志摩スペイン村のエントランスと子供たち

 

「志摩スペイン村」へ子供たちと行ってきました。

スペイン村は小学生までなら絶対に楽しめる遊園地!

私達は子供が4歳と2歳のときにも遊びに行きましたが、とっても楽しむことができました。

今日は、小さな子連れにイチ押しの「志摩スペイン村」について詳しくご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

スペイン村の営業時間

時期によって変わるので、結構バラバラです。

【営業時間】9:30~17:00
【休園日】6/25~29 (2018年)

基本は上記の通り17時に閉園となりますが、春休みや夏休み等の長期休暇中やG.W.やシルバーウイークには時間が延長されます。

特にG.W.と夏休みの大部分はナイター営業として21時まで開園。

夏休みの7月の土日と8月は夜のパレード後に花火が打ち上げられたりするのでとっても良いですよ!

私達も4年前に見ましたがとっても綺麗でした。

営業時間にかなりばらつきがあるので、必ずスペイン村のHPで確認してくださいね!

 

スポンサーリンク

「スペイン村」の入園料

スペイン村の入場料
  • 大人(18歳~59歳) 5,300円
  • 子供(幼児・小学生) 3,500円
  • 子供(中・高生) 4,300円
  • シニア(60歳以上) 3,500円

*2歳以下は大人1名につき2名まで無料 

上記が「スペイン村」の入園料です。

思ったより高く感じましたか?

でもこれでほぼ全てのアトラクションを利用することができるんです。(「カルメンホール」「ドラゴン城の宝探し」「ピエロ・ザ・サーカス」のみ別途料金要)

しかも前売りパスポートやJAF会員割引など、チケットの割引販売がかなりあります。

大阪や神戸などから行くなら近鉄電車とパスポートが一緒になったチケットが文句なしに一番お得。何といっても「まわりゃんせ」なら入園料が無料になるんですよ~。

とにかくあの手この手で割引入場券を入手できるので利用してみてくださいね!

 

誕生日なら入園料無料

お誕生日は無料に
『志摩スペイン村』HPより

 

入園当日に誕生日ならお誕生日の人は無料になります!

その上、通常追加料金のアトラクション「ドラゴン城の宝探し」(500円)も無料になるんですよ~。

予約の必要もなく、当日来園時に特典を受けることができますが、健康保険証や運転免許証など誕生日を証明する物が必要になるので忘れないようにして下さいね!

 

再入園できる

スペイン村のエントランスとピクニック広場

嬉しいことに「スペイン村」は当日のみ再入園することができます。

出口で手にスタンプを押してもらって退園し、再入園するスタイル。

園内では飲食物の持ち込みが禁止されていますが、再入園できるのでお弁当を持ってくる人もいますよ。

パーク入口外にある「ピクニック広場」(エントランスすぐ傍)で食事ができるようになっているので、季節が良ければ外で食べるのもよさそうです。

とくに春夏のナイター営業中時には花火が打ち上げられるので、一度宿泊先などに戻っても、再び花火だけ見に来ることもできますよ。

遠い場所にホテルがあると来るのが億劫になりそうですが、すぐ隣にある「ホテル志摩スペイン村」だったら抵抗なく来れそうです。

 

スポンサーリンク

志摩スペイン村ってどんな遊園地?

スペイン村のマスコット娘の写真撮影

近鉄グループが経営しているスペインをイメージした遊園地です。

園内には沢山のスペイン人のダンサーがいたり「ドン・キホーテ」や「ダル」「サンチョ」などスペイン名の動物キャラクターがおり、スペインムード満載!

ゆうゆう
何でスペインなん?

 

と素朴に疑問を感じるのですが

  • 観光立県三重県と観光立国スペインの共通点
  • 計画当時、バルセロナオリンピックがあった
  • 志摩半島がリアス式海岸でスペインにも多くある

    などの分かったような、分からないような理由で決まったようです(笑)。

    スペインのイメージと言えば「情熱」「太陽」みたいなイメージがあるので、そこも共通点なのかも知れませんね。とにかく開放的で、陽気な雰囲気の遊園地です。

     

    「スペイン村」のアトラクションは子供が楽しめる!

    園内の様子

    小学校中学年位までのお子さんをお持ちの方は行って損はないと思います。

    それくらい楽しめます。

    スペイン村には28のアトラクションがありますが、小さな子供でもかなりの数ができるんです。

    年齢制限や身長制限があるものが11個ありますが、4歳以上、身長90㎝以上になると20以上のアトラクションを楽しむことができます。

    20以上のアトラクションで遊んだら、もう十分じゃないでしょうか(笑)

    もちろん大人も楽しめるアトラクションもありますよ!

    私はジェットコースターが全く駄目なのですが、10歳以上しか乗れない「ピレネー」と言う吊り下げ式ジェットコースターは人気のようです。

    私はお金を例えもらっても乗らないけど。

     

    パレードは子供も参加できる

    パレードの様子

    スペイン村では1日10回以上のショーが行われますが、パレードやパフォーマンスに一緒に参加することができるのが魅力!

    パレード中、ダンサー達が観客の子供達を誘って簡単なダンスを教えてくれた後に一緒に踊ります。

    もちろん我が子も参加。

    その辺で見ている子供たちは、ほとんど参加してました。

    子供たちが見様見真似で踊る姿は何とも微笑ましく、可愛いですよ~。

    子供たちも参加してダンス

     

    パフォーマンス中も観客を誘ってちょっとした劇に参加させてみたり、最後は子供たちを誘ってダンスや行進をしたりして見るだけじゃなく、参加して楽しめるのはスペイン村だからこそ!

    ディズニーランドやUSJの様な煌びやかさや派手さはないですが、子供たちにとっては特別な体験だと思います。どの子供達も目がキラキラしてました。

     

    ショーの出演者と無料で記念撮影

    キャラクターショーのあとの撮影タイム

    キャラクターショーが1日2回コロシアム(野外劇場)であるのですが、劇の後にはキャラクターや役者さん達と一緒に写真を撮ったりできるんですよ。

    もちろん無料。

    舞台の上で撮ったり、舞台から降りて観客席まで来てくれて撮ったりとサービス精神満載!

    これ、子供にとっては凄いスペシャル感だと思います。

    さっきまで舞台にいたキャラたちと記念撮影だなんて、ほんと、嬉しい。

    子供にとっては「芸能人と記念撮影」的なノリかと思います。

     

    「スペイン村」でのランチ

    スペイン村では食べ物の持ち込み不可。

    食事は全て「スペイン村」内ですることになっています。

    料金は遊園地料金になってますが結構バリエーションがありますよ。

    パエリアなどの本格的なスペイン料理が食べられるお店もあれば、カレーライスやうどんが食べられるお店、キャラクターカフェなどのレストラン、簡単なスナックスタンドもありました。

    私達は4年前は「欧風レストラン アルハンブラ」で食べましたが、スペイン料理は今回は和食レストラン「的矢」で食べました。

    子供達は「お子様ラーメンセット」(1,100円)を注文。6歳の娘には少し多いかな?と思いましたがペロリ。

    お子様セット

    さすが、沢山遊ぶとよく食べます。

     

     

    私とお刺身大好きな夫は三重県名物「手捏ね鮨」(てこねずし)を注文。

    手捏ね鮨
    これで1,650円はちょっと高く感じましたが、遊園地だから仕方ないかな?

    ごくごく普通のお店でしたが当日は暑かったので、涼しい店内でゆっくりと食事でき満足でした。

     

    「スペイン村」の設備についてのご紹介

    スペイン村の総合インフォメーション

    流石は遊園地!子連れにとって助かる物が一通りは揃っているので助かります。

     

    スーツケースも入るコインロッカー

    旅行客が沢山来るため、コインロッカーも充実しています。

    ロッカーは着いてすぐに預けられるようにエントランス内側と外側にありました。

    ロッカーの値段
    【小型と中型】 300円
    【大 型】 400円
    【超大型】 500円

    超大型の大きさはW357×D513×H802。一般的なスーツケースのLサイズが入る大きさです。

    これで入らないような超超大きなスーツケースは総合インフォメーションで預かってもらえますよ。

     

    ベビーカーレンタルあり

    ベビーカーも用意されています。

    ベビーカーって持って行くかどうか、迷いますよね~。

    「ホテル志摩スペイン村」に宿泊し、2日間パークに来園すると1日分の料金で2日間使用可能ですよ!(返却はホテルフロントでOK)

    【場所】総合インフォメーション
    【料金】500円
    【台数】約90台
    【形態】A型(リクライニングなし)

     

    3か所あるベビールーム

    赤ちゃん連れなら絶対使うベビールームが園内には3か所あります。常備されているのは次の通り。

    • オムツ交換ベッド
    • 授乳室
    • 赤ちゃんの食事スペース
    • 電子レンジ
    • ミルク用のお湯の提供

    また、総合インフォメーション横のベビールームには有料ですが「オムツ」「おしりふき」「粉ミルク」「男児、女児パンツ(100㎝、200㎝)」の他、生理用品も入手できます。

    オムツやパンツがあると本当に安心!

    ベビールームのある場所
    1. 総合インフォメーション
    2. カンブロン劇場横
    3. コロンブス広場内

     

    携帯電話の充電器がある

    私はいつも充電ギリギリの人間なので、よく外出先で携帯の電源が切れます・・・。

    これ、個人的に無茶苦茶助かります(笑)

    【場所】総合インフォメーション
    【料金】200円/30分

     

    『スペイン村』の混雑状況

    アトラクション

     

    スペイン村はあまり混雑していないのが最大のよいところ!

    ほとんどが待ち時間なしか、1ターム待てば乗れるかと思います。

    大人気のアトラクションは流石に待たなくてはいけませんが、それでもお盆やG.Wなどのよっぽどの時ではない限り30分前後でほとんど乗ることができると思いますよ。

    せっかく遊びに来たのに待ち時間ばかりだと、物凄~く損した気持ちになるので待ち時間が少ないのは嬉しい!

    比較的待ち時間が長いアトラクションをピックアップしてみました。全てを網羅している訳ではありませんが参考にして下さいね!

    待ち時間の長いアトラクション
    • スチームコースター「アイアンブル」
    • ピレネー
    • キディモンセラー
    • グランモンセラー
    • スプラッシュモンセラー
    • フェリスクルーズ

     

    ただ個人的に「フェリスクルーズ」は30分並んで乗る価値あったかなぁ?と疑問(笑)。単にボートに乗って水路を移動するだけで、何でこんなに混雑しているのか不明でした。(ゴメンなさい)

    子供達も

    息子
    えっ?これでお終い?

    これだけ?

    と呆然(笑)

    とても小さな子供さんには良いかも知れませんが、大人気のアトラクションでも物足りないことがあるのでご注意を!

     

    温泉「ひまわりの湯」

    「スペイン村」に隣接した場所に「ひまわりの湯」という温泉があります。4年前に遊びに来た時には入ったのですが今回は入りませんでした。

    全面ガラス張りの大浴場で、休憩所に畳があったりしてなかなかノンビリ出来る快適な温泉なのですが「スペイン村」から歩くと少し距離があります。エントランスを出て徒歩7、8分はかかりました。子供と一緒だともうちょっと歩くかも。

    本当なら入って帰りたかったのですが、娘がエントランスを出た直後に爆睡してしまったため断念しました。

    汗だくになって遊ぶので、温泉でサッパリできれば気持ちよく帰れると思います!

     

    【ひまわりの湯料金】

    大人(中学生以上) 子供(4歳~小学生)
    温泉利用のみ 1,050円 650円
    スペイン村入園者 750円 450円
    ホテル志摩スペイン村宿泊者は無料

    *貸しタオル付

    【利用時間】
    9:00~23:00
    (ホテル宿泊者は6:00から利用可)

     

    「志摩スペイン村」のアクセス方法

    三重交通バス

    車なら大阪から約3時間、電車なら難波からだと約2時間半で到着できます。

    駐車場は4200台分(有料1,000~1,200円)もあるので停めるのに困ることはなさそう。

    でも、こんなに人来るんやろうか・・・?

    我が家の車のナビでは何故か「5時間半程」との案内しか出ず、全く道が分からない私達は断念して電車で行くことにしました。

    荷物はありましたが電車での移動は万年初心者マークの私としては助かりました。最寄り駅の「鵜方」駅から直通バスも出ていたので困りませんでした。

    アクセス方法についての記事は長くなるので別で書く予定です。

     

    『志摩スペイン村』のお土産

    スペイン村のお土産物

    スペインのお菓子や食材などがお土産売り場にあり、テンション上がると思います!

    なぜかイタリアやアメリカなどの輸入菓子も置かれていて、思わずスペインとは関係ないけど買ってしまいそうに。(笑)

    でも、見てるだけで楽しいですよ~。

     

    スペイン村オリジナルのお土産

    もちろん「スペイン村」オリジナルのお土産屋さんもあります。

    女の子キャラは猫の「ダル」だけなので、女の子はダルちゃんグッズを買う人続出でした。

     

    「スペイン村」イチ押しのお土産

     

    ポルボロン

    「スペイン村」のお土産なら、幸せを呼ぶお菓子「ポルボロン」をイチ押し!

    「ポルボロン」は今から1200年程前に修道院で作られたスペインの伝統菓子。

    現地ではクリスマスや結婚式などには欠かせないお菓子だそうで、それを聞くだけで縁起がよい感じがします。

    ホロホロと崩れるような食感が特徴で、口に入れて溶ける前に「ポルボロン、ポルボロン、ポルボロン」と3回唱えることができれば「幸せになれる」と言われています。

    ドイツの三日月クッキーに近い食感でした。

    これをお土産にすると、皆で「ポルボロン~」と言いながら食べるのでかなり楽しいですよ~。

     

    ゆうゆう的まとめ

    「志摩スペイン村」いかがでしたか?

    元々日本人にそれほどスペインが馴染みがないからか、小さな子供連れの家族をターゲットにしてるからか、関西圏では名前は知られているものの実際に行ったことがある人は少ないと思います。

    でも行ってみたら絶対に楽しい!

    今まで2度行って、子供たちと楽しい時間を過ごせたので個人的に応援したい遊園地です。

    私はU〇Jに2度子供を連れて行きましたが、小さい内は「志摩スペイン村」の方がずっと楽しめると思います。園内ですれ違ったママさん達も全く同じこと言ってました。(笑)

    機会があれば、ぜひとも行ってみてくださいね!

     

    ゆうゆうでした。

    スポンサーリンク
    おすすめの記事