講談社動く図鑑MOVE

図鑑はほとんど講談社の『動く図鑑MOVE(ムーブ)』でそろえています。

子供が幼稚園のときに買い始めたのですが、当時DVD付きだった図鑑はムーブだけ!

子供の初めての本格的な図鑑として、おすすめです。

それでは今日は、『動く図鑑 MOVE(ムーブ)』をはりきってご紹介します!

 

スポンサーリンク

10秒で説明『動く図鑑MOVE(ムーブ)』シリーズ

それまで絵や写真などのカタログ形式だった図鑑をDVD付きで分かりやすく紹介。字の読めない幼児でも楽しめる図鑑を作った先駆者。特に映像はNHKとタッグを組んでおり、クオリティーが高い。

スポンサーリンク

対象年齢

・幼児から~

【出てくる文字】
全て(フリカナ付き)

【1ページの文字数】
図鑑による

 

ひらがな、カタカナ、漢字、全て出てきますが絵や写真が多いのでは全く気にならないと思います。

 

スポンサーリンク

『動く図鑑MOVE(ムーブ)』シリーズの魅力って?

映像はNHKチームが制作

映像が美しい

映像はNHKエンタープライズが制作。

ザ・日本放送協会。

テレビでも「ダーウィンが来た!」や「NHKスペシャル」などで素晴らしい映像を制作されていて文句なし!

間違いないです。

 

テンポよい面白いDVD解説

MOVEのDVD

DVDも「説明」ではなく、テンポがよくて面白い解説になっています。

とくに私達が一番気に入ってるのが恐竜図鑑のDVD。

恐竜たちがバトルするんですが、

バトル開始前にいつも

「喰うか、喰われるか~!!きょ~りゅ~サバイバ~ル」

とあおってきます(笑)。

図鑑に全く興味のない娘もこの『恐竜』図鑑のDVDだけは別で、

喰うか、喰われるか~♪

と一緒になって言ってます。

 

インパクトある写真や解説

図鑑の写真はインパクト大!

ドドーンと大きな写真が載っていたりして目を引きます。

それまでの図鑑と比べるとわかりやすいので、家に2冊ある『魚』図鑑でみてみますね。

下は他社の図鑑にあるカサゴのページ。

色々な種類のカサゴが整然と並んでおり、分かりやすい。でもごくごく普通な感じです。

別の図鑑のカサゴのページ

 

一方こちらはMOVE(ムーブ)のカサゴのページ。

MOVEのカサゴのページ

ご覧のとおり写真は大きく「釣りあげられた時に目が飛び出る」など面白いマメ知識も書かれているんですよ!

違いは一目瞭然だと思いませんか?

 

ゆうゆう的まとめ

インパクトある写真や子供が見て楽しめるDVDなど、それまでの常識をかえた図鑑だと思います。

MOVEの図鑑を初めて買ったのは4歳のときですが、10歳になった今も読んだり見たりして楽しんでいますよ。

また、講談社ではMOVEの特設HPもあり、そちらでDVDの視聴もできます。

コラムや動画も無料でみれるので、興味のある方はぜひともチェックしてみてくださいね。

 

ゆうゆうでした。

スポンサーリンク
おすすめの記事