pickup

 

鬼太郎のナノブロック

妖怪好きな息子のため『ゲゲゲの鬼太郎』の聖地、鳥取県境港の『水木しげるロード』へ行って来ました。

行く前に調べたバス、電車、車の交通費と所要時間や、車で行ったレポなど、合わせてご紹介したいと思います。

これから境港へ行こうと思っている方の参考になれば嬉しいです!

日本地図の鳥取県と大阪の位置

 

大阪からバスでのアクセス

バスの所要時間と料金

 

所要時間 大阪駅⇔米子 3時間40分 約4時間半
米子⇔境港     約50分
料金 大阪駅⇔米子 4,800円 5,450円
米子⇔境港     650円

*1 大人1名の片道料金。子供は半額
*2 バスは日本交通と日の丸自動車利用

 

まずはバスでのアクセス方法です。

なんばや梅田から米子行きの高速バスが日本交通さんから出ています。

これだけ見たら「バスで行けそう!」と思いそうですが、実は大きな落とし穴が。

それは、バスの本数が少ないコト!

米子から境港までのバスは1時間に約1本。このため、大阪から米子のバス到着時間にピッタリあったバスがないんです。

例えば、

梅田(8:30)⇒米子(12:05)
米子(13:01)⇒境港(13:49)

大阪駅を朝の8時半に出発するバスに乗ると、境港へ到着するには5時間半かかっています。

米子から電車で移動もありえますが、そちらもタイミングが難しく、米子駅で待ち時間が長くなっていました。

安いのが魅力のバスですが、トイレ休憩や長時間大人しくさせるのは小さな子供づれだと至難の業だと思います。

もし頑張って利用するなら、米子で宿泊することをおすすめします。

 

 

 

スポンサーリンク

大阪から電車でのアクセス

電車の所要時間と料金

例≫

梅田(8:53)⇒米子(12:18)
米子(12:29)⇒境港(13:13)

*新幹線、特急やくも利用(乗換有)

 

所要時間 4時間20分
料金 10,490円

*1 大人1名の片道料金。
*新幹線、特急やくも利用

梅田を朝の9時前に乗れば米子には12時半前に到着できます。

米子から境港までは電車で45分ほど(後述)なので、トータルで4時間半あれば着く計算になります。

運転もしなくて良いし乗り物酔いもほとんどないのですが、ネックなのは運賃が高いこと。

大人2名の運賃だけで、

往復4万円以上という震え上がる結果に。

しかも、大阪から米子まで運転している『JR特急やくも』は振り子式電車で揺れが激しく電車酔いする人が続出するとの情報をゲット。

酔いやすい人は注意してくださいね!

 

米子から境港へは「鬼太郎列車」がおすすめ

所要時間:約50分
運賃:320円(大人片道)

 

米子から境港を結ぶJR境線には「鬼太郎列車」が運行しています。

コレ、めっちゃ見栄えする列車なんです。

米子駅は「ねずみ男駅」で、終点の境港駅は「鬼太郎駅」。

列車のボディには鬼太郎を始め、猫娘や一旦木綿等のイラストが描かれているんですよ!

 

ゆうゆう
楽しそう~

 

私たちは車だったので停車してる電車をみたのですが、それだけでもテンションあがりました。

ただ境港へ向かう全列車が鬼太郎列車と言うわけではなく、鬼太郎列車が運行している時間は決まっています。

絶対に乗りたい!という人はJRの時刻表をチェックして下さいね。

「鬼太郎列車」の時刻は境港市観光協会のHPが分かりやすいです。(「交通アクセス」から見れます)

 

 

 

スポンサーリンク

大阪から車でのアクセス

車の所要時間と料金

 

所要時間(自宅から境港) 4時間弱
料金(ETC利用片道) 5,000円

 

無茶苦茶安いです。

しかも荷物も家から積んでいける。

短所は運転者の負担が大きいことでしょうか。

私は約10年程のブランクがあるペーパードライバーなので、運転には全く自信なし。しかも夫は運転出来ないので運転手は私一人。

正直近くのスーパーまでの道程もドッキドキなのに、夫と幼子2人を乗せ、米子までの280キロの道のり(+境港)を「果たして無事に運転できるんだろうか?」と不安でしたが、この料金を見て結局車で行くことに決めました。

背に腹は代えられへん。

 

大阪から境港までのドライブはこんな感じ

境港よりも米子の方が宿の選択が多いことから米子に宿を取りました。一日目は米子までのドライブです。

大阪から米子までの車のルート

大阪市内から中国自動車道へ入り、その後、米子自動車道を上っていきます。

 

大阪市内から中国自動車道へ入る道は車線も多く、車線変更もめっちゃ多いので、ここを抜けることが私にとっては最難関でした。

けれども中国自動車道にさえ入ってしまえば後は山沿いの道を走るだけ。

週末に走ったのですが、道はガラガラで快適でした。

まぁ、手に汗握っていたのですけどね。

 

おススメの休憩場所は加西サービスエリア

加西までで、ちょうど米子までの半分弱の距離です。

加西サービスエリア

加西サービスエリアは大阪から米子までで一番大規模なサービスエリア。

手軽に食べれるフードコートから、レストラン、ベーカリー、土産物屋、給油、インフォメーションセンター等充実しています。

加西ラーメンにのっている文字つきのノリ
写真はランチに食べたラーメンなのですが、海苔に「加西ラーメン」と書いていて芸が細かい!

加西SAまで自宅を出発してからすでに2時間程たっており、

 

ゆうゆう
本当にたどり着ける?

 

と不安でしたが、幸い加西から落合JCTまでは思ったよりも早く着いたので気持ちが軽くなりました。

でも、実はその後の米子道がオソロシカッタ・・・。

 

米子道のトンネルに要注意!

全く知らなかったのですが実はこの道、

トンネルが無茶苦茶多い

蒜山や、大山等の名だたる山々が連なっているため、落合からゴールの米子までの約60キロの間

トンネル数、20個以上

何の予備知識もなく連続トンネルを運転しなくてはいけなくなり、私は半泣き状態でした。

一番長い摺鉢山トンネルは4キロ

人生でこれ程長いトンネルを通ったコトがこれまでなかったのでビビりまくり。

子供達は、と言えばトンネルに入る度に

 

息子
かぁか、頑張れ~!

 

頑張れぇ~

 

と惜しげもない頑張れコールと、小さな手で拍手。

チビッ子たちの励ましのお陰で何とか乗り切れました。

 

ゆうゆう
お母さん、頑張ったよっ!

 

不幸中の幸いでトンネル内は対向車ゼロ!ほぼ専用道路状態でした。

これがもしビュンビュン車走ってたら、絶対ムリだったと思います。

米子に着いた時はホッとしてちょっぴり涙が出ました(笑)

 

大阪から米子まで実際にかかった時間

車のナビでは4時間弱でしたが、実際に大阪の自宅からゴールの米子までは5時間かかりました。

休憩は加西SAで一度ランチ休憩を取っただけです。

「とにかく休憩よりも一刻もゴールにたどり着きたい!」との思いで運転しましたが、もう少し休憩しながら行った方が後で疲れなかったかも。

子供たちは車中寝てくれ、長時間の乗車でしたがそれ程負担には感じなかったようです。

f:id:nyuuko:20170310221103j:plain
写真は米子ICを降りて直ぐにあるお菓子の壽城

 

ゆうゆう
何のお城なん??

 

と謎でしたが、米子城を再現した有名なお土産屋さんらしく、山陰のお菓子や海産物、和菓子の製造を見学出来たりする鳥取県の人気の観光スポット、とのコト。

時間があれば、立ち寄ってみてもよさそうな場所でしたよ。

 

米子から境港までのドライブ

米子から境港までは、30分程で到着しました。

国道431号線をひたすら北上するだけだったので分かりやすかったです。

ほぼ一本道を進むだけなので、脱ペーパードライバー歴半年の私でもかなり気楽に運転できました。

 

『水木しげるロード』の駐車場について

境港駅周辺に駐車場がいくつもありました。

市営の駐車場は次の3か所。いずれも『水木しげるロード』までは徒歩1、2分の距離でした。

境港市営駐車場
  1. 日ノ出駐車場 (87台)
  2. 境港駅前駐車場(105台)
  3. 大正町駐車場 (58台)

 

▼駐車場の料金▼

  • 入場~1時間(100円/30分)
  • 1時間~4時間(100円/1時間)
  • 4時間~24時間まで(一律600円)

 

【例】3時間の駐車
200円(最初の1時間)+200円(2時間分)=400円

私たちは駅の東側にある港沿いの「境港駅前駐車場」を利用しましたが、春休みの日曜10時ごろの駐車で結構空きがありました。

ただ、ゴールデンウイークやお盆の時は駐車出来ない程混雑するらしいので、その期間に訪れようと思っている人は早めにお出かけ下さいね。

 

ゆうゆう的まとめ

車を選び、慣れない長距離運転ですっかり疲れてしまいましたが、それ以上に家族を無事に米子まで連れてこれた満足感でいっぱいでした。

帰りの運転もあったので旅行中もずっと緊張が続いてしまい、物凄くハイテンションだった私です。

実は帰阪後、熱を出して寝込んでしまったんですけどね(笑)

この後、かなり運転に自信をつけ、1,2時間の運転なら「米子に比べたら近い」と思ってするようになりました。

米子で1泊するなら、電車やバスもありかと思います。

「水木しげるロード」はとっても楽しい場所だったので、妖怪好きならぜひとも遊びに行ってほしいです!

 

ゆうゆうでした。

スポンサーリンク
おすすめの記事