pickup

 

色々な動物

英会話の授業中に、動物の鳴き声が話題になりました。

英語と日本語では動物の鳴き声が随分違うってこと、ご存知ですか?

犬はバウワウ、猫はミャウ。これくらいなら沢山の人が知ってるかな?

では牛は?ネズミは?

授業で習ってとても面白かったので、今日は動物の鳴き声についてご紹介したいと思います。

記事の最後の方にはYouTubeで見つけた動物の音声動画を貼っていますので、よろしければご覧くださいね。

 

日本語と英語の動物の鳴き声

犬(woof)

子犬がこちらを見ている

 

日)ワンワン
英)ウフッ、ウフッ
米)バウワウ

イギリス英語とアメリカ英語では鳴き方が違うようです。

 

猫(meow)

人の肩の上にのっている猫

 

日)ニャー、ニャー
英)ミャウ、ミャウ
米)ミュー

これまたイギリスとアメリカでは違うそう。

 

ライオン(roar)

たてがみの立派なライオン

 

日)ガォー
英)ロアー

ライオンだけでなく、猛獣の鳴き声全般をロアーと言うそうです。まぁ、聞こえなくもないかな??

 

牛(moo)

可愛い白と黒の牛

 

日)モー
英)ムー

確かに、ムーと聞こえなくもありません。

 

蛙(ribbet)

水面から顔を出すカエル

 

日)ケロケロ
英)リビット、リビット

蛙の鳴き声がリビット!?とちょっと驚きました。でも、確かに聞こえなくもない。

 

ヘビ(hiss)

草むらで舌を出すへび

 

日)シュー
英)ヒスゥー

これは威嚇の時の声になります。このヒスゥーと言う発音が結構難しく、日本人は言いにくそうでした。まぁ、あんまり蛇の威嚇の声を英語で話さないと思うけど(笑)

 

馬(neigh)

茶色い馬

 

日)ヒヒーン
英)ネ~

 ネ~、って羊やん

とその場にいる生徒全員が思いました(笑)

馬はやっぱりヒヒーンですよね。

 

ネズミ(eek)

ネズミ

 

日)チューチュー
英)イックイック

日本語のネズミの鳴き声を「チューチュー」と言ったら、先生は爆笑。

なぜなら「チューチュー」は英語圏では電車の音、との事。

ゆうゆう
いや、電車はガタンゴトンやろ

 

そう言えばイギリスの子供向け鉄道アニメで『チャギントン』という番組があるんですが、その中のチャガ―達(列車)たちは、確かに皆「チューチュー」と言ってます。

 

現在もフジテレビで日曜の朝に放送していますので、興味があればチェックして見てくださいね!(息子も幼児の頃少し見ていました)

因みにイギリスの公式HPではチャギントンのゲームが無料で出来ます。

お子さんがチャギントン好きなら、遊びながら出来る英語の勉強にもなるかも知れませんね。

 

スポンサーリンク

分かりやすかった英語の動画

犬や猫ならともかく、蛇は発音を聞かないと分かりにくいと思うのでYouTubeでみつけた動画を貼っておきますね。

他にも色んな動物の鳴き声が聞けますよ~。


Kids Vocabulary - Animal Sounds - cow moo - Learn English for kids - English educational video

ネズミの鳴き方等、先生が教えてくれたものとは違うのもいますが、大体同じでした。

 

スポンサーリンク

ゆうゆう的まとめ

先生はイギリス人なので、アメリカ英語とは少し発音が違うかも知れません。とにかく普通に面白かったのでご紹介してみました。

日常的にそんなに使う事はないですが、英語に興味を持ち始めた子供に

 

ゆうゆう
日本語と英語で動物の鳴き声違うねんで~

 

と教えてあげると面白がるかと思います。

我が家ではクイズ形式で子供に鳴き声を想像させたり、YouTubeの動画を見せたりしたのですが、日本語と英語で随分鳴き声が違うのでビックリしていました。

 

息子
同じ動物やのに何で違うん?

 

と疑問に思ったようです。

鳴き声は同じだけど、聞こえ方が国によって違うと教えたんですが、本当、不思議ですよね~。

こんな風に国によって色んな違いがあることを知ると、自然と英語に興味を持ってくれかも。と子供たちに期待しているのでした。

 

ゆうゆうでした

スポンサーリンク
おすすめの記事