豆本の1ページ

子供が簡単に作れる無料のクラフトキットをご紹介します。

「キャノン・クリエーティブパーク」は豊富なデザインを印刷するだけで素敵なペーパークラフトができる、と~っても便利なサイトなんです。

デザインも素晴らしく、完成度も高いので子供たちによく使っています。

それでは今日は、キャノンの「クリエーティブパーク」、いってみましょう!

 

スポンサーリンク

クリエーティブパークってなに?

キャノンが「プリンターを使って気軽に素敵な作品を印刷してもらおう」とつくっているサイトです。

クラフトのほかにガーランドや年賀状など、様々なデザインがのっており、誰でも好きに使うコトができるスペシャルなサイトなんですよ!

 

利用の仕方

使い方は、サイトで気に入ったものをダウンロードして印刷するだけです。

 

ダウンロード画面

ただし、半分以上の作品がキャノンオンラインサービス「Canon ID」の会員登録(無料)をしないと使えないので、できれば登録がおすすめします。(登録しないでも使えるものもあります)

 

「Canon ID」の登録方法

名前とメールアドレスの入力だけで登録できるのでとっても簡単。

 

canonid登録画面

私はグーグルのアカウントを使って登録しました。一瞬です。

ダイレクトメールを受け取りたくなければ選択もできるので、不要なダイレクトメールに悩まされることもありませんよ。

 

レベルやデザイナーで細かく選べる

作品の難易度が星印で1から5にわかれているので作りやすさが一目瞭然。

難易度1の「かんたんシリーズ」は未就学児でもできるレベル。

難易度がわかる星印

 

難易度5の精密クラフトになると「姫路城」や「ドラムセット」など、10時間くらいかかってする本気クラフトになります。

ゆうゆう
もはやクラフトとは思えんレベル

 

我が家の小3、小5の子供たちは難易度3の2時間ほどで完成できるクラフトを作ることが多いです。

 

こんな風に検索窓から「ペーパークラフト」を選び、「簡単」と入力すると難易度1の作品を探せたり、関連キーワードにチェックを入れて好みのクラフトを探すこともできます。

検索画面でレベル別に作品を探せる

 

また自分好みのクラフトをみつけたら「アーティスト」をクリックするだけで、同じデザイナーさんが作っている作品一覧がでてきますよ。

アーティスト検索も可能

 

いろんな検索方法ができるので、レベルに合わせた好みのクラフトを簡単に探すことができます。

 

作品の作り方

必要なのは次の4点だけ。

 

必要なもの
  1. プリンター
  2. 紙(厚みのあるもの)
  3. のり
  4. ハサミ

難易度が高いものや細かいクラフトを作るのでなければ上記4点で問題なく作れます。(ウチはこの4点で作ってます)

好きなデザインを印刷し、紙を切って、折ったり貼ったりするだけ。メチャ簡単です。

 

「作り方」も印刷できるので、クラフトキットとセットで印刷してくださいね。

作り方の説明は数字と記号だけ

文字はなく、全て絵図で作り方がわかるようになっているので文字が読めない子供でも作れるようになっていますよ。

 

スポンサーリンク

子供たちが作った作品

子供たちが実際に作ったクラフトのいくつかをご紹介しますね。

 

ボックスです。

娘の作ったボックス

種類もたくさんあり、制作時間も1時間弱ほどなのでお友達と一緒に作ったりすることが多いです。

作ったあと使えるものもいいところ。

 

ハロウィン時に作った猫とカボチャ。

黒猫とカボチャ

猫の帽子とえり巻きがお洒落なクラフトでハロウィンの飾りにしました。この帽子とえり巻き、取り外しできるんですよ~。

 

豆本は5年生の息子が作りました。

小5の子供が作成した豆本

こんなに小っちゃいのに4ページあり、見てるだけでとっても楽しい。

 

扉をあけしめできたり、立体的な暖炉があったりしてメチャこってます。

4ページがどれもこってる豆本

今まで作った中で一番素敵だと思いました。

 

ほかにも「輪投げ」や「バランスゲーム」などのゲームクラフトも作ったことがあり、作品でしばらく遊んだりしてました。楽しいですよ!

 

スポンサーリンク

ゆうゆう的まとめ

「クリエーティブパーク」すごいクオリティーだと思いませんか?

コレ、無料ですからね。

とくに印刷の紙がしっかりしたものであればあるほど完成も美しくなるので、できるなら「コンテンツ情報」の推奨用紙を使うコトをおすすめします。(作品によって推奨される紙は違います)

我が家はほとんどペーパークラフトしか使ったことがありませんが、サイト内には可愛いカードやカレンダー、塗り絵や知育クラフトなどもありますよ。

きっと見てるだけでアレコレ作りたくなっちゃうと思います。

キャノンの「クリエーティブパーク」、ぜひとも利用してみてくださいね!

 

ゆうゆうでした。

スポンサーリンク
おすすめの記事