フウセンカズラの花と実

 

毎年フウセンカズラを植えています。

丈夫で簡単に育つので、私のような植えっぱなしでも大丈夫。

カワイイ実がなるので子どもたちも大好きです。

それでは今日は、フウセンカズラの種まきの時期や育て方などをご紹介しますね。

 

スポンサーリンク

フウセンカズラの種まきの方法

暖かくなってから植えます。
種まきの時期
4月~6月くらい
(気温が20度を超えた辺りから)

私はGWあたりに植えることが多いですが、今年は6月に入ってから植えました。

 

種は水につけておく

種は一晩水に漬けておくと芽が出やすいです。

忘れてしまったら、種の白い部分にカッターや針などで傷を入れると同じ効果がありますよ!

私は前日水に漬けるのを忘れたのでカッターを使いました。

ちょっと顔をかいてみたんですが、わかってもらえるでしょうか?(笑)

フウセンカズラの種に顔をかいてみた

 

日当たり重視

フウセンカズラはお日様が好きな植物です。

なので、植える鉢やプランターは日がよく当たる場所にしてくださいね。

日当たりのいいと土がすぐ乾燥してしまうため、表面が乾いたらたっぷり目にお水をあげて下さい。

肥料を与えるのも重要なポイント。肥料はリン酸が多く含まれている物をあげて下さい。大抵ホームセンター等で売られている「草花用」の肥料で大丈夫かと思います。購入する時は、念のために成分を確認してみて下さいね。

 

種植えは間隔をあける

フウセンカズラの種は1穴に2,3粒ずつ植える

 

種は1センチくらいの深さに植えます。

一穴に2,3粒ずつ。

ここで注意するのは種を植える間隔を15~20センチほどあけること。

とにかく一度芽が出だすとスンゴイ勢いで育つので、大変なことになります。

およそ1週間ほどで芽がでますよ!

 

間引いて大きくする

フウセンカズラの芽が出てきたところ

少し大きくなってきたら同じ穴から出たものや隣と近いものをぬきます。

間引かないと大きな実がならないので可哀そうかも知れませんが抜いてくださいね!

一度育ちだすとツタがグングン伸びるのでネットや柵を準備しておくと安心。

場所がない時はアサガオのようにあんどん仕立てにしても可愛いです。

我が家はいつも柵にツタをからませています。

ツタを長くしたいときは、ツタが伸びてきたらツタの先を摘むと、新しい芽が出てきて長く、大きく育ちますよ!

 

肥料をやる

ちょっと面倒ですが、肥料を与えると元気に育ってくれます。

栄養、栄養。

肥料はリン酸が多いものをあげて下さいね。

ホームセンターなどで売られている普通の草花用肥料で大丈夫です。(念のため確認してください)

ここまですれば、元気に大きなフウセンカズラが育つこと間違いないと思います。

 

スポンサーリンク

フウセンカズラの花言葉

 

フウセンカズラの花言葉は「あなたと共に」。

種の模様もハートで花言葉にふさわしいですよね。

フウセンカズラのハートの種

見ているだけで可愛いです。

 

スポンサーリンク

ゆうゆう的まとめ

子供たちにせがまれて植え始めたフウセンカズラも今年で5年目。

毎年の恒例のようになっていますが、いつも可愛らしい実をつけてくれて嬉しいです。

毎日少しずつ大きくなって行く姿を見ていると元気をもらえる気がします。

とにかく育てやすいので、私のようなズボラな人間でも大丈夫な植物です。

機会があればぜひとも植えてみてくださいね!

 

ゆうゆうでした。

スポンサーリンク