久慈市の琥珀缶3缶セット

家で子どもたちに琥珀の採掘体験をさせてみました。

缶詰に土と琥珀が入ったセットなんですが、想像していたよりずいぶんと楽しめましたよ~。

夏休みの自由研究にもおすすめです。

今日は、子どもたちが採掘体験した琥珀缶についてご紹介しますね!

 

スポンサーリンク

採掘体験缶「琥珀の缶詰」ってこんなの

岩手県の久慈市にある久慈琥珀博物館で販売されているものです。

ふるさと納税としての取りあつかいもあり、私たちもふるさと納税を利用しました。

この缶詰を買うまで全く知らなかったんですが、日本でとれる琥珀のほとんどがこの久慈市のものなんですね~。

 

今回3缶セットを選んだのですが、そのうちの1缶の「極」だけ少し多めに琥珀が入っていました。(単品だと「極」だけ高い)

「極」こはくの缶詰

「極」こはくの缶詰

 

缶の大きさはみかんの缶詰(大)くらい。

 

缶詰をあけると次のものが入っています。

8500万年前の土

8500万年前の土

「極」には保管用の小瓶と紐つき

「極」には小瓶と紐つき

 

採掘体験缶の中
  • 琥珀の入った土
  • 竹串
  • 発掘説明書
  • 小瓶と紐(「極」のみ)

 

「お買い上げ後1ヶ月以内に開封ください」となっていて

ゆうゆう
食べ物!?

とちょっと驚きましたが、長い間おいていると、どうやら掘削用の竹串が腐るからのよう。

面白いですね。(笑)

 

入っている土は恐竜がいた8,500万年前のもの。

それだけでロマンがいっぱいで私も興奮してしまいました!

 

自由研究のヒントもいっぱい

採掘の説明書や缶には自由研究のヒントがいっぱい!

琥珀のとれる久慈層群の説明や、

琥珀のとれた時代の説明

琥珀のとれる久慈層群の説明

 

地層の説明、

缶に書かれた地層の説明

缶に書かれた地層の説明

 

「琥珀」の名前の由来や世界の琥珀産地など、いろいろヒントがあって自由研究にもってこいです。

琥珀についての説明

琥珀についての説明

 

娘は自主学習で琥珀について調べていました。

 

琥珀を採掘した様子

部屋の中で土があちこち散らばると嫌だったので、40Lのゴミ袋を用意。

ゴミ袋を用意

ゴミ袋を用意

 

では、いざ採掘開始~!

琥珀缶を開けるところ

琥珀缶を開けるところ

 

缶から8500年前の土をだすと~

8500年前の土を袋に出したところ

8500年前の土を袋に出したところ

 

いきなり琥珀発見!

琥珀が土の中に混じっている

琥珀が土の中に混じっている

 

ゆうゆう
えっ!掘らなくてもあるやん

 

目で見つけられるレベルなので、すぐに竹串をほうりだして指だけになりました。(笑)

指で琥珀をとる娘

指で琥珀をとる娘

 

 

土をかきわけ、小さい琥珀もとっていきます。

 

ゆうゆう
もはや採掘ちゃうな

と思ったものの、石の中にも琥珀があり、そちらは竹串を使いました。

竹串を使って石を削る

竹串を使って石を削る

 

ただ石は層になっていて比較的柔らかいので、指で力をくわえると粉々になることもあり、実際はほとんど竹串をつかわなくても琥珀はとれます。

力を加えると崩れやすい石

力を加えると崩れやすい石

 

琥珀のほかに石炭もあり、黒くキラキラして綺麗だったので子どもたちは石炭もとっていました。

とれた琥珀と石炭です。

取れた琥珀

取れた琥珀

 

小さい琥珀ばかりでしたが思ったよりも沢山とれて、子どもたちは喜んでいました!

 

息子が体験した感想

「琥珀=化石」なので、

息子
昆虫など入ったものがあるかも

と思っていたよう。

 

ゆうゆう
1,000円くらいの缶でそんなコトはないやろ

と現実的な親は思っていました。(笑)

 

少し探してみて琥珀のサイズから「どうやら昆虫は入ってないらしい」と思ったようで、琥珀より石炭に興味をしめしていました。

黒くてキラキラしてるから、カッコイイと思ったよう。

一通りザッと探したら終了していました。

 

娘が体験した感想

「琥珀=宝石」のイメージなので、大きな宝石がとれると思っていたよう。(笑)

大きな琥珀がない

と残念がっていましたが、淡い色や濃い色、少し大きなものからビーズのように小さなものまであって夢中になって探していました。

 

私が

ゆうゆう
もうないんちゃう?

と言っても、

もうちょっと探す!

とねばるねばる。(笑)

 

どんなに小さくても宝石(琥珀)を取り残してはいけない、と思ったようです。

小瓶に入れた琥珀と石炭

小瓶に入れた琥珀と石炭

 

娘のほうが息子より楽しんでいて意外でした。

 

スポンサーリンク

ゆうゆう的まとめ

化石の発掘などに連れて行ってあげたいものの、遠くてなかなか連れていけない現実。

缶に入った小さな琥珀ですが、大昔の土の中からキラキラした琥珀を探しだした子どもたちは大喜びでした。

私も子どものころは冒険や探検にあこがれていたので、横で見ていて楽しかったです。

この琥珀缶をつうじて行ったことのない久慈市にとっても親しみがわき、琥珀をみたら久慈しか思いつかないくらい頭の中で紐づけされました。(笑)

いつか久慈琥珀博物館にも行ってみたい!

太古のロマンを感じることができる採掘体験琥珀缶、おすすめです。

 

ゆうゆうでした。

スポンサーリンク
関連キーワード