pickup

f:id:nyuuko:20190128104934j:plain

「おいしいふくやさん」シリーズの『あま~いダンスパーティー』を借りて来ました。

いぜん図書館で借りた『おいしいふくやさん』がとても面白く、娘も私も大好きだったので、第二段のこの本を偶然見つけた時は、大喜びしちゃいました。

それでは今日は『おいしいふくやさん』シリーズをご紹介したいと思います。

 

10秒で説明『おいしいふくやさん』シリーズ

素敵なお洋服屋さん、天女の「はごろもさん」のお店に、食べ物たちがやって来て、生クリームやみたらしダレで着飾ります。見ているだけで、楽しいお話。

 

スポンサーリンク

対象年齢

・幼児から~

【出てくる文字】
全て平仮名/カタカナ

【1ページの文字数】
50文字前後

 

出てくる字は全て平仮名です。ケーキ、等のお菓子などの名前がカタカナですが、振りかなを振ってくれいるので、幼児でも助けてあげれば何とかなりそうなレベルです。

 

スポンサーリンク

『おいしいふくやさん』シリーズの魅力って? 

お店の中はお菓子だらけ

はごろもさんのお店がもの凄く素敵!

生クリームや、ザラメ、コンペイトウや、乗せ放題のゼリービーンズ、チョコレート、フルーツ等々いろんなお菓子のトッピングが所せましと並んでいます。

とにかく・・・

美味しそう♡

お菓子を食べるのも、作るのも好きな私にとっては、まるで夢のようなお店です。

色合いも、カラフルですが優しい感じで、素敵です。

あぁ、こんなお店に行って見た~い!

 

はごろもさんがカッコよい

お店の女主人、はごろもさんが物凄くカッコ良い。

出来る女。

何てことないスポンジケーキが、はごろもさんの見立てで生クリームと苺の衣装?でショートケーキになったり、団子君たちがみたらしタレや、餡子でカッコよくなったりして、的確に、またスピーディーに最高の服(トッピング)を提案します。

娘も、迷ったお客さん(お菓子たち)の相談を親身になって聞き、最高のお菓子たちに次から次へと仕上げていくはごろこさんに、憧れを感じたよう(多分)。

部屋の内装も素敵で、ソファもテーブルもお洒落で、天井にまでお菓子柄というコダワリ。はごろもさんの、プロ意識が垣間見えます!

とにかく、素敵なはごろもさんです♪

 

『おいしいふくやさん』の著者について

著者は のし さやかさん です。

のし さやか氏

1978年生まれ。和歌山市在住の絵本作家、イラストレーターです。

日本の大学在学中に、人形劇団に所属するなど子供とふれあう機会があったのしさん。絵本教室や、ロンドンでグラフィックデザインの勉強をされたたのち、イラストレーターとしての道を歩みます。

『おいしいふくやさん』はもともと幼稚園や保育園で定期購読されている月間絵本「おはなしチャイルド」で人気だったため、一般販売されました。

のしさんの絵は、柔らかな線に、優しい色合いのタッチで、何とも可愛らしくて大好きです。和歌山市の観光キャラクター「吉宗くん」の生みの親でもあるんですよ!

 

 

『おいしいふくやさん』シリーズは何巻まで出ているの?

おいしいふくやさん

シリーズは、2019年1月現在2冊出ています。

2016年12月に出た おいしいふくやさん』と、2017年11月に発売されたおいしいふくやさん あま~いダンスパーティー』です。

『おいしいふくやさん』は食べ物で、天ぷらや、おにぎり等が色んな服を着せてもらいます。こちらも親子共々好きでした。

私はこのシリーズがかなり好きなので、今後も続けて欲しいです!

 

 

ゆうゆう的まとめ

『おいしいふくやさん』シリーズ、いかがでしたか?

とっても美味しいお菓子やお料理に色んなお洒落(トッピング )をするお話なので、見た目も食欲もそそる、楽しい絵本です。

部屋のいたるところが美味しそうな物で溢れているので、食いしん坊さんにおススメ。アレコレ親子でお話しながら見ると楽しいですよ♪

興味があれば、是非とも手に取ってみて下さいね!

 

ゆうゆうでした。

おいしいふくやさん あま~いダンスパーティー

おいしいふくやさん あま~いダンスパーティー

 

 

スポンサーリンク
おすすめの記事