pickup

部屋に飾ったクリスマスツリー

クリスマスツリーやオーナメントを見かける季節になって来ましたよね。

皆さんは家にツリーを飾りますか?

昔、海外でクリスマスを過ごしたことがあったので、クリスマスツリーは

絶対に本格的な物が欲しいっ!!

と強く思っていました。

でも子供がハイハイするような時期は危ないので小さい頃は卓上ツリーで我慢。上の子供が1年生になってからようやく購入しました。

今日は、私が大満足している我が家のツリーについてご紹介したいと思います♪

 

スポンサーリンク

クリスマスツリーは本物の木か人工ツリー?

もみの木

最初に本格的なツリーを購入しよう!

と決めた時に頭に浮かんだのは「本物のモミの木」でした。

本物のモミの木はなんといっても抜群に雰囲気があります。

私が過ごした海外のクリスマスはイギリスでしたが、イギリス人の友人はクリスマス前に本物の木をホームセンターで購入して来てリビングにデーンと飾っていました。

近所の中学生の男の子はモミの木切りのバイト。

当時、プラスチック製の小さなクリスマスツリーしか知らなかった私は、まるで絵本の中に出てくるようなツリーに心底感動したのを覚えています。

そんな憧れの本物のモミの木ですが、生きているので当然ながら水やりや、落ちた葉っぱの掃除など、あるていどの世話が必要。あと、匂いも結構します。

私は雰囲気と手間暇を天秤にかけ、迷った末に人工ツリーを購入することに決めました。

スポンサーリンク

本物のモミの木を手に入れる方法

ところで、本物のモミの木って日本ではどこで購入出来るかご存知ですか?

植木屋さんはもちろんですが、楽天市場、Amazonなんかでも購入出来ます。

スゴイ便利ですよね。

その他で有名なもみの木が買える場所と言えばIKEA。

イケアの外観

IKEAの本物のモミの木の良い所はクリスマスシーズン後に無料で引き取ってくれること。

本物のモミの木を飾ったは良いけど、あとの処分に困るので、これはかなりのメリットだと思います。

年明け期間中に持って行くことが条件なのですが、その期間中に持ち込めばIKEAで使える1,000円クーポンをプレゼントしてくれますよ。

凄いお得ですよね。

逆に言えば、その期間中に持って行かなくてはいけないので拘束性が強いのが難点。

IKEAのモミの木は3,000円程で購入出来るので、本物のモミの木を考えているなら試しに一度、IKEAで購入するのも良いかと思います。

スポンサーリンク

本物に限りなく近い人工ツリー

人工ツリー

人工ツリーを購入すると決めたけど、出来る限り本物のモミの木に近いツリーが欲しい!

そこで、次の3点を重点的に見て決定することにしました。

重視したの3点
  1. 本物のような葉や枝ぶり
  2. 大きい
  3. 予算は3万円まで

 

一番重要視したのは葉っぱ。

これが貧相なナイロン製だと一気に偽物感が強くなり安物っぽくなってしまうので、それだけは避けたい。

そんな中、100以上のツリーをネット上で見て「いいな」と思ったのが、Nakajoさんのクリスマスツリーでした。

Nakajoさんは日本初のクリスマスメーカーで70年以上の実績のあるメーカーさんです。

種類も沢山あり、ネット上で組み立て方はもちろん、選び方や飾り方まで丁寧に説明されているのも好印象でした。

一番重要視した葉の数も多く、ネット上で見た感じも本物のモミの木のようだと思いました。

 

アルムスレンダーツリーを購入した感想

「モミの木」と言えば枝葉がたっぷりあるイメージなのでボリュームのある物を希望していましたが、実際に飾るのはホテルでも豪邸でもない我が家のリビング。

「スリムな物は少し寂しいよなぁ」と悩んでいたところ、ピッタリの物がありました。

それがこのアルムスレンダーツリー

このタイプのツリーは通常よりも少しスリムなので、比較的省スペースで楽しむことが出来るんです。

高さは215㎝を選びました。我が家の子供たち2人分弱の高さです。

届いて組み立てた時はドキドキでしたが、完成させると見上げることが出来るツリーは迫力があり、本物のモミの木のよう。

子供たちも大喜びです♪

飾りつけもたくさん出来るのでとっても楽しく、子供たちも高い場所は踏み台を使って毎年お手伝いをしてくれます。どこに何を飾ろうかと色々迷って楽しいですよ!

 

アルムスレンダーツリーの組み立て方

大きなツリーですが、組み立てはとても簡単です。

ツリーは箱に梱包されて来るのですが、

箱に入ったツリー

 

上中下の3つに分かれています。

3つのパーツにわかれている

 

ジョイント部分に芯をさしていくだけなので、組み立てだけなら5分で出来てしまいます。

ジョイント部分

 

転倒防止のため、スタンドに固定用のネジも付いているので高さがあっても安心です。

スタンド固定ネジ

 

ツリーは組み立てたあとが重要でペシャンコの枝ぶりを丁寧に広げていきます。

枝葉を広げる

ワイヤーが入っているため、ある程度の注意が必要なのですが、コレがあるから枝を好きな角度に調整出来、好みの枝ぶりに仕上げることが出来るんですよね。

オーナメントはNakajoで購入したものだけでなく、他店で買ったものも。3年前に購入したばかりなのでまだ飾り付けは少ないですが、今後少しずつ増やしていく予定です。

オーナメント

クリスマスツリーリボンを付けると一気に華やかな雰囲気になるので毎年ゴールドのリボンをツリーに巻いています。

Nakajoさんのサイトではこのクリスマスツリーリボンの作り方も紹介しているので、とても参考になりますよ!

 

ゆうゆう的まとめ

大きなクリスマスツリーはスペースや出し入れの面倒があるかと思いますが、それを差し引いても私は今のツリーに満足しています。

私にとってのクリスマスツリーは、単に子供を喜ばすための飾り物ではなく、自分自身も楽しむためのもの。

元々緑が好きなので家の中に木があるのも嬉しいですし、飾りつけ自体もとても楽しいです。

大きなツリーの木の下にプレゼントが並ぶ姿はさながら絵本の中の世界のよう。これで暖炉でもあれば最高なんだけどなぁ・・・。

Nakajoさんのサイトはツリーやオーナメントの販売だけでなく、ツリーの飾り方や、素敵なツリーの飾り付けをされた一般の方々の画像を見ることが出来るので見るだけでとっても楽しいですよ。

ぜひともNakajoさんのHPを覗いて見てくださいね~

 

ゆうゆうでした。

スポンサーリンク
おすすめの記事