わんわん探偵団

『わんわん探偵団』シリーズを借りて来ました。

この本は『名探偵シリーズ』が人気の杉山亮さんの別シリーズ本です。

名探偵シリーズと同じく謎解きのお話で、これもと~っても面白いんですよ!

息子も娘も夢中になって読んでいるので、今日は『わんわん探偵団』シリーズをご紹介ますね!

 

スポンサーリンク

対象年齢

小学生低学年~

【出てくる文字】
簡単な漢字(犬、家等)
全ての漢字にフリガナつき

【1ページの文字数】
200文字前後

 

出てくる漢字は比較的簡単なものです。

全ての漢字に振り仮名がふってあるので知らない漢字が出てきても大丈夫!

1ページ内の文字数は200前後なので、小学生低学年の子供が読むのにおすすめです。

 

スポンサーリンク

10秒で説明『わんわん探偵団』シリーズ

犬の訓練士をしている「スピッツかわい」が、ひょんなことから探偵の仕事をする事になり、訓練をしている犬たちと一緒に事件を解決していくお話。

 

 

スポンサーリンク

わんわん探偵団シリーズの魅力

謎解きしながら読んでいく

このシリーズも、名探偵シリーズと同じように「事件編」と「解決編」があり、事件編を読んだ後に自分で解決方法を考えてから解決編を読む事が出来ます。

よ~く考えれば分かるので、解けたときにはかなり子供の自尊心をくすぐるよう(笑)

主人公のかわいさんは犬の訓練士をしており、お話の中にはシェパード、セントバーナードなど色んな犬が出てきます。

中でも「スピッツかわいの犬図鑑」と言うページでは犬の説明が詳しくされており、犬についての知識も得ることができますよ!

 

 『わんわん探偵団』シリーズの著者について

作者は杉山亮(すぎやまあきら)さん。

保父として保育園に勤務されていた程の子供好きな方です。

1954年生まれなので当時は保父さんが全くいなかったそう。凄いですね!

 

挿絵は廣川沙映子(ひろかわさえこ)さん。

廣川さんは北海道小樽市生まれで、美術大学の名門、武蔵野美術大学を卒業されています。

挿絵の仕事のほか、「ぷくちゃんシリーズ」や「かばくんシリーズ」などの自作絵本も数多く出されています。

 

『わんわんシリーズ』は何巻まで出ているの?

2018年1月現在、シリーズは3巻までしか出ていません。

最新刊は2004年10月の『わんわん探偵団おりこう―猛犬注意事件の巻』

以後わんわんシリーズは出ていませんが、関連のある『にゃんにゃん探偵団』は2006年に出ていますよ~。

『にゃんにゃん探偵団』の主人公のはなえさんは、『わんわん』のかわいさんの隣に住んでおり、2人が出てくるお話もあります。

そして、かわいさんは、どうやらはなえさんが好きなよう・・・。

どちらも面白いお話なのでもっとシリーズ化して欲しいと思っているのですが、新刊が出てから10年以上もたっているので難しいかも知れませんね。

 

 ゆうゆう的まとめ

名探偵シリーズが有名ですが、この『わんわん探偵団シリーズ』もとっても面白いです。

名探偵シリーズが好きなら、『わんわん探偵団』も『にゃんにゃん探偵団』も好きだと思います。

とっても楽しいお話なので、気になったらぜひとも手に取ってみてくださいね。

 

ゆうゆうでした

スポンサーリンク
おすすめの記事