ゆうゆうブログ 

子育て、遊び場、食事など「子供と私」を楽しむブログ

お金をかけず、子供のために親が今すぐ出来るコト

f:id:nyuuko:20190507112224j:plain

子供ができてから、意識的に気を付けているコトがあります。

それは

言葉づかい

言葉づかいを親が意識するだけなら、お金は1銭もかからず、今すぐ実践するコトができます。

優しく、丁寧な言葉づかいを親がすると子供もそうなる。とっても簡単な方法ですが、その威力は最強!と思っています。

なぜなら、言葉って、服装などと同じように「その人」を知る1つの重要な要素になるから。

どんな言葉を話しているかで、その人がどんな人なのか何となく想像できる。もちろんそれが全てではないけど、大きなヒントになる。

乱雑なしゃべり方をしていると、乱雑な人なのかな?と思う。そんな感じです。

オードリーヘップバーン主演の映画『マイ・フェア・レディ』でも分かるように、階級社会の国イギリスでは話言葉でどの階級に属するかわかるようになっています。(21世紀の今でも!)

北部か南部か。ホワイトカラーかブルーカラーか。貴族か平民か。

言葉に非常に敏感なお国柄ゆえ、子供が産まれる前に「話し方教室」に行く親も多いそう。さすがクイーンズイングリッシュの国、徹底してます。

また、西日本屈指の高級住宅街「芦屋(あしや)」出身の知人は、話し言葉が標準語でした。関西人だけど標準語。

一人娘のお嬢さんにも普段から丁寧な標準語でお話されているそうです。

娘さんは玄関入るまでは関西弁で、家にはいったら標準語、と完全に分けてるらしい。ある意味バイリンガルですね。

私は大阪生まれの大阪育ちなので、関西弁を喋ります。でも、もともと親が他府県出身だったせいか、それほど強い関西弁を話しません。関西弁と標準語のミックスです。

例えば「早くしなさい」は「早くしないとダメやで」などと言った感じです。

でもコレ、意識してるからこの言葉づかいなんですよね。これが子供たちに怒ってきたら、こうはいきません。

【ボルテージ1】
「はよ(早く)せなアカンで」

【ボルテージ2】
「聞いてんの?はよ(早く)しぃっ!」

【ボルテージ3】
「はよ(早く)しぃって、さっきから何回も言ってるやろ~っ!」

となります。

えぇ、生まれも育ちも大阪なので、怒ると本性(?)が出て完全に大阪一言葉が乱暴な南大阪の人になります。(笑)

ちなみに「なんでやねん」などと心の中で一人で突っ込むときも、完全に大阪弁です。でも、出来るだけ話すときは言葉を選ぶようにしています。

あっ、ちなみに大阪の人はテレビでよくみるお笑い芸人みたいなしゃべり方はしてないですからね。あの人達は、仕事用の関西弁です。(中には話す人もいるけど少数派です)

丁寧なしゃべり方は、丁寧な動作に、丁寧な生活につながる。

ごくごく自然に、小さな頃から子供たち伝えていきたい。親が意識するだけで出来る、簡単な、でも一生子供の役にたつ、大切なコトの1つだと思っています。

そのためにも、子供たちよ、私を怒らせないようにしておくれ・・・

  

ゆうゆうでした。