pickup

ナツカシリーズ

今日は『ナツカのおばけ事件簿』シリーズをご紹介します。

探偵やおばけ退治の話って男の子向けが多いですが、今日ご紹介する『ナツカのおばけ事件簿』は女の子が主人公!

かわいくって頭の良い小学生ナツカの活躍にスカッとします。

「こんなお話、待っていた!」とばかりに娘も楽しく読んでいますよ。

それでは『ナツカのおばけ事件簿』シリーズ、いってみましょう!

10秒で説明『ナツカのおばけ事件簿』シリーズ

かわいくて頭のよい小学生のナツカと「おばけ退治」を営むパパがタッグを組んで、様々な怪事件を解決するお話

 

スポンサーリンク

対象年齢

対象学年 低学年から
出てくる字 全て
1ページの文字数 150

 

かな、漢字、カタカナ全て出て来ます。

ほとんどの漢字に読み仮名がふられていますが「口」「中」などの1年生で習う漢字にはついていないことも。

でも全てのページにイラストがありますし、中には見開きでマンガみたいなコマ割りもあるのでハードルは低いですよ~。

『かいけつゾロリ』が絵本から児童書への橋渡しだとすれば、『ナツカのおばけ事件簿』はゾロリからもう一歩先へ導いてくれる本だと思います。

ゾロリとくらべると字が小さいし、絵も少なくなっていますが話が面白いので低学年におすすめです!

ゾロリとナツカの文字の大きさ比較

 

スポンサーリンク

『ナツカのおばけ事件簿』シリーズの魅力って?

推理とおばけ退治が楽しめる

「おばけ事件簿」となっているとおり、事件の犯人はおばけです。

「探偵もの」と「おばけ」

って最強の組み合わせですよね!

名探偵コナンも好きなこともあり、娘も見事、ハマりました。

ちょっと怖いおばけのイラストも中にはありますが、それもドキドキして面白いみたいです。

 

ナツカが魅力的

「主人公のナツカが素敵」

この一言につきる。

かわいくて頭が良くて、勇気もあるナツカ。

両親は離婚してるけど仲が悪いわけでもなく、パパはおばけ退治が仕事でママは売れっ子デザイナー。

いつもおしゃれな服を着ていて、行動力があって、可愛らしくて・・・。

大好きです。(私が:笑)

ちょっとダメなパパをサポートする姿に胸がキュンとしちゃいます。(私が:笑)

 

事件解決後のふりかえり

ちょっと教育的になるんですが『ナツカのおばけ事件簿』では事件を解決したあとに、「事件のかいけつ方法」「事件のカギ」「事件の教訓」などのふりかえりがあります。

何がキーポイントだったか、この事件で何を得たか、事件のまとめが話の最後に書かれており、子供がお話を整理するのに役立っています。

ふりかえり、大事ですよね・・・

 

帳簿につけている報酬

おばけ帳簿

「スゴイ!」と思ったのが、ナツカが事件の報酬を帳簿につけていること!

「おばけ帳簿」というんですが、ここに報酬や貯金額が書かれてるんです。

ナツカのおばけ帳簿
  • 前回の残高
  • 収入(報酬)
  • パパのとりぶん
  • ナツカのとりぶん
  • 支出合計
  • 残高

 

ちゃんと「ナツカのとりぶん」があるのがイイ!

 

息子
今回は依頼主がお金持ちで報酬多いな

 

とか

すごい貯金たまったな

 

とか言いながらみてます(笑)

仕事をしてお金をもらうことや、貯金すること、ちゃんと自分の取り分があることなどが分かってスゴく良いと思います!

でもまぁ、単に見て楽しんでるんですけどね(笑)

 

『ナツカのおばけ事件簿』の著者について

著者は斉藤洋さん、イラストはかたおかなまみさんです。

 斉藤洋氏

1952年東京うまれ。

児童文学作家としてだけでなくドイツ文学者もあり、亜細亜大学の教授もされています。

代表作は映画にもなった『ルドルフとイッパイアッテナ』

この他にもペンギンシリーズ、高学年から読める『白狐魔記』など、たくさんの人気シリーズがあります。

 

 かたおかまなみ氏

静岡県生まれの画家、イラストレーターです。

『ナツカのおばけ事件簿』の他、たまひよや進研ゼミなどでイラストも描かれています。

きっと、見たことあるハズ。

 

『ナツカのおばけ事件簿』は何巻まで出ているの?

シリーズは、2019年10月現在17巻まで出ています。

最新刊は2019年3月に発売された『暗闇の妖怪デザイナー』です。

1999年から何度か発売期間があきつつも、現在まで続いています。

初代の『メリーさんの電話』とイラストがかなり変わっているので見比べるもの面白いですよ~

 

ゆうゆう的まとめ

『ナツカのおばけ事件簿』いかがでしたか?

とっても魅力的なナツカが事件を解決する様子は、読んでいて楽しいですよ!

主人公が女の子なので、どちらかと言えば女の子向けの話ですが、息子もメッチャ読んでいます。

探偵とおばけなので、男の子も読んで面白いと思いますよ!

気になった方は、ぜひとも手に取ってみてくださいね~

 

ゆうゆうでした。

 

スポンサーリンク
おすすめの記事