pickup

叶匠寿庵の和菓子

帰省土産を買いに高島屋まで行って来ました。

「日持ちがして、珍しくて、見た目にも楽しそうなもの」と言うことで、叶匠寿庵の『七福神』を買いました。

この『七福神』と~っても可愛いんですよ!

鯛や栗納豆、黒豆納豆、蓮根、せんべい、すず、柚子の7種類のお菓子と、可愛い鯛の置物が宝船の箱に入っています。

一目で気に入りました。

私の両親は高齢なのであまりお菓子は食べないし、これくらいの量がちょっとした手土産にピッタリ。両親と義妹にそれぞれ買いました。

叶匠寿庵の『七福神』は12月中旬から1月上旬までの期間限定商品。なくなり次第終了なので、気になった方はぜひ店頭へ急いでくださいね。

 

お次はえと飴。

えと飴

去年義妹から子供たちにもらって大好評だったので、今年は友人の子供たちと甥っ子に買おうと思っていました。

 

 

こちらは中に、くじが入ってるので新年早々の運試しができちゃいます。

今年の干支はイノシシなので甥っ子にはイノシシの干支飴を、親友の子供達には七福神の飴を選びました。

年末年始に会う友人には中川政七商店の福ふきんを購入。

お正月らしいふきん

ふきんは何枚あっても良いし、おめでたいネーミングだったのでちょっとしたプレゼントにピッタリです。

 

そのほか、元旦の朝に使用するテーブルマット。

テーブルマット

紙製なので使い捨てですが、これ一枚あるだけでお正月らしさがグンと増します。

私はお節らしいお節はつくりません。紅白のなますや金環の甘露煮など3、4品ほど作ったら、あとは市販のモノを買って来て綺麗なお皿に並べるだけ。

そのため、テーブルマットや特別なお皿などを出してお正月らしさを演出することにしています。

 

お正月用の干菓子も買いました。

お正月用の干菓子

実は干菓子、大好きなんです♡

小さくて、甘くて、優しい色合い。

最近は可愛い干菓子がたくさんあり、見つけるたびに買ってしまいます。

簡単お節のあとのお茶請けに、この小さな優しいお菓子を2つ、3つ家族で選びながら食べる予定です。

こんな風に年末年始のための買い物をアレコレしていると、店内で3組もの知人に偶然会いました。皆「帰省前のお土産を買いに来てる」とのコト。

手土産を持って親や親戚を訪ねる。

どんなやり取りがあるのか想像しただけで、何だかホッコリしてしまいます。

帰省される方は楽しい時間を共に過ごされますように。

帰省されない方も会えない人達に思いを馳せながら、各々の楽しい時間を過ごされますように。

年末年始の買い物をして、そんなコトを思ったのでした。

 

ゆうゆうでした。

スポンサーリンク
おすすめの記事