pickup

f:id:nyuuko:20190425114145j:plain

我が家の図鑑はほとんどが講談社の『動く図鑑MOVE(ムーブ)』でそろえています。

図鑑は息子が幼稚園年少さんの頃に買い始めたのですが、その当時、DVD付きの図鑑はムーブだけ。

普通の図鑑も買っていましたが、この「動く図鑑」を知ってからはこちらで揃えるようになりました。

それでは今日は、DVD付き図鑑の先駆け『MOVE(ムーブ)』の魅力を熱くご紹介したいと思います!

 

10秒で説明『動く図鑑MOVE(ムーブ)』シリーズ

それまで絵や写真などのカタログ形式だった図鑑を、DVD付きで分かりやすく紹介。字の読めない幼児でも楽しめると好評を得て、今やDVD付き図鑑が主流となっている。

 

スポンサーリンク

対象年齢

・幼児から~

【出てくる文字】
全て(フリカナ付き)

【1ページの文字数】
図鑑による

 

ひらがな、カタカナ、漢字、全て出て来ます。

図鑑は絵や写真が多いので、字については全く気にならないと思います。なんと言ってもDVD付き♪

裏表紙にDVDがついています

裏表紙にDVDがついています

DVDケースにて保管

DVDケースにて保管

 

スポンサーリンク

『動く図鑑MOVE(ムーブ)』シリーズの魅力って? 

DVD映像はNHKチームによって制作

DVD映像はNHK

DVD映像はNHK

映像は、NHKエンタープライズさんが制作。

ザ・日本放送協会。

テレビでも「ダーウィンが来た!」や「NHKスペシャル」などで素晴らしい映像を制作されていて、文句なし!分かりやすく、面白い!

 

臨場感あるDVD解説が最高な『恐竜』図鑑

恐竜好きなら本当におススメ!

恐竜好きなら本当におススメ!

図鑑によってDVDの解説者はことなりますが、子供たちと私が一番気に入ってるのが『恐竜 』図鑑。

MOVE(ムーブ)の恐竜図鑑では、恐竜たちがバトルするんです。

で、バトル開始前にいつも

「喰うか、喰われるか~!!きょ~りゅ~サバイバ~ル」

あおってきます(笑)。

図鑑に全く興味のない娘もこの『恐竜』図鑑のDVDだけは別で、喜んで

喰うか、喰われるか~♪

と言うほど我が家では人気をほこって?います。

 

躍動感ある写真や解説が工夫されている

DVDだけでなく、図鑑も秀悦です。

写真の配置や解説も工夫されており、子供たちが興味を持ちやすいよう考えられています。

くらべるとわかりやすいので家に2冊ある『魚』図鑑でみてみますね。

下は他社の図鑑にあるカサゴのページ。

他社の図鑑のカサゴページ

他社の図鑑のカサゴページ

色々な種類のカサゴが整然と並んでいて、分かりやすいけどオーソドックスなものです。 

一方こちらはMOVE(ムーブ)のカサゴのページ。

MOVE(ムーブ)のカサゴページ

MOVE(ムーブ)のカサゴページ

写真は大きく、「釣りあげられた時に目が飛び出る」など、面白いコトもかかれています。

私なら、絶対にMOVE(ムーブ)の方が見ていて楽しい♪

こんな風に子供に「おもしろいな!」「どうなってるのかな?」と思わせてくれる図鑑、素晴らしいと思います!

  

ゆうゆう的まとめ

今や図鑑といえばDVD付きだったりスマホと連動したりして、すごい進化です。

昔人間?の私にとってはホント驚き。子供の頃には考えられなった~。

図鑑としては、ドラえもんとコラボしたり、芦田愛奈ちゃんをCMに採用したりしている小学館の図鑑『NEOシリーズ』が大人気のようですが、私としてはやっぱり初めてDVD付きの図鑑を出してくれた『MOVE(ムーブ)』を推したい!

視覚的に子供をひきつけるDVDや、好奇心に着目したインパクトのある写真の採用など、それまでの図鑑の常識をかえてくれた『MOVE(ムーブ)』はサイコーだ~

DVDの視聴は、HPからもできるので、気になった方はぜひとも見てみて下さいね!

講談社『MOVE(ムーブ)』のHPはこちらです♪

 

ゆうゆうでした。

恐竜 新訂版 (講談社の動く図鑑MOVE)

恐竜 新訂版 (講談社の動く図鑑MOVE)

 

 

スポンサーリンク
おすすめの記事