ゆうゆうブログ 

子育て、遊び場、食事など「子供と私」を楽しむブログ

街中妖怪だらけ!境港『水木しげるロード』へ鬼太郎に会いに行って来ました

『ゲゲゲの鬼太郎』が大好きな子供のために、はるばる大阪から鳥取県境港までやって来ました「水木しげるロード」

f:id:nyuuko:20180228164456j:plain
ご存知『ゲゲゲの鬼太郎』の作者、水木しげるさんの妖怪世界観たっぷりの観光名所です。

初めて訪れましたが

なめたらアカンで~

と言う程凄い場所です!

それでは、妖怪好きならぜ~ったいに盛り上がる事間違いなしの「水木しげるロード」へのアクセスや所要時間、施設などを詳しくご紹介したいと思います。

 

 『水木しげるロード』へのアクセス

大阪から米子までのアクセスは新幹線、バス、車のみ。米子から境港までの乗り継ぎが悪かったので、私達は車で行きました。

ナビでは4時間程でしたが、実際は休憩や、トンネルの多い米子道を走ったため、米子到着までに掛かった時間は約5時間。

水木しげるロードがある境港は、鳥取県米子市から車で約30分、電車で4、50分の場所なので、日程に余裕あるなら米子に宿をとり、翌日境港まで行く、と言う手もあります。(私達はそうしました)

米子には鬼太郎空港もあるので「関空や伊丹から出てないかな?」と思ったのですが、国内からは唯一東京の羽田空港から出ているだけで、後は香港やソウルからの飛行機が発着しているだけでした。

www.yuyublog.net

 

 電車で米子から境港へ行く方法

所要時間:約50分
運賃:320円(大人片道)

 

米子から境港を結ぶJR境線には、ゲゲゲの鬼太郎のキャラクターが描かれている「鬼太郎列車」が運行しています。

米子駅「ねずみ男駅」から出発し、終点の境港駅「鬼太郎駅」までの運行で、列車には、鬼太郎を始め、猫娘や一旦木綿等のイラストが描かれた電車が走っており、かなりテンション高くなると思います。

ただし、鬼太郎ファミリーが描かれたイラスト電車が運行している時間は決まっています。絶対に乗りたい人は、必ず事前にJRの時刻表をチェックして下さいね。(JR米子支社Tel:0859-32-8056)

境港で観光に便利な循環バス

f:id:nyuuko:20180224215705j:plain
境港では主要な観光名所を巡る「はまるーぷバス」が運行されています。

運賃は1回の乗車でどれだけ区間を乗っても100円(未就学児は無料)。

「水木しげるロード」や「海とくらしの史料館」「境港水産物直売センター」等、主要な観光スポットを網羅しているので電車で来た際は利用してみると良さそうです。

 

バスで米子から境港へ行く方法

所要時間:約50分
運賃:650円(大人片道)


値段が高いです。あまりバスで行くメリットは見当たらない、かな?

 

車で米子から境港へ行く方法

所要時間:約30分


国道431号線をひたすら北上します。ほぼ一本道を進むだけなので、脱ペーパードライバー歴半年の私でも、かなり気楽に運転出来ました。

 

『水木しげるロード』の駐車場について 

境港駅周辺に駐車場が幾つも点在しており、市営の駐車場は次の3か所。いずれも『水木しげるロード』までは徒歩1、2分の距離です。

  • 日ノ出駐車場 (87台)
  • 境港駅前駐車場(105台)  
  • 大正町駐車場 (58台)  

▼駐車場の料金/日ノ出駐車場・境港駅前・大正町▼

  • 入場~1時間(100円/30分)
  • 1時間~4時間(100円/1時間)
  • 4時間~24時間まで(一律600円)


【例】3時間の駐車
200円(最初の1時間)+200円(2時間分)=400円

私たちは駅の東側にある港沿いの境港駅前駐車場を利用しましたが、春休みの日曜、10時ごろの駐車で結構空きがありました。

ただ、ゴールデンウイークや、お盆の時は駐車出来ない程混雑するらしいので、その期間に訪れようと思っている人は早めにお出かけ下さいね。

 

 『水木しげるロード』の歩き方

f:id:nyuuko:20180228164537j:plain
JR境港駅から水木しげる記念館までの全長約800mの道を水木しげるロード、と言います。

 正直私はそんなに期待はしていなかったのですが

凄いです。本当。

街全体が鬼太郎のテーマパークの様で、ちょっとした異次元空間でした。中途半端感はなく、妖怪にかける街の意気込みが本気です。

f:id:nyuuko:20170319153102j:plain
警察署も鬼太郎、郵便ポストも鬼太郎、トイレも鬼太郎。 街全体が妖怪ムード満載なので、普通に歩いているだけでも楽しめました。

町中に「ゲゲゲの鬼太郎」の音楽が流れており、古びれたお店も雰囲気抜群。

妖怪大好き、ゲゲゲの鬼太郎大好きの息子のテンションはマックスでした。連れて来てヨカッタ・・・。

 

絶対おススメ!「妖怪ガイドブック」

f:id:nyuuko:20170319175143j:plain
もしも妖怪好きならば、絶対におススメするのがこの

妖怪ガイドブック

『水木しげるロード』には、171体(2016年)の妖怪ブロンズ像があるのですが、この妖怪ガイドブックは、それらの妖怪の説明と、妖怪スタンプラリー台帳になっているんです。

f:id:nyuuko:20170319175217j:plain
スタンプは全部で37個。

全部集めた人には「完走証」、20個以上36個以下の人にはシールが貰えます。娘と息子は29個ゲットしてシールを頂きました。

妖怪好きで、初めて来たなら買うことを強くおススメします。

妖怪に詳しくなれるし、スタンプラリーは楽しいし、旅の記念にもなります。120円でこれだけ楽しめるならマストバイじゃないでしょうか。

境港の駅や、駐車場についたら是非とも一番に入手して下さいね。

 

 『鬼太郎のちゃんちゃんこ』でコスプレ

水木しげるロードでは、鬼太郎のちゃんちゃんこが売られています。現地でこれを購入して街を歩くと、本当に鬼太郎になり切れます。

ただ結構高い。4,000円位します。

でもお店の人が

「これ、最後の一点だったんですよ。おばあちゃんが風邪ひいて作れなくなっちゃって。」

と言っていたのでおばあちゃんのお手製らしいです(笑)それなら、高くても致し方ありません。 モノはしっかりしており、丁寧な作りです。

 息子は帰阪してからも暫く毎日着ていました。あれから2年経ちましたが、先日も着てました。買って良かったです。

現地ではもう少しお手頃価格の物もありました。多分タオル地か、フリースか、そんな感じだったと思います。気持ちを盛り上げるためなら、それでも十分かと思います。 

 

妖怪たちと記念撮影

f:id:nyuuko:20170319210901j:plain
水木しげるロードでは鬼太郎や猫娘、ねずみ男などが随時ウロウロしています。

息子は大好きな鬼太郎とツーショットで写真が撮れ、大満足でした!それにしても、髪がコワい・・・

ねずみ男は着ぐるみでもやはりダラシナイ感じで良い味だしてました(笑)

 

妖怪広場で記念撮影

f:id:nyuuko:20180227205255j:plain
水木しげるロードでは、沢山の妖怪ブロンズ像が見れますが、ここ妖怪広場では一度に沢山の妖怪たちと写真を撮る事の出来る「河童の泉」や、「妖怪型抜き看板?」なるものがあり、なかなかのスポットです。

ロードからほんの僅かに奥まった場所にあるので、通り過ぎないようにして下さいね!

 

レアなお土産を入手

とにかく街を挙げてやっているので、お土産屋さんのオリジナリティーも半端ありません。

目玉おやじの目玉饅頭や、鬼太郎ドロップス、妖怪パンと、各店舗で競うように鬼太郎に因んだ食べ物やグッズが売られています。

ちょっとグロテスクな物もありますが、ここでしか買えない物が沢山あるので、自分好みのレアなお土産をゲットして下さいね。

因みに私達は、「妖怪茶屋」で鬼太郎ドロップスを買いました。鬼太郎や目玉おやじ、猫娘、ねずみ男の絵が描かれた飴で、食べるのが勿体ない程可愛らしかったですよ~。写真がなくて、スミマセン。

 

子供も楽しめる『水木しげる記念館』

f:id:nyuuko:20170319202517j:plain
作者の記念館なので子供も楽しめるのかな?と思っていたのですが、心配無用でした!

館内には妖怪のオブジェやジオラマが沢山あり子供達は大喜び。

特にジオラマは薄暗い中にあって迫力満点。べとべとさんや、小豆洗い等の妖怪のお話等も音声で聞く事が出来、面白かったです。 息子は何度も引き返して見たり聞いたりしていました。

f:id:nyuuko:20170319211014j:plain
大人も沢山来ており、私もずっとNHKの朝ドラ「ゲゲゲの女房」を見てたこともあって館内は大変興味深かったです。

ただ大人が読みたいような場所は子供は素通りでした(笑)

  

『ゲゲゲの妖怪楽園』は何が出来る場所?

『水木しげる記念館』の裏手に『ゲゲゲの妖怪楽園』という名前の施設があります。

何が出来るのか行く前にチェックしましたが、遊び場なのか何なのか、全く謎でした。行って見ると土産物など置いてあるちょっとした広場でした。

▼妖怪楽園の主な施設▼

  • 土産売り場(妖怪仲見世)
  • カフェ(妖怪茶屋)
  • 射的等(妖怪縁日小屋)
  • 鬼太郎の家
  • 一反木綿の遊具

 ここでしか買えない妖怪グッズや、妖怪が描かれた妖怪ラテ等が飲める売店、それにちょっとした遊び場があります。

 

妖怪仲見世

大人気の妖怪おでんや妖怪せんべい、限定のナノブロックなどが置いてあります。色んなお土産があるので、時間のない人は、ここで買うと 間違いありません。

f:id:nyuuko:20180227200905j:plain

 

妖怪茶屋

f:id:nyuuko:20170319200628j:plain
ちょっとしたカフェコーナーがあります。が、倉庫の中にある売店、と言った感じでした。雑誌などで紹介されている鬼太郎の顔を描いた妖怪ラテ(360円~)もありました。

 

妖怪縁日小屋

f:id:nyuuko:20180227201515j:plain
射的などのレトロなゲームが楽しめる縁日小屋です。(300円/ゲーム)「遊び」と言えば、ここ位でした。

 

鬼太郎の家

f:id:nyuuko:20180227201726j:plain
子供だけが入る事の出来る鬼太郎の家があります。中にはちゃぶ台くらいしかなく、入っておしまいです(笑)でも撮影スポットとしては良かったですよ!

 

一反木綿の遊具

f:id:nyuuko:20170319203848j:plain
これを遊具と言うか否かは微妙な所ですが、とにかく一反木綿に乗れます。

 

『水木しげるロード』でのランチ

食事は道沿いにお店が所狭しと並んでいるので困る事はありません。

境港は漁師町なので、海鮮類はどこも新鮮で美味しいと思います。特に11月~3月はカニのシーズンなので、この時期に訪れたなら、是非とも日本一の水揚げ量を誇る境港のカニを楽しんで見てくださいね。

 私たちは、散策中に急に雨が降って来た為、『水木しげる記念館』傍のお店に入りました。お店は古かったですが、美味しい蟹汁や海鮮丼が頂けましたよ。

この他にもまぐろラーメン、「神戸ベーカリー」の妖怪パン、「浜のごっつぉ屋」の一反木綿焼き等、食べてみたくなる物が沢山あります。

食べ物も色々な物が妖怪を絡めているので、眺めているだけで楽しいです♪

 

ゆうゆう的まとめ

『水木しげるロード』いかがでしたか?

街全体が妖怪ランド、と言った感じで本当に楽しい場所でした。妖怪好きなら多少のアクセスの悪さにもめげず、頑張って行く価値有だと思います!

漫画やテレビで何度も放送されて来たからか、老若男女を問わず、沢山の人達が来ていました。また、夫も私も小さい頃、アニメを見ていたので同じように楽しめました。

 妖怪は怖い。怖いけど興味がある。

こんな時代になっても、人間を超える不思議な存在に多くの人たちが思いを巡らせるなんて、ロマンを感じます。

 

とっても怖くって、楽しくって、不思議な妖怪の世界。機会があれば、是非とも行って見てくださいね!

 

ゆうゆうでした