100均のプチブロックとマイクロブロック

小学5年の息子はナノブロックが大好き。でも、お小遣で買うには少し高い。

そのため、ナノブロックそっくりの100均ブロックのお世話になっています。

ダイソーが「プチブロック」、セリアは「マイクロブロック」と言う名前で出ているんですが、

ナノブロックに瓜二つ!

レゴに飽きてナノブロックにはまっている息子の救世主です。

ナノブロックとの違いも息子にインタビューしてみたので、あわせてご紹介したいと思います。

それでは今日は、子供の救世主、100均のナノブロックそっくりさん、いってみましょう!

 

スポンサーリンク

100均のブロック

ダイソーとセリアからナノブロックそっくりさんが出ています。あと数はすくないですがキャンドゥにもあります。

種類も動物から食べ物までいろいろあって、メチャ楽しいですよ!

100均のブロック

ちゃんと説明書も入っており、ピース数や作りかたを見ることができます。

必ず少し多めにピースが入っているので、1つ、2つくらいなくしてもなんとかなりそうです。

 

ナノブロックとの違い

ブロックの大きさが違います。

ほんとうにチョットなんですけどナノブロックのほうが小さいです。

 

ナノブロックとプチブロックの大きさ比較

なんせナノブロックは世界最小とのことなので、ここはダイソーもセリアも真似するわけにいかなかったよう。

ブロックのはめ込み部分も微妙に大きさが違い、相互性はありません。

 

それでは、ブロックを愛する息子にインタビューしてみました。

ゆうゆう
ナノブロックと100均のブロックって、なにが違うん?

息子
なんも違わん

 

えっ!そうなん!?

 

ゆうゆう
なんかチョットでも違うとこないん?(ねばる)

 

息子
んー、ナノブロックのほうがしっかりハマるかな

 

凹凸にハマるってことね。

 

息子
あと触った感じとかやっぱり違うな

 

ゆうゆう
どこが違うん?

息子
ツルッとしてるっていうか、高級っていうか

 

ゆうゆう
それは思い込みと違うか・・・

 

と言うように、ほとんど違いは感じないようです。

 

下の写真は左がナノブロックのシャワーズ(ポケモン)と右がダイソーのプチブロックのアメショー。ほとんど差、ないでしょ!?

ナノブロックとプチブロック

 

ただ100均のブロックはあくまでも100均なので、どうしても作品は小さなモノに限られます。

息子はクリスマスや誕生日にはナノブロック、自分のお小遣いではプチブロックやマイクロブロックを買って楽しんでいます。

子どもが自分のお小遣いで買える値段なのが、最大の魅力!

 

制作所要時間

年齢やピースによってちがってきますが、わが家の子どもたちの時間です。

プチブロックをつくる娘

 

100均ブロックにかかる時間
  • 息子(10歳):15分~20分
  • 娘(8歳):30分
  • ピース数:100前後

 

100均のブロックのピースは大体100ピース前後はいっています。

10歳の息子はレゴ、ナノブロックをこよなく愛する人なので作るのは早いほうかと。毎回一心不乱に作っています。(話しかけても完全スルー)

娘はレゴは好きですが、ナノブロックは難しいよう。

ちなみに私は説明書みても全くできませんでした。(笑)

 

スポンサーリンク

ダイソーの「プチブロック」

めちゃくちゃ種類があります。

プラ袋に入って売られているのはナノブロックの小さな作品と同じです。ちゃんとチャックもついており収納しやすくなっています。

ウチの子どもたちが持っているのはこんな感じ。

 

【はたらくくるま】

ショベルカー

 

【虫のなかま】

オオクワガタ、ヘラクレスオオカブト

プチブロック「むしのなかま」

 

【犬、猫のなかま】

アメリカンショートヘア

プチブロック「犬、猫のなかま」

 

 

【恐竜のなかま】

スピノサウルス、プテラノドン、ティラノサウルス、ブラキオサウルス

プチブロック「恐竜のなかま」

 

【たべもの】

ハンバーガー、ポテト&ドリンク、パンケーキ、アイスクリーム、ピザ&メロンソーダ

プチブロック「たべもの」

 

たべもの率、高め。(笑)

どんどんブロックは入れ替わっていくので、いいのを見つけたらすぐに買ってくださいね。

 

スポンサーリンク

セリアの「マイクロブロック」

こちらは箱に入って売られています。(脱プラスチックで好感度大。ってブロックはプラだけど)

箱に難易度が書かれているので買うときの参考になります。

まぁ、たまに娘がお兄ちゃんに張りあおうとしてややこしくなるんですけどね。(汗)

 

あと、ブロックはずしがあるのはセリアだけです。

ブロックのとりはずし

 

これがとっても便利。

ダイソーのプチブロックや本家本元のナノブロックにもありません。ナノブロックは専用のピンセットが販売されています。ナノブロック、がっつりブロックがはまりますからね~。

 

【戦国武将シリーズ】

マイクロブロック「戦国武将シリーズ」

これで100円って信じられます!?

めちゃカッコよくないですか!?

武田信玄、毛利元就、明智光秀などなど戦国武将シリーズはいっぱいいるんですよ~!

ちゃーんと家紋シールもついていて、推しの武将を作りたくなります。

収納棚から出すと壊しそうだったので出しませんでしたが、ほかにもいっぱいあるのです。

戦国武将シリーズ

 

【どうぶつ】

フクロウ

マイクロブロック「どうぶつシリーズ」

 

【すいぞくかんシリーズ】

くまのみ、マンタ

マイクロブロック「すいぞくかん」

 

【昆虫】

オオルリアゲハ

マイクロブロック「昆虫」

 

まだまだありますが、まぁ、こんな感じで💦

 

ゆうゆう的まとめ

ダイソーの「プチブロック」もセリアの「マイクロブロック」も、100均とは思えないほどのクオリティー。

正直「もうナノブロックは必要ないのでは?」と思うほどですが、ちゃんとナノブロックも買っています。(親が:笑)

なんと言っても完成度が高く、手のひらサイズにおさまり、しかも100円。

子どもにとっては最高だと思います。

ただパーツがとっても小さいので3歳未満のお子さんには絶対に与えないでくださいね。(それ以上でも注意してください)

以上、ブロックが大好きなお子さんなら絶対に喜ぶ100均のブロックでした。

 

ゆうゆうでした。

おすすめの記事