手をつなぐ夫婦

 

結婚して十数年、小学生の子供が2人いる我が家は今でもラブラブ。

夫といるのが一番楽しい!

そんな風に思えるのは、やっぱり夫が家事や育児に積極的だから。

夫は自分で仕事をしており、職場も近いので単純に一般的な会社勤めの人とくらべるのはムズカシイと思います。

でも、夫はいつも「子育てを手伝う」ではなく、「子育てを一緒にする」スタイル。

私は専業主婦ですが今でも週末は晩御飯を作ってくれたり、子供たちを連れだして私にフリータイムをくれたりします。

夫曰く「家事や子育ては大変やから、できるときに俺もするな」とのコト。

私が「やるよ~」と言っても、「ゆっくりしとき~」と言ってくれます。

全てがこんな感じなので嫌になる理由が全くなく、それどころか感謝が増すばかり。

子供たちが乳児の頃からオムツ替えや寝かしつけ、読み聞かせや遊び、掃除も洗濯もお料理も全~部こちらがなにも言わなくても積極的にしてくれていました。

私が育児に悩んだり迷ったりしているときもシッカリと話を聞いてくれ、親身になって共感してくれたりアドバイスをくれました。

仕事が忙しいときでも可能な限り早く帰宅してくれて、子供の世話をした後に持ち帰った仕事を夜中までしていました。

それも自然に、当然と言わんばかりの態度で。

これで好きにならない理由は、ない。

夫の職場は近いのでランチはほとんど家に帰ってきて食べます。

ちょくちょく家で仕事をするコトも。

それをママ友に言うと必ず「そんなにしょっちゅう一緒にいて嫌じゃない?」と聞かれるんだけど、いやいやずっと家にいてほしいんだよ、私は(笑)。

夫は私にとって世話がかかる同居人ではなく、頼りになる人。

むしろ、いてくれる方が助かる。

夫のような人は少数派なんだと思います。

でも、こんな人とならずっと一緒にいたいし、何かあっと時にも最大限サポートしたいと心の底から思える。

子育てに悩んだり、困ったり、ストレスに感じたりしているときにパートナーが何のサポートもしてくれなかったら?

「してやっている」という態度だったら?

一生恨んだる~

と私なら絶対に思う。

エエ、女性は(私は)執念深いんです。

子供ができてもずっと仲良し夫婦でいたいなら、男性は全面的に奥さんをサポートする!

コレ、とっても大切だと思います。

困ってるとき、しんどいときにどれくらい相手が助けてくれるか。

とくに子供に手が掛かる小さい頃に、どれだけ手を差し伸べてくれたかが大きいと思います。

子供ができると男性はそれほど急激に気持ちは変わらないかも知れませんが、女性は肉体的にも精神的にもいっぱいいっぱいになるコトがほとんどです。

私は昔、子供が風邪をひいたときの受診の目安が、育児書に「親がいつもと違うと思ったら」と言うのを読んで震え上がりました。

「どんだけ親の感覚重視やねん!」と。

相手が赤ちゃんの場合、母親はつねに緊張感に強いられています。

お互いよい関係ですごせるよう、最大限の努力はして欲しいな、と思います。

そうすれば、きっといつまでもラブラブ夫婦でいられるコト間違いなし!

子供ができても結婚式の誓いのとおり、いつまでも愛し、敬い、いつくしみ、お互いが素敵な関係でいられますように。

 

ゆうゆうでした。

スポンサーリンク
おすすめの記事