pickup

子供が所属しているクラブで上下タイプのレインコートがいると聞いて、急いで購入しました。

小4、小2の男女用。

滅多に使うモノではないので買うのを迷ったのですが、この先もアウトドアや林間学校などで使うと思い、ちゃんとしたモノを買いました。

初めて上下にわかれた分かれたズボン付きのレインコートを買ったのですが、ナカナカ良さそうだったのでレポしようと思います。

キッズ用の上下レインコートの購入を考えている方の参考になれば嬉しいです。

 

キッズ用レインコートの選び方

レインコート選びには色々あると思いますが、私は次の5点を重視しました。

レインコート選びで重視したこと
  1. 予算は2~3,000円
  2. 上下ズボンタイプ
  3. 防水加工
  4. 蒸れにくい
  5. ズボンの色が黒なら言うコトなし!

 

①【予算は2~3,000円】

上をみれば切りがないため、2~3,000円くらいのもので探しました。

 

②【上下ズボンタイプ】

やはりズボンの方が断然動きやすいようなので、アウトドアや林間学校の準備では必須のようです。

 

③【防水加工】

絶対ではなかったのですが水をはじいた方が良いだろうな、と思い、なるべく撥水加工されているもので探しました。

 

④【蒸れにくいもの】

季節が良い時はそれほど気にならないかも知れませんが、梅雨時や暑い季節には蒸れないタイプじゃないと不快感マックスになりそう!これは結構重要でした。

 

⑤【ズボンが黒っぽい色】

ズボンは汚れやすいので(雨だと泥などがかかる)なるべく汚れが目立たないものが良いなぁ、と思いました。

上下同色よりもオシャレに見えるだろうし・・・?

 

スポンサーリンク

レインウェア専門のカジメイクで購入

探していた5点に近かったのが、レインウェアやワーキングウェアの専門店「カジメイク」さんのレインコートでした。

カジメイクさんはジーンズメーカーのEDWINやSOMETHINGともコラボしたレインコートも出されている安心、信頼できるお店です。

ただ、防水加工やムレにくい素材になると予算以内におさまらず(涙)。

1,000円ほどオーバーするので迷いましたが思い切って買いました!

 

カジメイクWinter Cherry(ウィンターチェリー)

カジメイクのレインスーツ

娘には黄色のウインターチェリーというラインのレインコートを選びました。

120㎝くらいの身長ですが、長く着てほしくて130㎝(125~135㎝)を選びました。

さすがに着せるとブカブカでちょっと焦りましたが、ズボンの裾口を調整できるボタンがあったのでボタンをしてみました。

ズボンのすそにボタンつき

 

ボタンで口を閉じてからおりあげれば、まぁ大丈夫かな??(かなり適当にボタンしました:汗)

着せるとこんな感じに

 

もちろんフードもついています。

フードをつけてレインコートを着る娘

 

ウエスト部分はゴムですが紐もついていました。これまた調整できるのが嬉しい!

ゴムウエストに調整紐もある

 

袖口の調整もできます。

袖口の調整も可能

 

内側は蒸れないようにメッシュ素材。

内側はメッシュ素材でムレをふせぐ

 

ラインやロゴは光に反射する素材を使用。雨の日は視界が悪いので、こんな風に目立つ工夫が施されていてありがたいです。

光に反射する素材

また、レインコート本体にも、袋にも名前をかく場所が。絶対に名前書かないといけないので助かります♪
レインコートに名前を書く場所がある
レインコートを入れる袋にも名前を書く場所がある

 

袋つきなので、玄関先の収納スペースにおいています。

レインコートを袋にいれたところ

 

カジメイク 子ども用レインコート

息子のブルーのレインコート

実は間違えて、息子のレインコートは同じカジメイクでも別のラインのものを買ってしまいました。

こちらの方がお値段が安く、同じ物が安くなってると勘違いしちゃったんです(汗)。

こちらも同じく130㎝を選択。(小柄なんで)

上下に分れ、ズボンの裾にボタンがついているのは同じです。

ズボンの裾に調整ボタンあり

 

レインコートの内側がメッシュ素材なのも同じで名前を書く場所もちゃんとありました。

中はメッシュ素材になって名前をかく場所もある

 

袖口の調整も同じようにできます。

袖口の調整ができるのも同じ

 

でも、ズボンはゴムのみで紐はついておらず。

ズボンはゴムのみ

 

光を反射する加工は背中ぶぶんのみだし生地の厚みなども違います。(こちらの方が薄い)

安い方の生地は薄い

 

巾着袋もグレーですし、ウィンターチェリーの方が蒸れにくい素材のようです。その辺がお値段の違いなんだなぁ~、と思いました。

でもまぁ、濡れなきゃ良いか。

 

スポンサーリンク

ゆうゆう的まとめ

今回色んなレインコートを調べてみましたが、安くすませようと思えばかなり安く、高性能なものはそれこそ1万円近いものもありました。

それほど頻繁に使うモノでもないので、どの辺で決めるか迷うところ。

動きやすく、濡れない、蒸れない。

子供が雨の日でも楽しく活動できる。そんなレインコートを選んであげたいですよね。

この記事が皆さまの参考になれば嬉しいです!

 

ゆうゆうでした。

スポンサーリンク
おすすめの記事