生地をこねる手

休日の時間がある時のランチに子供とピザを作ることがあります。

お手伝いと、遊びが一緒になったうえにランチまで出来てしまうと言う優れもの!

ピザを生地から作るのはちょっとめんどくさそうに思えますが、子供と一緒に作りはじめるとビックリするくらい楽しいのでおすすめです。

レシピは主に、クックパッドなどその都度検索して作っています。

生地をしっかりこねて発酵させて作るピザの方がモチモチ美味しく出来ますが、我が家の場合は「子供に作らせること」がメインなので、その時々によって時短の物を作ったり、本格的な物を作ったりと私の気分次第で適当にしています。

今回はクックパッドで見つけたさーやさんの15分で作れるピザにしました。

私が作るとモチモチの生地にはなりませんでしたが、アッと言う間に出来たので助かりました。

 

作り方は次のとおり。

  1. 全ての材料をボールに入れる (塩とイーストは少し離して入れる)
  2. 箸で全体的に混ぜて1つにまとめる
  3. 生地を手で粉っぽさがなくなるまで押し付けるようにしてこねる
  4. 乾燥しないよう、オリーブオイルを塗ってからラップをかけ15分ほど暖かい場所に置いて発酵させる。(オーブンの恰好機能でも可)
  5. 発酵が終わったら綿棒で生地を伸ばし、縁付きの円を作る
  6. ソースや具をのせ、250度のオーブンで約10分焼く

オーブンで焼いても良いですしトースターで焼いても大丈夫!トースターの機能はメーカーによって違いますが、我が家ではいつも5、6分です焼けますよ。

トッピングする娘

トッピングの具材は定番のウインナーや、グリーンピース、コーンなどに加え、大人はキノコやジャコをのせたりアボカドやピーマンをいろどりで使ったりします。

急に作る時は冷蔵庫にあるものを適当に。ピザ用チーズさえあればピザッぽくなるので大丈夫ですよ~。

普段ありまりピザ用チーズを使わないようであれば、チーズは冷凍保存してくださいね。長く冷蔵庫にいれておくと、カビがくる場合があります。

ピザは各自一枚ずつ作るようにして個性を競うのですが、これが楽しい。

トッピングする息子

生地は綿棒で伸ばしますが力のかけ具合や丸い形にするのが意外と難しかったりします。ちょっと変な形になるのもこれまた楽しくてまるで粘土遊びです。

娘は可愛らしくお花をイメージして作りました。性格は大胆なのに結構バランスよく考えて作っています。意外と繊細な面が反映されてる(笑)

娘の作ったピザ

一方の息子は生地を伸ばしていたら細くなったので、

息子
ゲゲゲの鬼太郎のねずみ男にする

とのこと。

ウインナーやグリーンピースを使って目を作りました。

息子の作ったピザ
ほぼコーンだけのねずみ男の完成です。なかなか似てると思いません?最近『水木しげるロード』の記事を書きなおした所だったので、親しみを感じてしまいました。

夫も私もトッピングして作りましたが大人がやっても楽しいですよ♪

ピザ生地を作るには強力粉やイースト菌などが必要ですが、中には薄力粉だけで作れるものもあるので意外と簡単に作れるかと思います。

生地を作りが面倒ならスーパーでも売られている市販の生地でも十分楽しめます! トッピングする具材を子供たちとあれこれ考え、「特別な自分だけのピザ」を作って食べるのと美味しさは格別。

週末や長期休暇など時間がある時にはぜひともお子様と一緒に作って食べてみて下さいね~

 

ゆうゆうでした

スポンサーリンク
おすすめの記事