pickup

小さな子供

皆さんビタミン剤って飲みますか?

私は妊娠中、葉酸と鉄分のサプリメントを飲んでいましたが、それ以外ほとんど飲んだことがありませんでした。

自分では十分バランスの良い食生活をおくっていると思っていたからです。

ところが先日何気なく見ていたBBCのニュースで、イギリスの保健省が「生後6か月から5歳未満の子供に毎日サプリメントを取ることを推奨」と言う記事を見かけました。

ゆうゆう
え~!子供にビタミン剤!?

と驚愕。
「そもそも子供って錠剤飲める?」と疑問に思ったので、BBC記事のまとめを中心にご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

子供にビタミン剤を与える必要性

記事によると、生後6か月から5歳未満の子供には特にビタミンA、CおよびDのサプリメントが必要とのこと。

特にビタミンDは日光を浴びることによって作られるため、日照時間の少ないイギリスでは不足している人が多数いるんですね。

なるほど、納得。

子供に必要なビタミンA・C・Dの効用って何?

イギリス保健省が特に子供に摂取をすすめているビタミンA・C・Dって、どんな役割があるんでしょうか?調べてみました。

ビタミンA

皮膚や喉、鼻、消化器官などの粘膜を乾燥から守る、視力低下を防ぐ。

うなぎのかば焼き

【ビタミンAの多い食べ物】
(レバー、うなぎ、しそ、バジル、卵黄等)

 

ビタミンC

抗酸化作用や免疫力向上、コラーゲン生成や、骨の成長を助ける。

カラーピーマン

【ビタミンCの多い食べ物】
(赤・黄ピーマン、柚子皮、パセリ、レモン等)

 

ビタミンD

骨や筋肉の成長やくる病の予防。子供であれば体の成長を助ける役割。成人であれば骨粗しょう症を防ぐのに役立つ。

サーモン

【ビタミンDの多い食べ物】
(鮭、にしん、いかなご、さんま、ひらめ)

 

日本の子供に不足しているビタミンは何?

国民健康・栄養調査(厚生労働省)では日本の子供はカルシウム、鉄が不足気味と言う結果が出ていました。

この他にもビタミンAやDの摂取もイギリス同様すすめられています。

 カルシウム

歯や骨を強くする。不足すると幼児では骨の発達障害が起こったり骨密度が低くなり、丈夫な骨が作られなくなる。

牛乳

【カルシウムの多い食べ物】
(牛乳、豆腐や納豆等の豆類、小魚、わかめ、海苔、小松菜等の緑黄野菜)

もともと吸収が悪い上、日本の水は軟水でカルシウムの含有率が低いことと、和食には乳製品が少ないためカルシウム不足が多いようです。

私の母はカルシウム不足で骨粗鬆症になっており、毎日自分で皮下注射を腹部に打っています・・・

 

酸素を身体のすみずみまで運ぶ役割をする。

貝
【鉄の多い食べ物】
(レバー、あさり、カツオの刺身、小松菜、ブロッコリー等)

不足すると動悸やめまい、頭痛や皮膚のトラブルなどがおこります。特に女性は生理や出産などで鉄不足が起こるので注意したいものです。

私も出産後、しばらく病院から鉄のお薬を頂いてました。

また、フルーツのプルーンも鉄分を多く含んでいるので我が家では良くプルーンを食べています。美味しく、手軽に食べれるのでおすすめですよ!

 

大人が子供にビタミン剤を与えない理由

BBCのニュースでは多くの親が子供にビタミン剤を与えない理由は次のとおりだと言っています。

  • 健康的な食事でビタミンは十分だと思っていた
  • ビタミン剤を飲ませた方が良いと知らなかった

私も食事で十分栄養が取れてると思っていました。

それに、何となくビタミン剤って薬ってイメージで子供に飲ませたくないなぁ、と思っていたんです。

でも、ちょっとこの記事読んでビタミン剤への印象が変わりました。

日本はイギリスみいたいに曇り空ばかりではないけれど、紫外線が気になって日中でも帽子をかぶったり日焼け止めを塗ったりしているので少し気を付けた方が良いかも知れません。

 

イギリスで販売されているビタミン剤

イギリスでは生後、6か月からビタミン摂取を推奨しているとのこと。

生後6か月と言えば、離乳食をスタートさせる時期ですよね。ビタミン剤が粉末か液体か興味があったので調べてみました!

イギリスでは小さな赤ちゃんから摂取できるようにシロップのビタミン剤が販売されていました。

イギリスのAmazonで見ると、はちみつ味やらぶどう味やらの色んな子供用ビタミンシロップがあり、ちょっとした「お楽しみ」代わりにあげてるよう。

なるほど、これなら無理なくあげることが出来ますね。

 

日本ではどんな子供用ビタミン剤がある?

 

日本である子供用のビタミン剤について、どんな物があるのか知らなかったので調べてみました。

 

粉タイプ

スティックなどに入っていてそのまま飲む(食べる)タイプです。味も苺などの子供が好きそうな味で、粉末状のラムネ菓子感覚で食べることが出来ます。

 

グミタイプ

子供が好きなグミタイプです。食べやすい上に食感が良いです。

『SmartyPants』のマルチビタミンにはビタミンDとオメガ3が入っており、アメリカのベイラー大学小児科医もおススメのビタミン剤なんだそう。

 

タブレットタイプ

ラムネのようなタブレットタイプのビタミン剤。カリカリ食べれてお菓子みたいです。

miteteのキッズサプリはAFC社と日本予防医学研究所の共同開発のビタミン剤で、実際の親子100組以上の声を元に作られたそう。

カルシウムや乳酸菌、DHAが配合された優れもので味も苺やぶどうではなく珍しいパイナップル味。いかにも子供が好きそうだと思いました。

ゆうゆう的まとめ

我が家は特にビタミン剤と言う意識はなかったんですが、たまたま カワイ肝油ドロップを2年ほど幼稚園を通して購入しています。

園児は店頭より安い価格で買うことができ、どうしてなのか疑問に思っていました。

その理由は「小さな子供に不足しがちなビタミンを手軽な価格で提供する」と言う社会的意味で河合薬業会社が特別価格で提供しているんだそう。

そう聞くと、あらためて子供に与えるビタミンの大切さを感じます。

ただし食べさせすぎると健康を損なうこともあるので、用量を守ることが大切。子供たちも美味しい肝油ドロップをたくさん食べたがりますが、ちゃんと1粒、2粒にさせています(笑)。

粉やグミ、タブレットタイプなどのいろいろなビタミン剤があるので、オヤツ代わりに与えると良いかも知れませんね。

 

ゆうゆうでした

スポンサーリンク
おすすめの記事