pickup

手づくり日よけ付きの帽子

 

毎日暑いですね。

熱中症が怖くて、部屋の中でついつい過ごしがちの我が家です。

今の時期は殆ど外に出る事はありませんが、出る時に必ず必要な物が

帽子

夫、私、息子、娘、と家族全員がかぶって外出します。

私はシミが恐ろしいので、美容のためにかぶるのが最大の目的。けれども夫や子供達は紫外線による皮膚がんから身を守る為にかぶっています。

息子の帽子には首の後ろに日よけが付いているのですが、娘の帽子には日よけがなし。

ゆうゆう
やっぱりお祭りで500円で買った帽子やからなぁ

 

と諦めの境地でしたが、

ゆうゆう
そうや!日よけを自分で付けたら良いやん!

 

と思いつきました。

帽子の色が水色系だったので、家の中にある水色の布を物色。

あった、あった。応用の効く、オーソドックスな水玉の布がありました~♪

今日は帽子の日よけの作り方をご紹介したいと思います。

 

帽子の日よけの作り方

作り方は超簡単。

布を四角く縫い、帽子と布に、ボタンを付けるだけ。

取り外し出来るよう、帽子と布を縫い付けないでスナップボタンを使いました。

 

帽子の日よけの材料
  1. スナップボタン

以上!

 

生地の大きさは、首の後ろが隠れるなら何センチでも良いかと思います。

日よけの布の大きさ

日よけの布の大きさ

 

私は息子の帽子の日よけサイズに合わせ、出来上がり縦12㎝、横17㎝で作りました。

2㎝の縫い代を付けたので、裁断は縦は上下プラス各2㎝の縦16㎝、横は左右プラス各2㎝ずつの21㎝にしました。ご参考まで(^^♪

縫い代にミシンをかけます

縫い代にミシンをかけます

 

フチ4辺全てに縫い代2㎝取り、2回内側に織り込んで1㎝の縫い代にします。ハンカチを作るイメージです。

アイロンを掛けた後、フチをぐるっとミシンで縫います。手縫いにしても、ハンカチ程の布の大きさなので、そんなに時間は掛からないと思います。

後はスナップボタンを帽子と日よけ布に付けるだけ。

スナップボタンをつけます

スナップボタンをつけます

 

これで完成です!

ゴムもつけました

ゴムもつけました

 

ついでにゴムも付けました。

風があるとすぐに飛んでいってしまうので、ゴムがあるのと子供の帽子被り率が大幅にアップします!

一度でも飛んで行くと

もうかぶらへんっ!

 

とウチの娘は言うので・・・。

 

スポンサーリンク

ゆうゆう的まとめ

結婚してからクッションやランチョンマット等、簡単な直線縫いの物をちょこちょこ作っている私ですが、小中学生の時の家庭科の成績は最悪でした。

人間、分からないものですね~(笑)

もし、お持ちの帽子に日よけがないなら、こんな風に付ける事も可能ですよ~、と言う事で、今回記事にしてみました!

私は色々とウルサイ(?)娘のため、家にある布をわざわざ裁断し、ミシンでフチを縫いましたが、手持ちの小さなハンカチ等を利用しても良いかと思います。(紫外線対策用に、ある程度厚みがある物がおススメ)これなら、ボタン付けるだけ!

とっても簡単に、子供を紫外線から守ることができます。

陽射しのキツイ時期がまだまだ続くので、機会があれば、是非とも作って見てくださいね~

 

ゆうゆうでした

スポンサーリンク
おすすめの記事