまったんです。

f:id:nyuuko:20190302205130j:plain

雛人形の生首・・・メチャクチャ怖い。

高価な物だとわかってたし、すごく焦ってしまった私は親には何も言わず、物置にある木工用ボンドで強引にくっつけたのでした。

それ以後、実家で毎年雛人形を飾っている間は「お殿様の首は大丈夫かな?」とドキドキしていました。

なのでお年頃になると「これはもう、お殿様の恨みかも」と頭をよぎるコトが(笑)。

私が実家を出た後も母は「可愛いから」とお雛様を飾り続けていたようですが、2,3年前に和歌山県の淡嶋神社の雛流しに出しました。それを聞いて「神様の国へ旅だって行ったのね」とホッ。

と言うワケで、娘の雛人形は「落とさないようにしなければ」と毎年飾る時にちょっとドキドキ。

f:id:nyuuko:20190302205311j:plain

そんな私の気持ちも知らず、娘は先日リビングに飾っているお姫様の・・・・

髪をアレンジしようとしていました。

リカちゃん人形じゃなーーいっ!!ダメ~~ッ! 

娘は綺麗なお人形を手に持って「ちょっと髪型を変えてみようかな?」と思ったんだと思います。ちょっとゴージャスなリカちゃんの感覚。でも、ヤメテ・・・

その後、リカちゃん人形のように髪型を変えることは出来ないコトや、大人になるまで毎年飾りたいので大切に見て楽しもうね、と伝えました。

分かってくれたかな??

そのウチ娘もお人形をツルッと落としてボンドで修繕するかも(笑)。まぁ、娘の健やかな成長を願うお人形なので、それでも良いんですけどね。

因みにお雛様は3月の中旬までにはしまうのが一般的だそうです。

いつかこのお雛様たちも、淡嶋神社から旅立つ日がやって来ます。それまでは、毎年娘を思い、心を込めて飾っていきたいと思っているのでした。

 

ゆうゆうでした。