pickup

電気回路キット

小4の息子が突然「電気買って」と言ってきました。

えっ?電気!?

どうやら理科の授業でやった電気回路が面白かったようで、電気回路キットが欲しかったよう。

「夏休みの自由研究にも使えるかも」と思ったので、快く買ってあげました。

 

電気に興味があればチャンス

豆電球に電気をつけたい!

この一心で息子は電気回路キットを欲しがったのですが、

「これはまさにチャンス!」だと思いました。

実は私、理科が苦手。(算数も、いや、その他も:笑)

学生時代、とにかく一度「わからへん」と思うと拒絶反応が強く、もう何も受け付けない(笑)。

でも、実験などは好きな方でした。

だって、目で見えると面白いでしょ?

「お勉強」というより「ちょっと高度な遊び」です。

 

ゆうゆう
へぇ~、すご~い!

 

と言った不思議なマジックのような感覚でした。

だから、理科のキットが欲しいというなら

 

ゆうゆう
えぇ、ぜひとも買ってあげましょう!

 

と張り切ってポチッとしました。

 

スポンサーリンク

1,000円の電子回路キットの実力

電子回路セットの全て

 

DETEKER 電気回路実験キットをAmazonで買いました。

あまり安すぎず、あまり高すぎず、と言うことで1,000円ほどのお値段です。

レビューも良かったのですが、実際届いたのを見てみて

 

ゆうゆう
このレビュー、バイトやな

 

と思いました(笑)

まず、

日本語ガイド(説明書)が小さな見開きだけ。

日本語のガイド
見開きページのみ

 

特に並べ方の説明が事細かくあるわけでもなく、ピラッとしたものが1枚だけ。

息子も私も「えっ!?」と戸惑いました。

でも、なんとか学校で習った知識とガイドに描かれていた絵を合わせてつないでいき、無事豆電球に明かりを付けることができました。

豆電球の灯りがついた

 

ちょっと感動!

その後、並列にしてみたり、直列で並び方を変えてみたりしていましたが、電池ケースがかみ合わなかったりして品質の悪さを感じました。

「これで1,000円かぁ~」と思うようなレベルでしたが、直列や並列回路を作り、豆電球をつけることが出来るから出来ないかを見るという役目はちゃんと果たすので、まぁ良しかな?と思っています。

そんなに本格的なモノ買っても使うかわからないし(笑)。

 

スポンサーリンク

ゆうゆう的まとめ

電気回路と言うと何やら難しそうな感じがしますが、「豆電球をつけれるか、つけれないか」と考えると何だか楽しそうな感じになるから不思議です。

電気回路の問題は中学生になっても出てくるようなので、私はキットを買って良かったと思います。

この豆電球のおかげもあって、電気の問題は息子の中では「得意」になっています。

電気回路が苦手なお子さんがいたら、実際にキットを組み立ててみる、というのも手だと思います。

成功すると、パッと電気がつく、っていうのも良いと思います♪

もしあんまりだったら、夏休みの自由研究に使えるのもポイントです(笑)。

楽しく電気回路について、理解できますように!

 

ゆうゆうでした。

スポンサーリンク
おすすめの記事