世界的ベストセラー『ねえ、どれが いい?』を年長の娘のために借りてきました。

ねえ、どれがいい? (評論社の児童図書館・絵本の部屋)

何となく素朴な絵に惹かれて借りたのですが、作者について調べるうちに『ねえ、どれがいい?』がとても有名な絵本だと知りました。

とても素敵な本だったのでご紹介したいと思います。

 

スポンサーリンク

対象年齢

幼児~

【出てくる文字】
平仮名/カタカナ

【1ページの文字数】
30文字前後

出てくる字は平仮名です。一部カタカナもあります。(ブタ、ワニ、トランペット等)1ページ内の文字数は多くても30文字程。しかも文字が大きいので読みやすいです。一番短いページでは4文字(ひとごみ)でした。

スポンサーリンク

10秒で説明『ねえ、どれが いい?』

 「ねえ、どれがいい?」と絵本では色んな選択が出てきます。そのどれも選びたくないようなものばかりで、何をえらべばよいか真剣に考えてしまう楽しい絵本。

 

スポンサーリンク

選ぶことの楽しさが目一杯ある

「ねえ、どれがいい?」と本の中でたずねられるのは言われるのは本当にろくでもないことばかり。

  • 家のまわりが洪水になるか、大雪になるか。
  • ジャングルになるのかジャムまみれか、水びだしか、犬にひかれて泥だらけか。
  • クモのシチューか、カタツムリの団子か、虫のおかゆか、蛇のジュースか。

 

そんな選択ばかりが並んでいて「どれも嫌!」と思っちゃうんですが、これが面白い!

子供たちはあれこれ文句を言いながら、笑いながら、真剣に考えて答えていきます。

例えば「どれに追いかけられたいか」と言うページの選択肢はカニ、ウシ、ライオン、オオカミ。(なんでやねん)

娘はウシを選びました。

何となく、ウシなら怖くないと思ったんでしょうね。実際のウシは大きくて怖いと思うんですが(笑)

私はカニを選択したのですが、

カニやったら、ハサミでチョキンとされちゃうで

とのこと。

彼女なりに色々考え、カニは削除されたんだな、と(笑)

娘、息子、私と、三者三様の答えがあり、なぜそれを選んだのかお互い話をすると価値観が分かって面白い。そんな楽しみ方が出来る、とっても素敵な本でした。

 

『ねえ、どれが いい?』の著者について

著者はイギリスのジョン・バーニンガム氏。サリー州と言うイギリス南東部で1936年に生まれました。

私が初めてイギリスで滞在した街ギルフォードがある州で親しみを感じます。ずいぶん大昔に行ったのですが、ロンドンからも比較的近く、お洒落なお店がたくさんある街でした。

セントラル美術工芸学校卒業後、初めて手掛けた絵本『ボルカ―はねなしガチョウのぼうけん』でケイト・グリーナウェイ賞という1年間にイギリスで出版された絵本の中で、とくに優れた画家に対して贈られる賞を受賞しています。

 

ゆうゆう的まとめ

正直、この本が世界中で愛されているベストセラー絵本とは知らずに借りて来ました。

でも実際に子供と読んで見て、この本が人々に長く愛される理由が分かった気がします。

こんなに愛らしく、素朴な絵からは思いもしない破天荒で、エキセントリックな選択の数々!!

ふざけた様な内容から選ぶ楽しみは、格別でした。

ジョン・バーミンガムさんの絵本は沢山翻訳されていますので、機会があれば他の物も手に取ってみたいと思います。きっと、またビックリするようなお楽しみがあるかも。

皆さまもぜひとも読んでみてくださいね~

 

ゆうゆうでした

スポンサーリンク
おすすめの記事