ゆうゆうブログ 

子育て、遊び場、食事など「子供と一緒」を楽しむブログ

クリスマス直前!サンタを信じる子供のために親が出来る事

もうすぐクリスマス。サンタさん達は、プレゼントを無事用意できたでしょうか?子供達は、きっとワクワクしている事かと思います。

サンタクロースの人形

でも子供って、いつまでサンタクロースの存在を信じるんでしょう?私は小学4年生位まで信じていました。

2012年にアフラックが取ったアンケート結果でも、やはり信じているのは小学生低学年から中学年までが最多のようです。

 

サンタクロースを信じるか否かのアンケート

出典:アフラック

 

私の子供達は小学校低学年と年長さんなので、まだサンタさんを信じています。お兄ちゃんの方はお友達が色々言うようでちょっと怪しくなって来ましたが、それでもまだまだ大丈夫。

バレてしまえば仕方がないのですが、存在を信じている方が夢があって良いなぁ、と個人的には思うので、毎年「サンタクロースは存在する」と思わせる演出をしています。

 

ビスケットとミルクを用意する

我が家では、毎年クリスマスイブにビスケットを焼き、ツリーの下にミルクと一緒に置いておきます。

サンタさんへのビスケットとミルク

これはプレゼントを持って来てくれたサンタさんへのお礼。「遠い所から、わざわざ来てくれてありがとう、ちょっと休憩して行ってね」と言った趣旨の物です。

欧米では割と一般的な事で、トナカイ用に、人参や水を用意するお家もあるんだとか。

ビスケットとミルクは子供達が寝静まった後に食べておきます。すると、朝起きてプレゼントを発見すると同時に、サンタさんのために用意していたビスケットとミルクが綺麗になくなっている、と言う訳です。

子供達は、サンタクロースが本当にやって来て、自分達が用意したビスケットとミルクを食べてくれた、と思います。

とっても素敵じゃないですか?

 

お礼の手紙も用意する

我が家ではこのビスケットとミルクに加え、お礼の手紙もいつも用意します。

お礼の手紙

「サンタさん、ありがとう」だけでも良いし、字が書けないなら絵を描くだけでもOK。手紙を書くことによって、感謝の気持ちをサンタさんに伝えています。

 

目に見えないプレゼントも贈りたい

リクエストされるプレゼントはお金を払って購入する物。でも、クリスマスはそれだけでなく「サンタクロースを信じる」事によって与えられるイマジネーションも贈りたい、と思っています。

どんな人なの?どうやって家に入ってくるの?煙突はないけど大丈夫?一人で全部配るの?見つかったことはある?ビスケットは美味しかった?手紙を読んで嬉しかった?

サンタさんへのお礼を用意すると、子供達はグッとその存在を身近に感じる事が出来ます。プレゼントを一方的に貰うだけではなく、お礼やオヤツを用意しする事でサンタさんとのやり取りが体験出来るんです。

 

ゆうゆう的まとめ

このアイディアの良いところは、すぐに実行出来る事!我が家は毎年ビスケットを焼くのが恒例になっていますが、別に市販のビスケットやクッキーで全然構いません。何なら飴ちゃんやガムでも(笑)

要は感謝の気持ちを持つ事や、サンタさんとの交流がメインなので、置くものは何でも良いかと思います。

もし今までビスケットやミルクを用意した事がないなら、今年やってみるのはどうでしょうか?クリスマスの朝、空っぽになったお皿やコップを見て、子供達が大喜びする事、間違いなし!きっといつもよりずっと楽しいクリスマスになりますよ。

ゆうゆうでした