pickup

硬貨

 

先日ロフトへ行くと何とも可愛らしい貯金箱がありました。

カレンダー式の貯金箱で、その日に決まった小銭をいれていくものでした。

見ていると「なんか貯めれそうな気がする・・・」。

そう思って貯金箱を持ってレジに向かいましたが、カレンダーに書かれている金額は「1日に300円」「2日は450円」「3日目は150円」「4日は・・・」と言うように、決まっています。

 

ゆうゆう
あれ?そう都合よく小銭ある??

 

「今日は100円ないからまた明日で良いか」とならない?

そう思ってソッと貯金箱を元の場所になおしてみると、その隣には昔見た

50万円貯まる貯金箱 の姿がっ!

これ、500円玉を缶いっぱいに入れると50万円になると言うヤツです。

 

ゆうゆう
これなら500円玉があった時に入れたら良いだけやからいけそう

 

と思い、こちらを手にしてレジに並ぼうとしたところ、

 

ゆうゆう
まてよコレって百均にもあるよね。いや、そもそも大きな缶なら家にあるし

 

と家にあるお菓子の缶を思い出し、自分で貯金箱を作ってみることにしました。

とても簡単で意外とうまくできたので、ご紹介したいと思います。

 

30万円貯まる貯金箱の大きさは?

高さ13センチ、直径10センチの缶で500円玉貯金をすると30万円貯まります。

私はスーパーで買ったブルボンのプチクマビスケット缶で作ったのですが、似たような大きさでは「東ハトのハーベスト保存缶(8包入)」と、「グリコのビスコ保存缶」が近い感じです。

 

 

スポンサーリンク

30万円貯まる貯金箱の作り方

貯金箱をつくる材料

【用意するもの】

  • 両面テープ
  • ボンド(手芸用も)
  • カッター
  • ハサミ
  • 鉛筆やペン
  • 白い紙(画用紙なら◎)
  • 定規
  • 500円玉

 

①缶の柄を隠す

白い画用紙を缶にまく

白い画用紙を缶のサイズに切って、両面テープで貼り付けます。単にグルッと紙を缶に巻いてから切ればOK。

 

②布を缶に貼る

布に両面ープを貼る
少しずつ缶にはっていく

 

布を缶のサイズに切り、これまた両面テープで貼り付けます。シワにならない様に少しずつ貼っていくのがポイントです。

 

③お金を入れる口を作る

蓋にお金をいれる口をペンで書く

硬貨の中で一番大きい500円玉を蓋に置き、お金をいれる口をペンで書いてからカッターで切り取る。

 

④蓋に布を貼る

蓋にボンドで布をはりつける

蓋のサイズに布を切ってボンドで貼り、蓋を缶に強力接着剤でくっつける(お金が缶いっぱいになるまで開けないよう!)

 

完成です!

貯金箱完成図

なぜ貯金箱の後ろに時計があるかと言うと、作り終わるまでの時間をはかっていたからなんです。

当初の予定では「20分で出来ました!」とかになる予定だったのですが、写真を撮りながらということもあって、40分ちかく掛かりました(笑)

 

スポンサーリンク

ゆうゆう的まとめ

缶も布も家にあったので、完成した時は何だかスゴイお得感でハイテンションになった私。

財布に500円玉があったら「この貯金箱にどんどん入れていくぞー!」と意気揚々と思ったのですが、夫に

 

どれ位入れたら30万円貯まるか知ってる?

 

と言われて我にかえりました。

300,000÷500=600日

毎日500円玉を入れたとしても1年6か月以上かかることが判明。

毎日500円入れるなんてことはないので、一気にテンション下がりました(涙)

と言う訳で、気を取り直して今は1円以外の銀色のコインを入れるようにしています。

気が向いた時にいれるだけなのですが、たまに缶を持ちあげて重さをみたり、シャカシャカ振って音を鳴らしたりしています(笑)

「これがいっぱいになったら一体幾ら貯まるのかな??」とワクワク感がたまりません。

今時アナログですが意外と楽しい貯金箱づくり、皆さんも是非思いついたらやってみて下さいね~

 

ゆうゆうでした

 

スポンサーリンク
おすすめの記事