読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゆうゆうブログ 

美味しい食べ物と子供とお出かけブログ

淡路島で子供が喜ぶ遊び場 明石海峡公園

淡路島の明石海峡公園へ行って来ました。

ここは子供が喜ぶ大型遊具があり、小さな子供連れには絶好の遊び場です♪

遊具だけでなく、花も沢山咲いていたので親の方も随分楽しめました。

淡路I.C.を降りて5分程なので、淡路島に着いて直ぐに遊べます!

 

f:id:nyuuko:20170404222842j:plain

4月開催チューリップアイランドパーティー

4月1日から21日まで開催されるチューリップアイランドパーティー。

約50万株のチューリップが公園内を埋め尽くしているそうで、色とりどりのチューリップが咲いていました。

f:id:nyuuko:20170404220747j:plain

4月上旬はまだ咲き始め、と言った所でしょうか?

それでも色とりどりのチューリップが見渡す限り咲いている様子はさながら絵本の世界の様です。

f:id:nyuuko:20170404221701j:plain

パーティー中の週末には子供に大人気、ふわふわ遊具も設置されます。対象は8歳まで。3歳以下は親の付き添いが必要です。20分、200円/人なので安い!

我が家の子供達は2回も入り、5歳娘は疲れ切ってその後ずっと夫に抱っこして貰ってました。(←張り切り過ぎです)

 

また、週末には有料ですがオランダ民族衣装を着て写真撮影が出来ますよ。

 

大型遊具子供の森

f:id:nyuuko:20170404224455j:plain

公園内中央エリアに位置する大型遊具子供の森は4階建ての遊具です。 

対象年齢は6歳から12歳ですが、小さな子供も親同伴で遊んでいました。

我が家の5歳の娘は7歳のお兄ちゃんよりエンジョイしてましたよ♪

f:id:nyuuko:20170404224535j:plain

見た感じは巨大な建物がポツンとあるだけなのですが、中は色々工夫されています。

 

f:id:nyuuko:20170404225333j:plain

 高さがある遊具なので安全上、ヘルメットが用意されていました。

あまり被っている子供はいませんでしたが、息子たちには念のため装着。

 

f:id:nyuuko:20170404225430j:plain

フワフワの丘 白い部分がフワフワしてる。緑の部分はワカメをイメージ?

それとも虫の触手?大した遊具でも無さそうですが、子供達はかなりハマってました。

 

f:id:nyuuko:20170404225603j:plain

くものジャングル 巨大ジャングルジムです。上の方まで続いており、まさに名前通り

 

f:id:nyuuko:20170404225642j:plain

天空のリング 4階まで続いており、結構急で見てる方が怖かったです。

勿論子供達は大喜びでのぼってましたよ。

 

3、40分遊んで満足したようなので次の遊具場所、夢っこランドへ!子供の森から徒歩15分程でした。

 

夢っこランド

関西最大級の大型複合遊具の夢っこランドは150もの遊具があり、子供達が喜ぶ事間違いなしです。

f:id:nyuuko:20170404231425j:plain

こちらは縦より横に広がった感じがする遊具でした。

 

f:id:nyuuko:20170404231618j:plain

 屋根のついている箇所もあり、戸外とはまた違った雰囲気が味わえます。

 

f:id:nyuuko:20170404232115j:plain

隣接するプール、じゃぶじゃぶ広場では、まだ肌寒い中子供達が水浴びを楽しんでいました。夏になると沢山の子供達がこの広場で遊ぶそうです。広~い公園の中で水浴びだなんて開放的ですよね!

 

この遊具の周辺にはテーブルとベンチが幾つか点在しており、子供が遊んでいるのを見たり、食事をする時に便利でした。

 

スワンボートで周遊

f:id:nyuuko:20170405224109j:plain

入場口から近い花の中海をスワンボートで周遊出来ます。

 

  • 料金(1回30分6名乗り)
  • 大人400円(高校生以上)
  • 子供200円(小中学生)
  • 幼児無料

 

受付のおじさんの話では土日は昼から1時間半から2時間待ちらしい。(ホントッ!?)

なので土日に乗りたい方は午前中が狙い目です。

 

f:id:nyuuko:20170405224140j:plain

入場口の傍には鯉のエサが売っていました。ボートに乗りながら池の鯉にエサをあげるなんて楽しそうですね。

 

公園内の移動方法

公園は東京ドーム9個分の広さなので、移動が大変。

ある程度行く場所を決めておき、近場の駐車場に車を置くと良いかと思います。

f:id:nyuuko:20170405225111j:plain

また、東浦口ゲートと淡路口ゲートを結ぶ、トラムカー夢ハッチ号を利用する方法もあります。

  • 1日300円(乗り放題)
  • 4歳から有料
  • 定員30名(完全入れ替え制)
  • 50分毎に運行
  • ペット不可

 

ランチする場所

何せ広いので、あちこちで食事が出来ます。

点在するベンチやシート、テント等でお家から持って来たお弁当をほおばる人が沢山いました。

大阪からやって来た私たちは勿論手ぶら。そんな手ぶら族が食事をするには次の4択!

 

  1. 近くのコンビニで購入(淡路口ゲート近くにあり)
  2. 東浦口ゲートの傍にあるレストラン花屋敷で食べる
  3. 芝生広場(夢っこランド横)でのお弁当販売で購入(数量に限りあり)
  4. 淡路夢舞台にあるレストランで食事をする

 

1.コンビニは公園に行く前に寄りましょう。

車で買いに行く事になると思うので、事前に買っておいた方が良さそうです。

28号線沿いにファミリーマート淡路警察署前店と、淡路口ゲート近くにファミリーマート新世薬局夢舞台店があります。

 

2.花屋敷

しらす丼からソフトクリームまである食券制のレストランです。

夢っこランドと反対側の東浦口ゲート側にあります。

あまり広いわけではないので季節の良い時期は混雑するかも知れません。

 

3.お弁当は、早めに購入

私たちは12時前に買いに行ったのですが、殆ど売り切れでした。

因みに12時15分にはもう何もありませんでした。

 

4.公園に隣接している淡路夢舞台内レストランで食事が出来ます。

ステーキから、軽食までのレストランがあります。

夢舞台は東浦口ゲート側にあるので、夢っこランドからだと遠いです。

 

 アクセス

淡路島は電車が走っていないので、基本的に移動は車となりますが、JR舞子とJR三宮駅からバス運行もあります。

【バス】

新神戸・三宮より 

約60分→夢舞台前バス停下車

JR舞子駅下車、高速舞子バス停より 

バスで約15分→夢舞台前バス停下車

高速艇・明石港から 

岩屋港へ、岩屋港バス停よりバスで約10分→夢舞台前バス停下車

 

【車】

神戸、大阪方面から

阪神高速第二神明道路より神戸淡路鳴門自動車道に乗りかえ淡路I.C.を降りて国道28号を南へ5分

岡山・姫路方面から

姫路・加古川バイパス、第二神明道路より神戸淡路鳴門自動車道に乗換、淡路I.C.を降り国道28号を南へ5分

徳島方面から

神戸鳴門自動車道利用、東浦I.C.を降りて国道28号を北へ約10分

 

 

明石海峡公園の基本情報

住 所
〒656-2306 兵庫県淡路市夢舞台8-10
電話番号 
0799-72-2000
 

入園料

大人(15歳以上65歳未満)410円

子供(小中学生)80円

幼児(6歳未満)無料

シルバー(65歳以上)210円

*奇跡の星の植物館とのセット券あり

 

開園時間

4月1日~8月31日 9:30~18:00

9月1日~10月31日 9:30~17:00

11月1日~2月末日 9:30~16:30

3月1日~3月31日 9:30~17:00

 

休園日

年末年始(12月31日~1月1日)

2月の第1月曜日とその翌日

 

 駐車場(500円/日)

淡路口駐車場(最寄ゲート→淡路口)357台

海岸南駐車場(最寄ゲート→海岸口)158台

夢舞台地下駐車場(最寄ゲート→東浦口)600台

その他

・返却式ロッカー在り(100円投入)

・パークセンタービジター棟にベビールーム在り(オムツ交換台、授乳室)

f:id:nyuuko:20170406000515j:plain

 

おわりに

ほんの半日程滞在しただけでしたがノンビリとした場所で、ゆったりと過ごせました。

空が広く、花が咲き乱れていて子供だけでなく親も楽しめました。

淡路島にはこの他にも子供が遊べる広い公園や施設がまだまだありますが、神戸・大阪方面から橋を渡って直ぐの場所にあるのでアクセスの良い遊び場かと思います。

また、安藤忠雄氏設計の夢舞台や、日本最大級の温室のある奇跡の星の植物園、ウエスティンホテル淡路等が隣接しており、公園から歩いて行けるので、あちこち車で移動しなくても公園周辺で楽しめます。

淡路島に行かれる予定がある方は、是非明石海峡公園へ遊びに行く事も候補に入れてみてくださいね!

 

【関連記事】

淡路島の日帰り温泉で露天風呂から明石海峡大橋を眺める

ウエスティンホテル淡路は口コミ通りの高評価ホテル☆ 

//トップに戻るボタンの設定
//トップに戻るレンジの設定