ゆうゆうブログ 

子育て、遊び場、食事など「子供と私」を楽しむブログ

巾着タイプの上履き入れの簡単な作り方。直線縫いだけで切替付きも出来ちゃいます。

f:id:nyuuko:20190303145443j:plain

入園、入学時に必要な上履き入れの作り方をご紹介したいと思います。

直線縫いだけなので、とっても簡単。布の大きさを変えれば体操服入れにもなりますよ!

大きさを変えて体操服入れにも!

大きさを変えて体操服入れにも!

今回は家にあまったチェックの生地があったので、切替のある袋を作ってみました。

えぇ、大丈夫!私、中高家庭科の裁縫は、ほぼ母親にやってもらってたくらい苦手でしたから(笑)。

手づくりの良さは子供と一緒に生地を選んだりお手伝いしてもらえるコト。お気に入りの生地を選んだら、さぁ、楽しんで作ってみましょう♪

 

 

【上履き入れの材料】はコレだけ

上履き袋の材料

上履き袋の材料

布の大きさは、ピッタリの大きさを載せています。生地を買う時は少し余裕を持ったサイズで用意してくださいね。

 

ループエンドはあってもなくても良いですが、あるとどの紐をひけば良いか分かりやすいので子供には便利だと思います。第一、可愛い♡

 

 【前日の準備】

縫う前に、必ず布を水通し(簡単に水洗い)してください。じゃないと、後で洗ったあとに縮んだり、歪んだりしちゃいます!

 

【上履き入れの作り方】

①縦34×横22の布を2枚用意し、縫い代をチャコペンで書く。縫い代は口部分が3㎝、他は全て1㎝。

同じ大きさのものを2枚用意

同じ大きさのものを2枚用意

 ②全てのフチをミシンでジグザグ縫いする。(ミミがある場合はジグザグ縫いしなくて大丈夫です)

生地のミミとは、ほつれや縮みを防止する処理をされた布の端部分です。ポツポツと穴があいていたり、キャラクターものの布の場合は会社名(サンリオなど)が書かれているコトが多いです。

全てのフチをジグザグ縫い

全てのフチをジグザグ縫い

フチをジグザグ縫い

フチをジグザグ縫い

 ③切り替え部分を作る。縦12×横22の布を2枚用意し、1㎝の縫い代をチャコペンで書く。

1㎝の縫い代を書く

1㎝の縫い代を書く

 ④切り替え部分を1㎝折り込む。

切替部分を1㎝折り込む

切替部分を1㎝折り込む

 ⑤ ④を本体生地に待ち針でとめ、表地に縫い合わす。

切替布を縫いつける

切替布を縫いつける

 ⑥中表に2枚を合わせて待ち針でとめる。切り替え部分が出来上がった時にまっすぐなるように注意!

布あわせに注意!

布あわせに注意!

 ⑦左右とも、あき止まり8㎝まで両脇と底を全て縫い合わせる。

あき止まり8㎝を残して縫う

あき止まり8㎝を残して縫う

両脇と底を縫い合わせる

両脇と底を縫い合わせる

⑧左右のあき止まり部分を縫う。縫い代をアイロンで割って、あき口から2㎜くらいの箇所を縫う。

あき口を縫う

あき口を縫う

  ⑨口部分を1㎝折り返してアイロンをかける。

1㎝折り返す

 ⑩もう一度3㎝の縫い代部分で折り返してアイロンをかけ、折り込んだ端2~3㎜の場所を縫う。

もう一度折り返して縫う

もう一度折り返して縫う

 ⑪120㎝の丸ひもを半分に切って、長さ60㎝のひもを2本作る。左右から引き違いに通す。

左右引き違いに通す

左右引き違いに通す

 ⑫ループエンドの小さいほうの穴から紐を2本通し、先を結ぶ。

ループエンドを通す

ループエンドを通す

 上履き入れの完成です!

上履き入れの完成

上履き入れの完成

 私はピンクのリボンをアクセントに付けました(ボンドで)。本当はもっと色々したかったのですが、あまり華美になると学校で注意されるかも知れないのでおさえました(笑)。

今回袋には裏地を付けないので丈夫にするために、本体生地の上から切替布を重ね合わせて縫いました。

切り替えをつけない場合は1枚の布で底を和に出来るので、側面と口部分しか縫う必要がなくもっと簡単になりますよ!

幅を長くすると、体操服入れにもなります。

色々書いてますが、基本的に巾着は布を筒状に縫い合わせて、紐を通すトコロを作るだけなので、見た目より難しいコトはありません。

ただ、布を買いに行ったり、ミシンを出したり、アイロンを使うのが面倒なだけ。そこが最もハードル高い(笑)。

でも、上手く出来ると子供だけじゃなく、私も嬉しいので頑張れるのでした。

 

ゆうゆう的まとめ

巾着タイプの上履き入れの作り方、いかがでしたか?

私はお裁縫は苦手ですがオリジナルのモノが好きなので、子供達のハンカチも作るコトがあります。コレもやっぱり直線(笑)。

手づくりすると、色んな柄が選べたりアレンジ出来たりするので楽しいです。

子供達は私が一枚の布から袋を作るのを見て、魔法のように思う様。

体操服入れの紐通しをお手伝い

体操服入れの紐通しをお手伝い

ミシンをかける間、二人ともジッと見たり、お手伝いしたがったり。 完全に自己満足ですが、「こういう時間って良いなぁ」と感じます。

市販のモノのように決して綺麗には出来ませんが、我が家のミシンの時間は親子共々、それはそれは楽しい時間になるのでした。

  

ゆうゆうでした。