ゆうゆうブログ 

子育て、遊び場、食事など「子供と私」を楽しむブログ

スーツケースで旅した後にやるコト。次の旅行準備を快適にする工夫

f:id:nyuuko:20190403160523j:plain

旅行から帰って来ました。

私はシンドイことは早く済ませてしまいたいタイプなので、帰ってきたら直ぐに片づけを始めます。

まずは汚れたモノを洗濯。これはドラム式洗濯機を購入したおかげで劇的に楽になりました! 汚れたモノを洗濯機に入れるだけでハンガーに干すこともなく、取り入れる必要もナシ。

帰宅時間を気にせずに直ぐに洗濯が出来、乾燥まで仕上げてくれるのでサイコーです♪

化粧品や、薬、靴などを所定の場所にしまい、洗濯機のボタンを押したら次は、スーツケースのお手入れ。

今回は家族4人、スーツケース2個で3泊分でした。帰りはお土産などで荷物が増えたので、ボストンバックを1つ追加。

ちなみに 国内旅行時の我が家のスーツケースの大きさは、48リットル(2~3泊分)のモノ。正直これで4人分はギュウギュウなのですが、あまり大きなモノだとタクシーのトランクに2つ入らないのでもう暫くはこの大きさでいこうと思っています。

 

まず、スーツケースの中を硬く絞った古布(ウエス)で簡単に拭きます。

硬く絞ったウエスで水拭き

硬く絞ったウエスで水拭き

私はいつも、服は洗濯ネットの中や袋に入れてからスーツケースに荷物を入れるので、中は「そんなに汚れてないだろう」と思っていつも簡単にしか拭きません。

気持ち、サッパリさせるため。

次に、その布でスーツケースのハンドル部分や表面を拭きます。

ハンドル部分は念入りに

ハンドル部分は念入りに

航空会社のシールなどのシール跡がベタベタしていたり、ちょっとした汚れがついているので、気づいたらシッカリと拭くようにしています。

シッカリ拭いても取れない汚れは、諦めます(笑)。

水拭きしても取れないモノは諦める

水拭きしても取れないモノは諦める

私がスーツケースを拭く理由は部屋の中で保管するための衛生上の問題。見栄えはそれ程気にしていないので、水拭きしても取れないモノは割りと簡単に諦めます。

最後に、車輪(コマ)部分を拭きます。

一番汚れているコマ部分

一番汚れているコマ部分

ココが一番汚れているので、ここだけは熱心に拭きます。ウエスもいつも真黒になります。

車輪の部分を拭いたら、ウエスはオサラバ。

ふたを開けて乾燥

ふたを開けて乾燥

次にスーツケースのふたを開け、しばらく室内で乾かします。服の湿気や水拭きした水分が残っているのでカビ防止のためです。

乾かしたら、スーツケースにあるポケットの部分に次の旅行のために必要なモノを入れておきます。

鍵や予備の袋など

鍵や予備の袋など

スーツケースの鍵や予備の袋と鍵

 

アイマスクやマスクも常備

アイマスクやマスクも常備

アイマスクやマスク、あまり役にたたないけど耳栓も。

 

荷物は必ず重さを量ります

荷物は必ず重さを量ります

L.C.C.の飛行機に乗る時にはいつも事前にデジタルスケールで重さを量っています。L.C.C.は重量に厳しいので超過料金が高い!

受託手荷物場にスケールはありますが、空港で急に荷物を減らしたりしないといけないと大変なので、万一のために旅先にまで持って行って荷造り後にホテルの部屋で量るようにしています。

荷物、重いので量るのに苦労するんですけどね(笑)。

 

洗濯セットも必ず入れます

洗濯セットも必ず入れます

旅先でよく洗濯するので洗濯洗剤、洗濯干し、洗濯ロープ、ビニール袋など。

スーツケースを持って行くような旅行に必要なモノは、スーツケースの中に収納しておく。コレが、一番忘れない方法です。

我が家は年に1,2回は必ずスーツケースを持って行くような旅行をするので(結構近場も多いです)ここに収納しておくと次回の旅行の準備をスムーズにするコトが出来ます。

追加で帰りに使ったボストンバックは洗濯しました。

スーツケースは綺麗になったし、旅行時に必要なモノは大体入ってる。

後は化粧品や、息子の皮膚薬、酔い止め、服、靴くらいで準備OK!まぁ、この「服選び」に時間がかかるんですけどね。子供に風邪ひかせないように毎回必死なんで(笑)。

ちなみに帰宅後の食事ですが、夜の帰宅なら道中で済ませてしまいます。子供達を早く寝かせたいし、第一私に作る元気がない(笑)。

日中の帰宅なら旅行前に多めに作って冷凍しておいたカレーやシチューを食べるコトが多いです。これなら温めるだけ。

後は帰宅途中の買い物で、洗うだけで済むベビーリーフやトマトなんかを買ってサラダを作ればオシマイです。

食事は簡単なモノを用意

食事は簡単なモノを用意

今回はお米を研ぐのもメンドウだったので、冷凍していたご飯を使ってシチューをドリア風にアレンジしました。

超簡単ですが、片付けも食事もフル稼働する程の元気はなし。

旅が楽しかったなぁ~♪ また行きたいなぁ~♪

と思えるように、私自身の旅の疲れを少なくするよう工夫しています。

旅行、大好きです。

でも、どんなに綺麗で快適なホテルより、風情のある旅館より、やっぱり我が家が一番。小さいながらも自分の家が一番ホッと出来る。

自分の家を愛おしく感じるために、旅に出るのかも知れないな、なんて思っています。

次の旅にそなえ、スーツケースも我が家のクローゼットで暫くお休みです。

今度はどこに行こうかなぁ。

 

 

ゆうゆうでした。